半年くらい前に購入してたのに、なかなか書けなかったメタリカの現時点での最新作「HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT」を今回はチョイス。発表は2016年。大体1年前くらいですな。ディスクユニオンの中古サイトにて新品3枚組が約¥3000で売られていたのでとりあえず捕獲しました。

ちょっと話が逸れるけど、最近はある程度のキャリアを持ってるミュージシャンがこぞって過去作のデラックス・エディション版を発売する傾向にあって、メタリカも30周年記念と銘打って過去3作を新たにマテリアルを加えて再発してるけど、これがどーしてかなかなか手が伸びない。「MASTER OF PUPPETS」なんてもう数え切れないくらい聴いてるのに、その時期のライブやデモ集が入ってるにも関わらず購入しようとする気が起きないのだ。ボックスの方なんて¥30000超えとか熱狂的なファン以外有り得ないでしょ。

勿論、私自身も音楽の好みが高校生の頃と比べると変わってきているけど、それでもお気に入りのアルバムは何枚でも購入するクセして(苦笑)なかなか手が伸びないというのも変な話ではあるけど...まあ、過去作にマテリアルを加えるくらいなら値段安くしてくれないと手が伸びにくいというのが本音。だって1つ買うのにCD2枚分買えるなら、興味あるミュージシャンのCD2枚買った方が素直に楽しめるし。なので、彼等のデラエディ盤はCD1枚分くらいの金額に落ちたら考えるという事で(笑)。まあ輸入盤でも別に良いんだけど。

ってな訳で、前作から8年振りのアルバムという事だけど、リリース当時は買うつもりはなかった...というか、どれ買えば良いのかよく分からなかった(笑)。余計なモノとかいらないから2枚組でも良いか...と思ってたら3枚組が値下がりしてたんで買ったけど、久々のカヴァー曲収録してるしライブの方も初期の楽曲中心だったんで素直に楽しめたのは良かった。

全曲聴いて思ったのは、前作と比べて随分コンパクトになったなという印象がまず一つ。前作は曲によっては冗長なモノもあったし、全曲聴いてると後半聴き疲れしてくるという感じだったので、今回のコンパクトにまとめたのは聴きやすくて良かったかな。
今のメタリカにスラッシュメタルを期待してる訳じゃないからこういう方向性でまとめてくるのは異論ないけど、ミドルテンポの曲にもうちょっと捻りがあった方が面白かったとは思う。メロディが耳に残らないのは「LOAD」~「RELOAD」からずっとあるけど、立て続けにミドル中心だと「どれがどの曲?」という感じになるのは致命傷かと。

それでも「HARDWIRED」や「SPIT OUT THE BONE」は往年のスラッシュスタイルで相変わらずカッコイイし、グラミー賞時のレディ・ガガとのコラボで話題になった「MOTH INTO FLAME」も凄く良い。モーターヘッドのレミー逝去へ対する「MURDER ONE」も敢えてモーターヘッドみたいなスタイルじゃない楽曲にしたのも感心した。
個人的には中盤のミドル中心の楽曲を削って1枚で良かったんじゃないか?と思う。そうなりゃ評価は随分違ったんじゃないかと。

オマケの「RONNIE RISING MEDLEY」は上手い具合にまとめてあって結構好きだ。ただ、欲を言えばレインボー中心でまとめるよりもディオ時代も絡めた方が良かったんじゃないか?と(更に欲を言えばブラック・サバス期も/笑)。
アイアン・メイデンの「REMEMBER TOMORROW」やディープ・パープルの「BLINDMAN」も面白いんだけど、どーせやるなら違う選曲が聴きたかったなというのが本音かな。そーいえば、彼等は何故かジューダス・プリーストのカヴァーは演らないのは何故?
ライブに関しては初期の楽曲中心だけど、やっぱ今の年代で初期の曲演奏するとどーしても荒々しさが消えてしまうのは致し方ないかな...とちょっと複雑な心境かも。悪くは無いんだけど物足りないという感じで。

