FC2ブログ




先日のマイアミ・バイスのサントラの次にこのアルバムをチョイスする事は前以って決めていたのだけど、偶然にもこの夏にこの映画のHDリマスター版が劇場公開されるという報を2日前に聞いてマジで驚いた。タイミング良すぎだろ!
昨年待望のブルーレイが発売されて、この映画が大好きな私は勿論予約購入して大満足な気分だったのだけど、それが今度は劇場公開とは。もう30年以上前の映画だし、しかも内容は今の時代には余りにも単純なストーリーなんだけど、それでも若かりし頃に観て以来、今の年齢になってもまだ観てるんだから惹きつけるモノは十分にあるんだろうな。

ってな訳で、ちょっと長い前置きになってしまったけど、今回のお題は1984年公開のアメリカ映画「ストリート・オブ・ファイアー」のサントラをチョイス。リリースは同年、今から34年前の作品。そりゃ歳も取りますって...

このCD自体は、市内のCD屋で¥1000セールの中に埋もれてたのを拾ってきたんだけど、確か当初のジャケットは映画のポスターと同じ絵柄で、今は輸入盤でもこのジャケットに統一されてるみたいですね。
「ロックンロールの寓話」というサブタイトルにもある様に映画全編に音楽が行き渡っていて、ヒロインがロックディーヴァという設定でもあるので音楽にはかなり力を入れたサントラだと思うけど、ロックンロールという定義をどの様に持つかによって評価が変わってくる内容かと。勿論、映画の世界観そのままなので期待外れという訳ではないんだけど...

ヒロインが冒頭で歌う「NOWHERE FAST」とエンディングで歌う「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」(邦題:今夜は青春。演奏は両方共ファイアー・インク)は文句無しにカッコイイ仕上がり。この2曲が聴きたい為にサントラ買った人が殆どではなかろうか。
あとエンディングの重要な場面で流れるダン・ハートマンの「I CAN DREAM ABOUT YOU」(邦題:あなたを夢見て)も普通に良い曲だし、地味だけど結構好きなマリリン・マーティンの「SORCERER」も良い。

フィクスの「DEEPER AND DEEPER」とマリア・マッキー(おや?先日のロビン・ザンダーのソロにも参加してましたね)の「NEVER BE YOU」を除いて、後は典型的な50s路線のロックなので個人的には余りピンと来ないのだけど、映画の中で使われてる楽曲なので聴き流してる程度なら「あ、あのシーンでの曲か」と認識する感じかな。
私的には主人公が電車でホームタウンに戻ってくる時に流れるインストの楽曲を入れてくれれば良かったのに...と思った。ライ・クーダーが担当してるので、彼のソロワーク集には収録されているという情報をネットで知ったけど、その1曲の為だけにCD買うのもなあ...
因みに「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」は、後に椎名 恵さんがTVドラマ「ヤヌスの鏡」の挿入歌として日本語カヴァー「今夜はエンジェル」というタイトルで発表してるので、当時を知ってる方は聴いた事あると思う。

しかし「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」はホントに素晴らしい。やっぱ映画のラストシーン思い出すしね。この映画に限らずとも映画やTVドラマのサントラが売れるのは、こういった印象的なシーンに使われて映像と音楽がリンクするからリスナーが聴きたくなるというモノなんだろうし。私もこの曲聴きながら、コート着てスーツケース持って街を出たくなるし(中二病全開ですな/笑)。


「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」 FIRE INC


「I CAN DREAM ABOUT YOU」 DAN HARTMAN
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

COOL UNCLE / COOL UNCLE (2015)

MIAMI VICE / ORIGINAL SOUND TRACK (1985)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

こういう映画を

名作だと言う。
大作だとか、CGを使ったものとは魂が違います。映画が最高なら曲も最高!
私の中の魂の映画です!!
ジム スタインマン最高!

2018年04月22日 21:14

comment avater

某音楽馬鹿

マリア・マッキーさんは実は大好きです、ローン・ジャスティスの頃から可能な限り音源を集めてました。

昔はシングルやサントラは買わない主義だったんでこれは持ってませんが、映画は観てみたいですね、80年代や70年代の雰囲気の映画はかなり好きなんで。

2018年04月22日 21:57

comment avater

地味JAM尊

CDとかのジャケットは日本版の写真の方が絶対にいいと思うのですが

それよりなにより劇場公開っすか!行かねばなりませんな!!!
まあ、この映画にどれだけお世話になったことかを考えると
何十年かぶりに大画面で見ても、当時の如く興奮するんだろーなー。

まずは大映ドラマBest盤で椎名恵ver.を聞いてゆっくり気持ちを盛り上げていこうかなっと。

2018年04月24日 00:07

comment avater

K.A.E.

ボネ太郎サンもこの映画好きですか!今の若い人達にはベタ過ぎるって事なんでしょうけど、こんなに分かり易くてしかもカッコイイ映画ってそうそうあるモノじゃないと思うんですけどねえ。
ただ本国ではコケたというのは余りにスタンダード過ぎたから?3部作の構想があったみたいですが、1作で終わったからこその映画だと思いますけどね。

2018年04月26日 05:56

comment avater

K.A.E.

某音サンの「シングルやサントラは買わない主義」って徹底してますね。まあ、それらを買っちゃったら購入量が更に...(苦笑)
私は余り拘りなかったんで、むしろサントラにしか入ってない楽曲とかあって楽しめると思うんですけどね。
当時は結構買ってましたよ、サントラ。CD持ってないんでレビュー出来ませんけど「ビバリーヒルズ・コップ」や「フットルース」、「トップガン」辺りはガンガン聴いてましたね。またケニー・ロギンスかよ?って(笑)。

2018年04月26日 06:01

comment avater

K.A.E.

地味JAM尊サンと同じく写真ジャケの方に一票。このイラストデザインを最初見た時は随分安っぽいなあ~って感じてましたしね。アマゾンでチェックした時には写真ジャケでも2種存在してたみたいですね(DVDジャケとエレンの全身ショット&トムのアップ写真)。

この記事書いた後にYOU TUBEで椎名 恵verってどんな感じだったっけ?と思い聴いてみたんですが、あんなにアレンジ変えてたとは当時は思わなかったですね。やっぱオリジナルに軍配ですが、椎名 恵さんも歌上手いんでコレはコレでアリですね。

HDリマスター版の上映は7月だそうです。しかも東京近郊だけじゃなく全国でもやるみたいなんで、地元に来たら観に行くと思います。むしろ来なかったら東京まで行っちゃうかも?(笑)

2018年04月26日 06:08

コメントの投稿