FC2ブログ




今日から3連休なので、今日は久々にブックオフ巡りを敢行し、3ヵ所回って以前から買おうと思ってたのになかなか手が出なかったジーノの1stリマスター盤を¥950で捕獲。
最初の初CD化のモノを所持してるけど、このリマスター盤でかなり音質が変わり「買い替えても損はしない」という評価をよく見かけたけど、実際に聴いてみてやはり全然違う印象。ジーノ本人が監修しただけあって流石の出来ですな。久々に聴いてやっぱ良いアルバムだと再確認。

そのジーノ関連で、フェア・ウォーニングの3rdアルバム「GO!」を今回はチョイス。発表は1997年。ほほう、もうこんなに年月が経ちましたか。

1stアルバムが発売された時、BURRN!誌で絶賛されてたのを読んで聴いてみたらキャッチーでメロディアスなハードロックという、如何にも自分好みの音だったんで、その後もミニアルバムやらこぞって買って、このアルバムも当然の如くリリース初日に購入した。初回盤の3Dジャケットは「する意味あるの?」とは思ったけど(苦笑)。

そのBURRN!にてクロスレビューで4人中3人が90点台を付けていたので期待値もかなり上回ったのだけど、一聴した時は「正直そこまでのモノじゃないな」と感じた。1stアルバムが大好きだったお陰もあるし、2ndアルバムも良いんだけど1stには叶わないと思ったので、このアルバムも路線は変わってなくてもインパクトを残せるモノは?と言えば「ANGLES OF HEAVEN」と「SAVE ME」くらいしか思わなかったのだ。
しかし、何度か聴いていくウチに他の曲も段々と馴染んでいく感じでやっぱ良いアルバムだなと認識した。メロディの質が変わったのか曲作りが変わったのかよく分からないけど、1stアルバムみたいに一聴して分かり易いメロディというよりも流暢に流れる様なメロディになった印象を受けた。こういう部分が如何にも欧州のバンドらしく感じる気がする。
久々に聴いて、当時から地味だと言われてたアルバム後半の曲が意外と新鮮に聴こえたな。やっぱトミー・ハートは上手い!

このアルバムのリリース後の来日公演にも行きましたよ。半券を見ると1997年6月16日:クラブチッタとなってますね。結構真ん中の中央付近で観た記憶がある(Aブロック300番台)。結構観客も入ってて当時の人気振りを感じさせるモノだったけど、ライブの方は余り良くなかった...というか、余りにも優等生過ぎるライブで面白味に欠けたのはよく覚えていて、当時一緒に行ったメンツに「もうコレ1回で十分かな?」と言った事も覚えている。1stアルバム時のライブビデオを観て良いライブだなとは思ってたけど、実際にライブ観たら印象が違うというのはどういう事?ってずっと思ったんだよなあ、未だに謎だけど(苦笑)。

個人的にはこの3rdアルバムまでで、4thアルバムも当然買ったけどジャケの酷さも相俟ってか(笑)余り良いアルバムだとは思えなくて数ヵ月後に売ってしまったくらい。その後解散したのも何となく分かる気がしたし。再結成後も余りピンと来ないという印象だし、未だに活動してるのはファンにとっては嬉しいだろうけど、もうこういうアルバムは作れないんだろうなあ...残念な事だけど。


「ANGELS OF HEAVEN」


「SAVE ME」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ROCK WILL NEVER DIE / MICHAEL SCHENKER GROUP (1984)

HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT / METALLICA (2016)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

今年はこのblogに来れて良かったっす。

日本国内で10万枚売ったって触れ込みだったんですが、あんまりアルバム全体にのめり込めておりません・・・。K.A.E.さんが現役時に感じた「同時代性」は「今更F.W.連盟会」である自分にはないに決まってるんだけど、曲ごとのパワーが低くなった?感じ。全体に流暢ってのは言いえて妙ですね。次の4枚目と1~4枚目までのBest盤買ったんだけど、やっぱ初期2枚になっちゃうのかな?(初来日Live盤は聞いてみたいけど・・・)

2017年12月31日 23:47

comment avater

K.A.E.

いえいえ、私も地味JAM尊サンやボネ太郎サンがコメント入れてくれたお陰でこのブログに対するモチベーションが上がったんでホントに感謝してます。
これだけ長い間書いてるとやっぱ色んな方達のコメントも聞いてみたいですし、そもそもそれがこのブログを書く切っ掛けになった様なモンですからね。これからも遠慮なく思った事を書いてくださいませ。

私的には1>2>3という感じなんですが、やっぱメロディが綺麗過ぎるんですかね?「SAVE ME」なんて余りにもまとまり過ぎてるというか、余りロックっぽくない作りなんですよね。メロハーの理想形みたいなモノですけど、もっと激しくてもいいかな?と。
初来日のライブ盤は持ってるんですが、あれは映像版観た方が良いと思います。CDも良いんですが、映像の方がグッとくる感じなんですよ。
あとこのライブ盤や「IN THE GHETTO」というミニアルバムしか収録されてない(後に再発2ndのボートラでも収録されてたかな?)「CHILDRENS EYE」という曲が素晴らしいんですよね。何でアルバムに収録されなかったんだろうか?

https://www.youtube.com/watch?v=z2syaccgtYs

2018年01月01日 06:48

comment avater

某音楽馬鹿

そういえばBURRN!で異様に推されてましたよね~。

実はこれは聴いた当時、あれ?ってなった作品です。
トミー・ハートさんは相変わらずいい仕事してるし曲も良かったですが、あまりにもヘルゲさんの高音域でピロピロするソロが耳障りな気がして1~2枚目が好きだった事もあってちょっと残念でした。

このバンドの良さって実はアンディさんのギターが重要な役割をしてたんじゃないかって思うんですよね、このアルバムはヘルゲさんが出過ぎた為にこうなっちゃったのかも?。

2018年01月06日 19:48

comment avater

K.A.E.

このアルバムって、ここでジーノのスタイルを引っ張り出してきた様に感じます。それまではリズムがはっきりしてる王道のHRだったけど、よりメロディアスになった事で欧州らしさが強くなって綺麗にまとまり過ぎたのかと。決して悪い作品ではないし、むしろ好きな曲も多いんですが期待するモノとは違いましたね。問題は次のアルバムで同じ路線を踏襲した事だったと思います。

確かにアンディのギターの方が味わい深くて好きですね。ヘルゲのスカイギターばっかり注目されちゃってアンディが影になったのは惜しいですが、確か病気か何かになったんですよね?同じくドラムのCCのプレイも好きだったんで、脱退した時に凄く違和感があったのを覚えています。ルックスは普通の冴えないおっさんなんですけどね(笑)。

2018年01月09日 03:47

コメントの投稿