FC2ブログ

メルトダウン(初回)メルトダウン(初回)
(2004/05/12)
アッシュ

商品詳細を見る


某音さんのコメントでASHの事をチェックしてたので、今日のネタはASHのこのアルバムで(笑)。

そもそも、何で私がアッシュを聴こうとしたのか?、また何でこのバンドの事を知ったのか?...全然覚えてません(爆)。スカパーだったかな?いや、「ショウビズ/カウントダウン」だったかな??それとも「ロッキンオン」だったかな???
とにかく、バンド名の響きやこのアルバムの発売日に見たジャケがカッコ良かったからとか、そんな要因が拍車を掛けたのでもあるけど、聴いて驚いたのはメロディがしっかりしてそれで音も適度にヘヴィー。聴く前はもっとグリーンデイみたいなメロコアっぽい音を想像していたので、コレは嬉しい驚きだった。伊達にイギリス出身のバンドだけの事はある(???)。

また、このアルバムの好きな部分の一つはギターのシャーロット・ハザレイのコーラスが一層曲を盛り上げてる事。この功績は大きかったんだけど、脱退しちゃったんだよなあ...ソロアルバム作った時点でアッシュ脱退も時間の問題かな?と思ってたらホントになるとは残念。ソロの方もよくあるガールズポップだけど、結構完成度は高かったモンなあ。

このアルバムでは「ORPHEUS」「CLONES」「STARCROSSED」「OUT OF THE BLUE」「ON A WAVE」などが好き。またボーナストラックの「TINSELTOWN」の後半盛り上げ部分は鳥肌が立つ程カッコイイ!何でボートラ?またバズコックスのカヴァーもイカシてる。

...しかし、従来のアッシュファンにはこのアルバムは受けが良くなかったりするんだな。「ヘヴィー過ぎる」だの「ジャケがダサい」(←私は大好きなんだけどな/苦
笑)だの。逆に、以前のアルバムの方がそんなに魅力的には思えないけど...ま、人それぞれって事で。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE RETURN OF THE SPACE COWBOY / JAMIROQUAI (1994)

BELIEVE / DISTURBED(2002)

comment iconコメント

コメントの投稿