新譜情報を得るべくネット上をウロウロしてたら、久々にMSGの新作が出るみたいですね。しかも過去に在籍したボーカリストを全員呼んでるという、正にバンドの集大成みたいな感覚で。昔はこういうスタイルだと絶対にエゴの問題とかで殴り合いとか普通にありそうだけど、そこはもう皆さん大人なんで(というか老人の域だけど)そういう問題も殆ど無いんでしょう。どちらかというとシェンカー自身が一番問題ある人なんで、そのテの問題はボーカル同士で支え合ってるとしか思えないし(苦笑)。
まあ、今の時代にどれだけのモノが出来るかは全く分からないけど、そんなシェンカーさんを久しぶりに聴こうと思って、今日はライブ盤「ROCK WILL NEVER DIE」をチョイス。発表は1984年。

今でこそ曲数の増えたリマスター盤がリリースされているけど、私が持ってるのは写真でも出てる様に5枚組廉価盤の9曲入りのヤツ。ただリマスターはされているけど、元々そんなに良い音じゃなかったから余りピンと来ないですね。如何にも当時の音質だし。
人によってはこのライブ盤よりも、それ以前に出た「ONE NIGHT AT BUDOKAN」(邦題:飛翔伝説)の方が良いという人も多いと思う。何せコージー・パウエルが叩いてるし、結構修正されて(特にゲイリー・バーデンのボーカルが/笑)聴き易くなってるのもポイントだし。
しかし、ライブの臨場感が伝わってくるのはこのアルバムの方が上かと。単にシェンカー本人は全く知らなかったらしく、勝手に製作されたモノなので本人は気に入ってない作品らしいし。そんな経緯なので丁寧な手直し感はなく、ゲイリー・バーデンのハラハラドキドキたっぷりのボーカルが楽しめる(笑)。

ゲイリー・バーデンって人はホントに面白い存在だったなと改めて思った。ルックスが良い訳でもなく(ステージ衣装...ってモンじゃないけど)ダサいスタイルでフロントに立って、それでいて本業の方も結構綱渡り的なモノというのはどーなんだろうか?決して下手ではないと思うんですよ(って懐疑的だけど/爆)。ただ、こうして手直し無しのライブ聴いてると...例えば「ATTACK OF THE MAD AXEMAN」の中間のファルセットなんか色んな意味で悲しくなってくるし(笑)悲しさ通り越して自然と笑みがこぼれてしまうというか。”味のある”という表現が一番ぴったりな表現かと...まあ、味にも甘いとか苦いとか色々ありますからね(爆)。ある意味、主役のシェンカーを喰ってるのも凄い存在感かと。
で、最後の「DOCTOR DOCTOR」で蠍団のクラウス・マイネに全部持っていかれるというのは余りに残酷的な流れで(笑)かなり悪意のある編集なんじゃないかと...

で、主役の(笑)シェンカーのプレイは申し分なし。相変わらずのプレイは流石の一言。ただ、ドラムのテッド・マッケンナのプレイが結構危なっかしく、ドタバタしてる印象が強いのが残念。スタジオワークで本領を発揮する人らしいし、ロリー・ギャラガーやGフォースではそんなに酷いプレイはしてなかったのに意外だったな。まあ、コージーの後釜って事でプレッシャーがあったのかな?
しかし、そうした印象でも意外とこのライブ盤は好きで、修正されて綺麗にまとまってるモノもその瞬間を捉えたモノとすればラフな感覚があっても良いんじゃないかと。ミストーン連発とかだとさすがに聴き辛いけど、別にそういう訳でもないし。

単品リマスター盤に追加された楽曲は中には「ROCK YOU TO THE GROUND」や「CRY FOR THE NATIONS」も入ってるらしいので、新たにCD買っても良いかな。ゲイリー・バーデンの勇姿を見る為に映像の方でも良いかも(笑)。


「CAPTAIN NEMO」


「I'M GONNA MAKE YOU MINE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE END / BLACK SABBATH (2017)

GO! / FAIR WARNING (1997)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

私もコレ!

オリジナルアルバムよりも私はコレ

2018年01月04日 14:14

comment avater

K.A.E.

私的にはこの人の場合、ライブ盤も勿論良いけど3rdの「ASSAULT ATTACK」が好きですね。ゲイリー・バーデンも相性は良いけど、やっさんのボーカルの安定感には敵いませんから。1枚で終わってしまったのがホントに残念です...

2018年01月04日 23:58

comment avater

某音楽馬鹿

最近のインタビュー見るとマイケルさん何か悟りを開いたような「良い人」になっちゃってて気味が悪いんですけどね・・・。

当時はみんな酔っぱらうか薬でヘロヘロだった訳で、色々と大変だったんだろーなーって思います。

ゲイリーさんに関してはかなり好きなVoさんで、この人が歌ったMSGやソロやシルヴァーとかプレイング・マンティスをはじめ、CDは結構集めてました、下手じゃなくて味があるってファンはみんな擁護してますね(笑)、確かにライヴではアレですけど・・・。

新作はVoさんオールスターで出てるみたいで楽しみにしてます、一応内容は不安なんで試聴してから買おうかと思ってます、久しぶりにロビン・マッコーリーさんの声が聴きたいなぁ~って。

2018年01月06日 19:58

comment avater

ume

お久しぶりです(^^;)
シェンカーネタだったので久しぶりに登場しました。

個人的にROCK MY NIGHTS AWAYは永遠の名曲です!
最後のクラウス・マイネは格好良いですね。

マッコリー大好きな私は少し前の単独来日の際見ましたよ。
THIS IS MY HEARTが聴きたくて!!

2018年01月08日 07:37

comment avater

K.A.E.

最近のシェンカーはそんな感じなんですか?でも、もういい歳なんだからまともになってくれない困りますよね(笑)。ルックスは今の方が良いんじゃないですか?兄貴のバンドの人みたいに帽子被りっぱなしですが...

ゲイリー・バーデンはホントに擁護してくれるファンに感謝しないと(笑)。この人は好き嫌い完全に分かれますよね。シェンカーとの相性が良くて初期の楽曲の歌メロは彼の力によるモノが大きいとか言われてますが、これでライブが上手ければ歴史に残るシンガーになったのに...と思うと勿体無いなと思います(まあ、ある意味記憶に残るシンガーですが/笑)。

そーいや、以前某音サンが押してたゲイリーのソロ作は何気にカッコイイんですよね。アレだけは買っても良いかな?と思いきや、今では中古にも余り出回らないんでいずれ再発出たら買ってみようかと思います。

2018年01月09日 03:54

comment avater

K.A.E.

おおっ、umeサンご無沙汰です。シェンカーに釣られましたか?(笑)

「ROCK MY NIGHTS AWAY」は確かに良い曲ですね。そーいや、まだこの曲が入ってる4thアルバムも書いてなかったですが、私はオリジナル版を聴いたのは相当昔の事なので何処がどう違うのかよく覚えてません(苦笑)。この5枚組に収録されてるのはUK MIXの方みたいですね。

今回の新作では歴代のシンガー総登場ですから(さすがにレイ・ケネディはいませんけど)マッコリー好きのumeサンも気になるのでは?YOU TUBEで1曲聴いたら如何にもシェンカーな感じでしたけど、やっぱやっさんの存在感は強いですね。

2018年01月09日 04:07

コメントの投稿