これでまた暫くは新作作るのは先の話になりそうだけど、バンドがこれだけ長い期間活動するとは思ってなかったなあ。スラッシュスタイルで続けてるならもっと早く解散してただろうし、そもそもバンドがこの歳になるまで「BATTERY」や「CREEPING DEATH」をプレイ出来るとは80年代には思わなかったし。
そう考えると、バンド内の問題や外部からの批判も受けながらも上手い事活動を続けて来られたのは改めて凄い事だよなあ。いつか活動停止の時も来るのだから、素直に今の彼等を楽しむのも良いんじゃないか?とこのアルバムを聴きながら改めて感じたな。


「HARDWIRED」


「MURDER ONE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GO! / FAIR WARNING (1997)

PARAPHERNALIA / FM (1996)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

うんうん、わかる

わかる一つ目
ボックスの価格が高過ぎる(笑)
ここまでの価格だと買いたくても買えない。ましては買うつもりの薄い私は買わない・・・
わかる二つ目
アルバムはやっぱりなんだかなぁですよね。迫力ある駄作か? いや、いい曲もあるから駄作じゃないけど。
100%満足する傑作が聴きたいけど無理だろうから、今日も私は旧譜を聴きます(笑)
ああ、メタリカ。

2017年12月26日 06:15

comment avater

K.A.E.

最近の高額ボックスセットの流れにメタリカが乗るとは思わなかったですね。しかも水増し感が凄い(苦笑)。余計なオマケはいらないから音源を単品で販売した方がマニアも普通のファンも手が出るとは思うんですけどねえ。そもそもファンから音源提供してもらって高額で売りさばくというのもどーなんだろう?と。

このアルバムは嫌いじゃないですよ。ただ中間の曲を数曲削って1枚分にしたらかなり良いアルバムなんじゃないか?とすら思いますし。さすがにもうスラッシュメタルを演るにはキツそうだし、路線的には間違ってないと思うのでこのままで良いんじゃないかと。ただ、昔みたいに熱くはなれないのが残念なトコなんですけどね。

2017年12月29日 23:47

comment avater

某音楽馬鹿

メタリカのこのアルバムは感想でも書きましたが初期から現在までの全部のファンを満足させようとしてる気配があって両方のファンから好きな曲はあるけどそうでもない曲も・・・ってなってるような気がしました、私は結構気に入ってますよ~。

マスター~のボックスは発売のニュースが出てすぐ予約したら2万7千円くらいでした、ええそのとおり、買っちゃいました(笑)、そのおかげで年末は色々と金銭的にヤバかったです。
インタビューにCD1枚使ってたり、カセットテープは要らないんじゃね?とか色々と言いたい事はある内容でしたがライヴ音源とかお腹一杯な作品でした、今後はブラックアルバムまでは出すみたいで(白目)、ジャスティスまでは付き合いますがその後は考え中です。

2018年01月06日 19:40

comment avater

K.A.E.

確かに某音サンの言うとおり、初期から今までの集大成的なモノを感じますね。バンドがその線を狙ったのかどーかは分かりませんけど、そういう意味ではファンの望むモノは分かってるって事なんでしょうかね?今更初期のスラッシュスタイルに戻っても先は見えてるし、そーなると後期を否定する事にもなるし...こういうのは難しいですね。

さすが、某音サンはボックス買いましたか!!コレに手を出すのは相当度胸いると思うんですが(笑)。インタビューCDなんて母国語ではない国には必要ないんだから、そういうのは入れないでその分安くしてくれる方が良いのにと思いますね(って、買ってもいないのに愚痴ってるけど/笑)。でもこのアルバム大好きな人にとっては一生モンだろうから堪らないんでしょうね。
次の「...AND JUSTICE FOR ALL」は、いい加減ベースが聴こえるリマスタリングを希望しますね(ちゃんとジェイソンのプレイのヤツで)。そんなモノが出たら間違いなく買いますけど(笑)。

2018年01月09日 03:39

コメントの投稿