奇しくも前回紹介したキングダム・カムの3rdアルバムと同じ年にリリースされた、元ジャーニーが3人集まって(グレッグ・ローリー、スティーヴ・スミス、ロス・ヴァロリー)結成されたバンド、ザ・ストームのデビューアルバムを今回はチョイス。

このCD、今ではもう既に廃盤と化してるのだけど、アマゾンのマケプレで意外とプレミアは付いていない(中古で¥2500と出てた)。私は2ndアルバムがリリースされてから西新宿で多分ディスクヘヴンだったかな?偶然にもカット盤を手に入れる事が出来た。勿論2ndアルバムが気に入ったから1stアルバムも売ってないかな?と探したのだけど、こういうモロにジャーニー路線の産業ロックは何時の時代に聴いても良い。それは27年経った今でもそう思う(笑)。

しかし産業ロックって言葉はどーしても悪意のあるイメージに捉われがちだけど、私的にはこれほど分かりやすい名称はないと思う。何故なら産業ロック=売る為に作られたロックでしょ?それを本人達が楽しんでプレイしてお金も稼げるならそれはそれで別に構わないのでは?ましてや元ジャーニーの3人もいる訳で、ジャーニーと同路線の音楽演ってて「売れる為に魂売りやがって」みたいな言い草言われた日にゃたまったモンじゃないかと。こういうのってグランジ/オルタナが出てきた時に、ヘアメタル勢を「ルックスだけの中身のない音楽」みたいな言葉でバカにしてた事と大して変わりないのでは?どの音楽にも良いモノはあると思うんですけどねえ...

ともかく、このアルバム自体は元ジャーニーのメンバーが在籍していながらも日本では殆ど話題にならなかった。国内盤出てたのかどーか覚えてないし...BURRN!のレビューで90点くらい付いてたのはよく覚えている。
音楽性は勿論ジャーニー直系の音なんだけど、本家と比べると全体的にサラっとしたイメージ。本家ほどの濃さが感じられないのはニール・ショーンからブルージーさを取り除いたギタープレイの印象だったり、プロデューサーがボー・ヒルという事もあってちょっと軽めの音作りが影響してるのかも。

以前書いた2ndアルバムの方に軍配を上げているけど、この1stアルバムも結構クオリティが高いアルバムだと思う。楽曲のバラつきが感じられる程度で、その辺はリスナーの好みに左右されるから人によってはこのアルバムの方が好きな人もいると思う。
私的なお気に入りはアルバムの中でもロック然としている「YOU KEEP ME WAITING」「TOUCH AND GO」、如何にも産業ロック的なバラードの「SHOW ME THE WAY」「CAN'T LIVE WITHOUT YOU」がホントに素晴らしい。

残念ながら次作で解散してしまったけど、ケヴィン・チャルファントとジョシュ・ラモスは後にTWO FIRESでアルバム作ってるし、やっぱこういう路線が大好きなんだろうなあ。しかしケヴィン・チャルファントは過小評価されすぎだと思う。前述のTWO FIRESやケヴィン・チャルファントが在籍していた707はまだ聴いた事ないんで、機会があったら是非聴いてみたいなあ。


「YOU KEEP ME WAITING」


「CAN'T LIVE WITHOUT YOU」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

A FAREWELL TO KINGS / RUSH (1978)

HANDS OF TIME / KINGDOM COME (1991)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

707!

なかなかいいですよ!
私も産業ロックって言葉大好き! 結局売れるアルバムってこと。つまり聴きやすい。
私は大好きなジャンル

2018年04月04日 14:16

comment avater

K.A.E.

707は最近リマスター盤が出たんですよね。さすがにこのバンド程のクオリティは望めないですけど、シングルもスマッシュヒットが出てるみたいですし、後でお金がある時にでもチェックしてみますよ。
産業ロックって言葉自体、世間では蔑称みたいなニュアンスで捉えられてますけど、私にとっては全く理解出来ませんね。売れる音作って何が悪い?と。

2018年04月08日 04:56

comment avater

地味JAM尊

元Survivorのジム・ピートリックのプロジェクト「World Stage」で

ケヴィン・チャルファントさんのI've Got a Lot to Learn About Love(LIVE)がソロ仕様で聞けるんだけど、スゲーカッコいいっすよ。このストームの1stは好きなんだけど、チョットだけ「本家に遠慮?感」感じちゃうんだよな~(気のせいかな)

2018年04月19日 01:17

comment avater

K.A.E.

本家に遠慮感...ですか。う~ん、意外とソツの無いアルバムだと思うんですけどね。ジャーニーが濃厚なら、こっちはさっぱりという感じで。そのさっぱり感が本家と比べて物足りないと感じるのかも?
「WORLD STAGE」とは知りませんけど、今でも手に入るモノなんですかね?まあ、ケヴィン・チャルファントに関しては707やトゥー・ファイアーズの方を聴くのが先なんでしょうけど。

2018年04月22日 02:50

comment avater

某音楽馬鹿

このアルバムは良いですよね~、産業ロックは私も大好きです。
私は2作目から聴き始めて、これを探してたらもう売ってなくてそのうち高値になって・・・と言う感じで持ってません、不本意ながらYouTubeからCD-Rに焼いて聴いてます。

こういうのってそのうち例のシリーズで再発されそうな気もしますが、再発されない盤って権利関係がややこしいのかもしれませんね。

2018年04月22日 21:31

comment avater

K.A.E.

某音サンの言うとおり、そーいや何で最近のリマスター盤の中にこのアルバム入ってないんですかね?出せば普通に売れると思うんですが...(って最近はCD売れないから、権利関係クリアにしても採算が合わないのかな?)

このバンドもそうですが、産業ロック自体楽曲は良いモノ揃ってるんだからコンピCDでも作れば普通に需要がありそうな気がするんですけどね。で、気に入った曲があればそのミュージシャンのCDに手を出す...的な流れに持って行けそうな感じですが、今の時代じゃもうこういう発想自体古臭いモノなのかなあ?(苦笑)

2018年04月26日 06:20

コメントの投稿