最近は歳取ったお陰ですっかり激しいHMを聴く機会が随分減った。元々私はHM/HRを最初に聴いてた訳ではなく80年代当時のヒットチャートから洋楽に入ったんで、激しい音楽はHR/HM系がチャートを賑わせてた頃から掘り下げていった感じだった。
有名どころから更に踏み込んでいったコアなモノまで一通り聴いてみたけど、やっぱ年齢と共に聴く機会は減っていった。
それでもたまに激しい音が聴きたくなるんで、自分の好きな路線の音だけは今でもCDは残している。今回のお題であるフィア・ファクトリーは、そんな歳取った自分でも結構好きなバンドで、たまに聴きたくなる音楽性だったりする。
そんな彼等の2ndアルバムにして最高傑作との呼び名も高い「DEMANUFACTURE」を今回はチョイス。発表は1995年。

実はこのアルバム、リリース当時に聴いてた訳ではなく随分後になってから購入したモノで、廉価盤6枚組ボックスセットで購入したモノ。このボックスセットを購入したお陰でこのテの音楽性もまだまだイケるなという事が分かったので(笑)今でもたまに聴いてたりするのだけど、このボックスセットの中でも1stアルバムの「SOUL OF A NEW MACHINE」と幻のデビュー作と言われる「CONCRETE」だけはどーしても好きになれない。彼等の代名詞であるインダストリアルとHMの融合スタイルはまだ確立されてなかった頃の作品なんで、曲だけ聴くとただのデスメタル/グラインドコア路線という私が一番苦手のスタイルなのだ(苦笑)。

なので、このアルバムから完全にバンドの個性が浮き出た訳だけど、インダストリアルの要素が入ってるからといって全て打ち込み系で作ってる訳ではなく全てバンドの演奏によるモノというのがかなり重要。特にドラムのキレがハンパなく、よくこんな叩き方出来るなと感心しきり。当時のドラマーはレイモンド・へレーラという人らしいけど、勉強不足のお陰でよく知りません。脱退した後も全然話を聞かない人なんで、今何処で何をしてるんでしょうか?

このテの音で想像するのはやはりミニストリーやナイン・インチ・ネイルズだと思うけど、彼等よりもヘヴィでHMの音楽性を全面的に出してるスタイルは凄く好感が持てる。NINやミニストリーの初期なんかは、バックボーンはHMというよりもニューウェイヴに近かったりするし。あとスリップノットがデビューした当時は「デジタル化したスレイヤー」という表現があったけど、その表現は正にフィア・ファクトリーに与えるべきだったと思うけどなあ。
それと私がこのバンドを聴くに耐えうるのは(笑)バートン・C・ベルのボーカルスタイルにあると思う。ただのデス声だったら、幾ら音楽性がカッコ良くても付いていけないのだけど(例えばカーカス)バートンのスタイルはデス声というよりもパンテラのフィル・アンセルモに近いハードコアスタイルなので聴いてて聴き疲れがしないのだ。コレは非常に重要かと。

このアルバムがリリースされてから実に20年以上も経ってる訳だけど、今聴いても古臭さは微塵も感じない。それは私が初めて聴いてからそれほど年月が経っていないからかも知れないし、リリース当時から聴いてるリスナーにとっては馴染み深い事もあって年月の差を感じる事はあっても、インダストリアルという近未来的なイメージから連想する音世界から古い印象は受けにくいモノだと思う。今更ながらホントに恐れ入りました...


「DEMANUFACTURE」


「NEW BREED」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HOUSES OF THE MOLE / MINISTRY (2004)

ROBERT JOHNSON'S TOMBSTONE / THUNDER (2006)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このアルバムの発売当時はサイバーデスメタルとか言われて衝撃的な作品だったと思います。
スラッシュ勢がグランジの登場で全滅状態だった時なので余計目立ったんだと思います、この後ラップメタルやエモ系が全盛を迎える訳ですが・・・。

実は私はこの作品が出た当時はほとんどロックを聴いてなくてジャズやブルーズばかり聴いてました、もう聴かないだろうと思って大量のメタルCD売ったし、当時の私を叱ってやりたいです(笑)、というわけでこれ聴いたのは90年代後半頃になります。

変なデスメタルが出た~みたいな印象でしたけどね。

そういえばドラムのレイモンドさんはこのバンド脱退後はあまり見かけませんね、どこかのメタルコアのバンドの曲を作るのを手伝ってたという噂は聞いた気がしますが・・・。

2018年01月28日 14:46

comment avater

K.A.E.

このテの音で最も衝撃を受けたのはストラッピング・ヤング・ラッドの「CITY」なんですが、元を辿ればこのバンドに行き着くんですよね。正にパイオニア的な存在だと思います。

ただサイバーデスメタルという表現は余りピンと来ませんね。エフェクトでボーカルがデス声を打ち消してるお陰かも知れませんが、フィル・アンセルモのノリの方に近いと思ってたんでデスメタルの表現はそれこそ1stアルバムの方なんじゃないかと思う訳です。

レイモンド・へレーラって人はホントに凄まじい叩き方してますね。これをライブで再現するのはホントに大変じゃないでしょうか?そんな人が脱退後に全然名前を聞かないというのも何か勿体無い話ですよね。それこそスレイヤーで叩いても違和感がないと思いますが...

2018年01月29日 03:27

コメントの投稿