FC2ブログ




バンド結成から既に40年以上も経っているのに(今年で48年目!)このアルバムが初めてのソロアルバムとなったエアロスミスのボーカリスト、スティーヴン・タイラーの「WE'RE ALL SOMEBODY FROM SOMEWHERE」を今回はチョイス。リリースは2016年。

エアロスミスの現時点での最新作「MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!」が2012年で、その最新作が全く良い評判を聞かなかったし実際にYOU TUBEで数曲聴いても全然ピンと来なかったんで結局買わなかったんだけど、その前の「HONKIN' ON BOBO」も何故か買っておらず(苦笑)、結局2001年の「JUST PUSH PLAY」以来、随分と久しぶりに彼の歌声を聴くなあ...と感慨深くなってしまった。

別にエアロスミスを避けてた訳じゃなくて、単に私の購入のタイミングが合わないだけの話なんだけど、こうして見ると思ったよりもアルバム出してないんだなと感じた。復活後の80年代から90年代に掛けて名盤がリリースされまくった事もあるんだろうけど、新作リリースの旨を聞いても「あ、出すんだ」ってな具合で、それじゃ近いウチに買わないと...と思ってるウチに記憶から消えてしまうと(記憶喪失かよ?/苦笑)。これから私も更に歳食う訳だし、こういう事が頻繁に起こりえるかと(笑)。

ともかく、このアルバムも最初発表されるという話を聞いた時は「あ、珍しいな。しかもカントリーだって?」という感じで余りピンと来なかった。でも、スティーヴンも既に還暦を越えてる訳でバンドとはまた違う事をやってみたくなったのかな?と思い、少し気にはなっていた。
で、何気にアマゾンで新譜情報を探ってたらこの輸入盤CDが¥1100弱で売られていたので即ポチったという訳。国内盤と比べても曲数同じなのをちゃんと確認する事は忘れない(笑)。

まず一聴して思ったのは、この歳になっても声がちゃんと出ている事。コレは素直に感心した。さすがにもう結構キビしいんじゃ...と思いきや、普通にバンドで聴ける歌声と変わりなかったのは凄いなと。何処ぞバンドのボーカルさんみたいに何音下げて歌ってるの?という違和感がないのはさすがですね(苦笑)。

肝心の音楽性に関しては、最初にカントリーミュージックという話を聞いてたお陰かも知れないけど、それほどカントリーっぽいイメージは無いと感じた。もっと退屈な印象を受けるかと思いきや結構ロックしてる部分もあるし。タイトル曲や「HOLD ON(WON'T LET GO)」なんかは最近のZZ TOPみたいな印象を受けたけど、こういうスタイルなら今のエアロスミスにも十分にハマりそうな感じだと思う。
エアロスミスと比べると全体的に緩い感じな構成なので、リラックスして聴くには最適なモノかと。抜きん出ている楽曲がある訳じゃないのが致命的だけど、スティーヴンの歌声が好きな方にはまず安心して聴けるとは思う(エアロスミスの音が好きな人やカントリーがダメな人には薦められないけど)。確かにこれじゃバンドでは演れないよなあ。
個人的なお気に入りは「GYPSY GIRL」「ONLY HEAVEN」「RED, WHITE&YOU」かな。エアロスミスの「JANIE'S GOT A GUN」のセルフカヴァーが入ってるけど、オリジナルが好きな人にとっては地味過ぎる仕上がりかも(私もこれは別に演らなくても良いんじゃないかと思った)。

思ったよりも結構楽しめましたね。HRに聴き疲れした時に軽い気分で聴くにはホントに最適なアルバムだと思う。エアロスミス自体もフェアウェルツアーを正式発表したみたいだし、バンドの終焉が近付く今、スティーヴンのバンド後の音楽人生はこういうスタイルで行くのかな?声が出る限り続けて欲しいなあ...


「LOVE IS YOUR NAME」


「ONLY HEAVEN」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ROBERT JOHNSON'S TOMBSTONE / THUNDER (2006)

THE END / BLACK SABBATH (2017)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

カントリー好き

カントリー自体は結構好きなんですけど、それをハードロックの人がやるっていうのはなぁ〜な私です。カントリーってメロディは素晴らしいんだけど、飽きるのも早いのです。

2018年01月11日 10:10

comment avater

地味JAM尊

イーグルスだってカントリーだし。(テンガロン・ハット被ってないけど)

「スティーブン・タイラーのソロ・シングル、全米34?位まで上昇!」って
TVKのBillboadTOP40(←中坊の頃からいまだに見てる(汗)で言ってたんで、見てみたら「やっぱカントリーロック」・・・。
 まあ聴いてるこっちも「齢半世紀が視野に入ってる状況」だから「昔の興奮」を一方的に求めちゃいけないんだろうし・・・ってことで「この路線に慣れて好きになる」努力をしてみます!ボン様の「ロスト~」や、最近?のネルソンあたりをちゃんと聴きこんでみれば、『新たなる世界が見えてくる』かも⁉←新興〇教かよ?
見えたら報告しますね。要りませんか?要らないっすよね。

2018年01月12日 01:20

comment avater

K.A.E.

