久しぶりにINXSの「KICK」を聴いてたら、久々にこのアルバムも聴きたくなったんで今回はコレをチョイス。1986年に発表されたペット・ショップ・ボーイズのデビューアルバム「PLEASE」(邦題:ウェスト・エンド・ガールズ)。

先日ネットで音楽ニュースのサイトを見てたら、ペット・ショップ・ボーイズの旧譜の再発プロジェクト(FURTHER LISTENINGという名が冠せられてる)が始まってたらしく、10年くらい前に輸入盤のみでリマスター&ボーナストラック付きの2枚組で販売された時に2ndアルバム「ACTUALLY」は慌てて購入したのだけど、その時は1stアルバムの方を買いそびれてしまったので、今回は買おうと思いきや、既にYOU TUBEで全曲上がってたので早速聴いてみたのだけど、思いのほかボートラ集が余り面白い内容ではなかったので、コレは買わんでいいかな?という結論に。

デビュー当時はリアルタイムで知ってたので思い入れも結構あるのだけど、とにかく「WEST END GIRLS」のインパクトが強烈だった。既にこのテの路線ではゲイリー・ニューマンやクラフトワーク、ハワード・ジョーンズやトーマス・ドルビーが先にシーンに登場していたけど、”エレポップ”と言われる起源はココから来てるのでは?と思わせるほどのインパクトがあったと今聴いても思う。また英国出身らしい何処か影のある様なメロディも曲のイメージにマッチしてたので、このテのメロディが好きな私はアルバムがリリースされた直後にレンタル屋へ行って即アルバム借りた記憶がある。

前述の「WEST END GIRLS」は勿論の事、シングルになった「OPPORTUNITIES」や「LOVE COMES QUICKLY」(邦題:恋はすばやく)、「SUBURBIA」も一発で気に入り「コレは凄い人達が出てきたモンだ」と驚かされたけど、シングル以外の曲も好みだったので、暫くこればかり聴いてた時期もあったくらいだ。
やっぱこのテの音はセンスを問われるモノだと当時から思ってたけど、ポップな感覚と洗練された楽曲のお陰で売れるのも当然だと思った。後にダフト・パンクを聴いた時にも同じ様な事を感じたけど、このアルバムが凄いのは、既に80年代で完成されていたという事実かと。

続く2ndアルバムの方が私的には最高傑作なんだけど、その後は路線を幾分変えてしまったお陰で余り興味が持てなくなってしまったのは残念。だけど彼等が未だに活動してるのは素直に評価したい。最近のモノは殆ど聴いてないので、何か手に取ってみるかな?


「WEST END GIRLS」


「LOVE COMES QUICKLY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OUT OF BODY / THE HOOTERS

GRAND TRINE / VENUS & MARS (1994)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

こりゃまた懐かしいですね。

UKでシングル化された曲を中心に聴いてましたが、いいPOPSですよね。
いまでもFMとかで新譜紹介されたりすると耳を傾けてしまいます。
(あれ系の病気でいつお亡くなりになるのかと思いきや30年選手ですもんね、スゲーや)

2018年03月07日 00:30

comment avater

K.A.E.

イギリス独特の湿り気のある暗いメロディが堪らないんですよ。
この1st~2ndの頃はホントに大好きでずっと聴きまくってましたし。3rdで妙に落ち着いちゃったなあ~と思いきや、例の「GO WEST」が能天気でハッピーな音で非常にがっかりして追うの止めちゃったんですよ。
でも、彼等がこれだけ長い期間活動するとは当時は全く思ってなかったですけどね。

2018年03月10日 02:46

comment avater

某音楽馬鹿

今月は80年代まみれの音楽生活ですね~、私事ですがこのアルバムは私が学生の頃、ウチの学校の学園祭で2日間大音量で流れてて、曲を聴くとその時の思い出が蘇ります。

最近の売れてる音楽でここまで頭に残る曲を作ってるバンドってあまり居なくなってしまいましたよね、これ聴いて改めて80年代はメロディの宝庫だったんだな~って思います。

それにしても写真のCDのプラケースの白い所が黄ばんでるあたり、年季を感じさせますね。
白いジャケなんで特に目立ってしまったり?。

再発盤は私もちょっと欲しいかなって思いましたが予算の都合で買ってません。

2018年03月14日 21:33

comment avater

K.A.E.

学園祭でこのアルバムが流れてるなんて随分シャレた学校ですね。ウチの学校なんてオフコースですよ(ってオフコースが悪い訳じゃないですが/苦笑)。当時はウチの姉が朝からオフコースをラジカセで聴いてて、学校の文化祭の準備でまたオフコース、帰ってきて寝るまで姉がまたオフコース聴いてる...というほぼ拷問レベルの時代でしたね。お陰様でオフコースは未だに好きになれません(苦笑)。

この人達の前職って、建築家と新聞記者でしたっけ?全然違う職種なのによくこれだけの音楽作れたなあ~と未だに感心しますよ。才能の使い道を間違ってたんでしょうか?(笑)でも、このアルバムのお陰で未だに音楽作ってるんですからホントに才能あるんですよね。

そうそう、この頃のCDケースって端の部分が白いヤツが多かったんでさすがに今の時代まで持ってると黄ばんでしまうんですよね。私はタバコ吸わないんでヤニ汚れが無いのは救いなんですが、かといって汚れ落とそうかと思ってもジャケットやインナースリーヴが濡れるのはもっと困るし...厄介な話ですよ。

2018年03月17日 03:56

コメントの投稿