FC2ブログ




来月半ばにHR/HM系の入手困難な裏名盤(という触れ込みだけど”裏”という言葉に曖昧さを感じるのは私だけではあるまい)を¥1080で販売するという、あの当時をリアルタイムで追った人達には堪らない企画のお陰で、当時買いそびれたCDをこの機会に手に入れようとチェックして結局5枚に絞り込んだ。まだまだ欲しいモノもあるのだけど、多分興味本位で終わってしまいそうなモノもあるのでそこは後に残ってたら手に入れようかと。まあ、ブックオフ行けば¥250コーナーに転がってるモノも幾つかあるのだけど(苦笑)¥1080ならお財布にも優しいので問題なかろう。

そんな事を思いながら、久々にあの当時に聴いてたマイナーなアルバムが聴きたくなったなあ...ってな事で、ホントに久々に手を伸ばしたのがフィオナの4thアルバム「SQUEEZE」。1992年発表って事だけど80年代末頃じゃなかったっけ?ってずっと思ってた(苦笑)。

そもそも何でこのアルバム買ったのか全く覚えてないんだけど、3rdアルバムが発売された時にBURRN!のアルバムレビューにてキップ・ウィンガーとのデュエット曲がどーたらとか、後の旦那となるボー・ヒルがプロデュースを手掛けてるだのちょっとした話題があったのが気に掛かってたのかも。
ともあれ、最初に聴いた時の感想は「ハートをもっとポップ寄りにした印象」という感じで、さすがにアン・ウィルソン姉さんと比べると酷な話だけど、フィオナの歌唱力は全体的に上手くて丁寧なのに妙に力んでしまう部分があって、その部分がイマイチ好きになれない。華奢なルックスとのギャップがちょっと...ってな具合で、微妙なヘタウマ加減が感じられるというか。B級を抜けきれなかったのはこの部分なんじゃないか?と今でも思う。

ただ、さすがに4作目となると大分アルバム作りもこなれてきてるのか、外部ライターを起用したお陰で楽曲の質が高い。ウォレントのジェイニー・レイン、チープ・トリックのロビン・ザンダーとリック・ニールセン、当時売れっ子だったダイアン・ウォーレンなどが楽曲提供してる。
そして、このアルバムでは初のバンド形態を取っていて、ギタリストには後にヴィンス・ニールの1stソロ作に参加するデヴィッド・マーシャル、ドラマーは後にメガデスやブラック・スター・ライダーズに加入するジミー・デグラッソというメンツ(ベーシストは、フィオナの昔のバンドメンバーだったローラ・マクドナルドという人物)が脇を固めてる。

全体的には如何にも80s路線バリバリの産業ロック風味といった感じで、そのテの音が好きな方にはお薦め。ただ、今聴くとちょっとツメが甘い部分もあるかな?良いアルバムには間違いないんだけど。
私にとっては、当時ハートの「BRIGADE」やリタ・フォードの「LITA」、ヴィクセンの1stと並んでよく聴いていて、当時の事を思い出すには最適なアルバムなので、さすがに中古CD屋に売る事は無いだろうなあ。

6~7年前くらいに約20年振りに新作を出した彼女だけど、その後は全く音沙汰なし。その最新作は聴いてないんだけど、1stから3rdまでのアルバムが数年前にリマスター再発されているらしいので、まずはそっちの方も聴いてみたいんですよね。こういう女性ボーカルのアルバムって最近ホントにリリースされてるの?って具合なんで、過去作に頼ってしまう現状がちょっと残念なんだけどなあ...


「AIN'T THAT JUST LIKE LOVE」


「TREAT ME RIGHT」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GRAND TRINE / VENUS & MARS (1994)

THE WORKS / QUEEN (1984)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

例の裏名盤買われますか!、その5枚もそのうちここで紹介してくださいね。
私はとりあえず入手できてなかったヴォイヴォドを1枚注文してます(そろそろアマゾンさんから届くんじゃないかと)。

このアルバムは残念ながら私は持ってないです、初期のやつだとアナログ盤で1986年のアルバムがあるくらいでしょうか。

でもこういう音は本当に懐かしいですね、もうかなりの年齢だと思いますが新作とか作って欲しいです。

2018年03月14日 21:15

comment avater

K.A.E.

アナログ盤で1986年のアルバムと言ったら2ndアルバムですかね?この辺りからポップになってきたという話ですが、1stアルバムではHR路線という事であのジャケと中身が伴わない感じですね。あのジャケだと可愛らしいイメージが先行しちゃってる気が。

このアルバムは聴くと当時の事が思い出されるので、今回久しぶりに聴いて随分ノスタルジックに浸りました(笑)。ハートの「BRIGADE」と同様、こういう女性ボーカルのアルバムは何処かに引っ掛かる部分があるんですよね。

でも新作作るなら、無理にHR路線じゃなくこのテの産業ロック路線でお願いしたいトコですね。ホントにこのテのバンドがめっきり少なくなってしまいましたし...

2018年03月17日 03:15

コメントの投稿