ボネ太郎サンはカントリー好きですか!実は私はそれほどでもないです。田舎で聴くには雰囲気あって良いと思いますけど、カントリー聴くならジョージア・サテライツやフーターズみたいな田舎ロック(?)の方が好みです。でも、このアルバムはエアロスミスの影を求めなければ相当よく出来たアルバムですよ。カントリー云々というより一度お聴きする事をお薦めます。

2018年01月17日 03:17

comment avater

K.A.E.

スティーヴンのシングルってそんなにチャートで上がったんですか?ちょっと意外ですね。本国では一昔前のミュージシャンという認識だと思ってたんで(失礼)シングルチャートではそんなに上がるとは思ってなかったですね。そーなるとアルバムでもチャートは結構上がったんでしょうね。
ボン・ジョヴィの「LOST HIGHWAY」も良いアルバムでしたよね。こういうアルバムが2~3枚くらいはあっても良いと思いますけど、ずっと続いちゃうと食傷気味になるんだろうなあ(苦笑)。まあスティーヴンの場合はソロとバンドの住み分けが出来てるから良いんですけどね。でも努力して好きになる必要はないと思いますね(笑)。

2018年01月17日 03:26

comment avater

フライヤーズポンタ

スティーヴンは、本家バンドでもカントリーっぽい曲は取り上げてたわけで、ソロでカントリーをやってもぜんぜん不思議じゃないですよね。
彼の個性は唯一無二だから何をやらせてもきっとハマります。だから、バンド連中が嫉妬しちゃうんであって、スティーヴン抜きのエアロなんて見たくないですよね?
自分としては、引退アルバムとして最後のエアロ盤を世にはなってほしいところです。誰かが動けなくなっちゃう前にね...。

2018年01月19日 14:31

comment avater

K.A.E.

そーいや「NINE LIVES」の「FULL CIRCLE」なんかカントリーっぽい雰囲気でしたね。でもやっぱエアロスミスのスティーヴン・タイラーがカントリーをプレイ...となると”意外”って事になるかと(笑)。まあ、それほどカントリーにどっぷり浸かってる訳じゃないのが良い作品になったと思うんですけどね。

エアロスミス側は次のツアーはフェアウェルツアーと認めたみたいですけど、新作は作らないとブラッドは言ってたのに、ここにきてジョーはアルバム作りたいと言い始めたみたいですね。まあ、現時点の最新作がアレではちょっとどーなの?って感じなので、最後にガツンと来るモノで我々を納得させてほしいですよね!

2018年01月20日 05:59

comment avater

某音楽馬鹿

この作品買われましたか~。
これは結構楽しみにしてて、発売間もなく買いました、それ以来定期的に聴いてるくらいお気に入りです。
言われてるように純粋なカントリーっぽい感じじゃなくて最近アメリカで流行ってるカントリー風のロックなのでエアロが好きな人なら受け入れられると思います。
逆にこれやボン・ジョヴィのカントリー作品が売れるようなら日本ではさっぱり売れないブレイク・シェルトンさん(もっともセクシーなミュージシャンって言われてアメリカでバカ売れ)やブラッド・ペイズリーさんみたいなカントリーロックも売れると思いますが~(そうならない所に日本でのカントリー人気の低さが・・・)

2018年01月28日 14:28

comment avater

K.A.E.

某音サンは最初っからこのアルバム絶賛してましたよね。
私もリラックスしたい時に聴くには最適なアルバムだと思うので、これから頻繁に聴くと思います。カントリー自体はそれほど好きでもないんですが、やっぱにロックの感覚があると聴き易くなる(というか馴染みやすい)のは不思議な感じですね。
でも何故かボン・ジョヴィの「LOST HIGHWAY」は余り聴かないのは凄く妙な気分です(というかボン・ジョヴィ自体が最近はそれほど聴いてないだけなんですけどね)。久々に聴こうかな。

2018年01月29日 03:12

コメントの投稿