FC2ブログ




前回のフィオナを聴いて懐かしくなり、女性ボーカルものをちょこちょこ聴いてるウチにこのアルバムに辿り着きました。ヴィーナス&マーズの幻の1stアルバム「GRAND TRINE」。リリースは1994年ですね。

恐ろしいくらいマイナーなアルバムだけど、メロディアスハード系をこよなく愛する人達には結構有名な人達として認識されていると思う。私はこの人達の作る音楽が凄く気に入っており、10年くらい前にこのブログでも2ndアルバム「NEW MOON RISING」を取り上げてるくらい。
このCDは2ndアルバムを買った直後に西新宿のディスクヘヴンで買ったモノ。2ndアルバムが国内デビュー盤で、しかもレーベルがエイヴェックス系のベアナックルというマイナーなトコだったので、1stアルバムは絶対国内盤はないだろうな...と思って輸入盤で捕獲しておいたのだ。しかも購入して気付いたのが、このアルバムはインディーレーベルからのリリースで如何にもB級的なジャケットデザインがそれを感じさせる(フォトショップ加工でももうちょっとマシなモノが出来ただろうに...)。

2ndアルバムの欄にも書いたけど、ヴィーナス&マーズとはロビン・ランダルとダイアナ・デウィットという2人組の女性ユニット名。ロビンとその母親ジュディスがソングライターでFMやスターシップ、マーク・フリーのソロ作に楽曲を提供しており、ダイアナはあくまでシンガーという立場らしい。
2ndアルバムのライナーノーツで知った話だけど、このアルバムにはハウス・オブ・ローズのジェイムズ・クリスチャンも何気に関係しており(当時のジェイムズのバンドのマネジャーがロビンの母親のジュディスで、このアルバムにもジェイムズはバックボーカルで参加している)ミュージシャンズ・ミュージシャン的な存在なんだろうな。

音楽性は正にメロディアスハード/AOR路線を貫くスタイルで、2ndアルバムよりも若干メロウな印象があるかな。元々ソングライターで活躍する人達なので、楽曲の良さはデビューアルバムで既に立証されてた様なモノでインディレーベルとか全く感じさせない作風は見事の一言。時代が時代だったので、こういうアルバムが注目されなかったのは残念な事ではあるけど...

女性ボーカルが苦手な人には特に引っ掛からないだろうけど、メロハー/AOR好きな方達には是非聴いてもらいたいアルバムかと。ただ、もう激レア化してるアルバムなのでCDで見付けるには相当難しいと思うけど(アマゾンでは約¥20000、ヤフオクでは中古で約¥5000くらいで売られてる)アマゾンのダウンロードで1曲¥150で売られてる。
しかし、前回のフィオナのトコでも書いたけど、ホントにこういうスタイルの音楽が減ってしまったのは残念。時代の流れもあってこういうスタイルはもう売れないのかも知れないけど、こういう音楽が好きなリスナーだって未だにいるハズなのに何か勿体無い話だ。


「SOMEDAY YOU'LL COME RUNNING」


「BE STILL MY BEATING HEART」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PLEASE / PET SHOP BOYS (1986)

SQUEEZE / FIONA (1992)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ディスクヘヴンさん利用されてましたか~、私は通販で結構お世話になってました、多分名古屋店で通販の方をやってたと思いますが、デスメタル専門のディスクヘルもあったり(笑)。
そういえば大阪のアメリカ村に昔ヘヴンさんの大阪支店があって店に入るとデスメタルが結構な音量で流れてたのは良い思い出です(大阪は閉店されました)。

このアルバムは持ってませんが、SOMEDAY~の方はどこかで聴いた事があるような気がするのはハードロック系のラジオで流れたのを聴いたのかも?。

でも典型的な80年代の音で曲も良いですね、プレミアが付くのも納得です。

2018年03月14日 21:25

comment avater

K.A.E.

ディスクヘヴンは西新宿に行く時は必ず寄ってました。狭いエレベーター乗って、着くと入口に私物のバック置き場があって、店内には「万引きしてるのお前だろ!」的な張り紙が貼ってあって、通販で電話すると物凄く無愛想な店員がロクに返事もしないという、思いっ切り客を選んでた店でしたね(爆)。通販は一度くらいしか使わなかった気が。今はもう西新宿は閉店しちゃいましたね。立ち寄ってたのは、こういうレア盤があっさり見つかるからです。

通ってた時はデスメタルは掛かってなかったですけど、こういう個人店ではデカい音量でよく流れてました。今でもユニオンなんかは鳴ってますし。こういう店に行くとこの雰囲気に飲まれてテンション上がるんですよね~(笑)。

このアルバムも自主制作にしては音は良いんですが、もっと良い環境で作られたら更に魅力が増すと思うんですよね。さすがに作り直しとかは出来ないから残念ですけど...

まだ活動してるかな?と探ってみたら、ジュディスは別バンドでYOU TUBEに音源だけ出してるみたいですね。やっぱこのテの音で活動するのはキツいんだろうなあ。

2018年03月17日 03:36

コメントの投稿