FC2ブログ




先日、いきなりソロでの初来日公演が発表されたスティーヴン・ウィルソン。
正直言って、この人のソロ来日公演が観られる日が来ようとは夢にも思わなかったなあ。何故なら、あの伝説のウドーフェスにポーキュパイン・トゥリーで出演して色んな意味で失望したと言われてたのに、めげずに今度は初のソロ公演ですよ。実際にこの人が日本でどれだけ売れてるのか分からないけど、私が大好きな3rdアルバム「THE RAVEN THAT REFUSED TO SING」(邦題:レイヴンは歌わない)辺りから少しメディアの露出が増えてきた感じで、それと比例する様に作品毎に良作を発表している印象を受けると同時に、本国イギリスではあのロイヤル・アルバート・ホールを3日間ソールドアウトにするくらいの勢いを持つ様になった。

それと比べるのもおこがましいけど、日本はまだまだマイナーな存在で名前だけ聞いてピンと来る人は相当マニアックな方達かと。「ポーキュパイン・トゥリーの~」と付けると分かる人は多そうだけど、それでもマイナーだからそんな人が日本でソロ公演なんか演って大丈夫だろうか?と余計な心配をしてしまう。
私はこの人のライブは観たいと思ってたので、直ぐに友人のtaroサン&めそ子サンを誘ってライブに行く事にしましたよ。早く11月来ないかな~?...ってまだまだ先の話だし、その前には後日発表されたマリリオンの再来日公演もあるので今年の秋はマジでワクテカが止まらない!

今回はそんな彼の最新作である「TO THE BONE」をチョイス。発表は昨年でしたね。

ベーシックとなる基本的な路線は変わらないのだけど、アルバム毎に色んな試みをしているので発表する度に色んな印象を与えてくれるミュージシャンなんだけど、今回は彼が思うところのポップミュージックを全面に押し出した作りとなった。
ポップといっても、ベタなポップではなくあくまでも彼ならではのポップミュージックな部分というのがポイント。リリース前のインタビューでは彼が若かりし頃に聴いてたピーター・ガブリエルやケイト・ブッシュ、ティアーズ・フォー・フィアーズやXTCなどの作品を挙げてそれらの作品を最近聴いて影響されたという話を読んだけど、このアルバムを聴いてると言ってる意味が分かると思う。
なので、過去の作品群と比べると取っ付き易さはこのアルバムが一番すんなり耳に入ってくる感じかと。

彼はよく「現代のプログレミュージシャンの一人」的な存在で扱われているけど(私も前作のレビューで似た様なニュアンスで書いたけど)、確かにプログレ界隈のミュージシャンをバンドメンバーに使うし、彼の音楽自体もプログレのフィーリングに近いモノがあるので間違ってはいないと思う。だけど、彼自身も言及している様に「プログレが好きなファン自体が全然プログレじゃない」という感じで、一つのジャンルに拘ったお陰で盲目的になる事に危惧を感じて自身の音楽にボーダーレスを目指してるスタンスは、どちらかというプログレのミュージシャンというよりはデヴィッド・ボウイやプリンスに近いモノなんでしょう。今回のこのアルバムを聴いて、ちょっとその辺を誤解してたと思ったな。

このアルバムが彼のコアなファンにはどの様に捉われるのか興味があるけど、私にとっては全く期待を裏切らない素晴らしいアルバムだと感じた。これでライブが非常に楽しみになったと同時に彼の音楽に興味を持つ人が少しでも増えてくれると良いなあ。流行り廃りとは全く関係ない、自身の音楽を様々な角度から追求するその姿は本物のミュージシャンとして次の作品が楽しみになってくるんだよね。


「TO THE BONE」


「PARIAH」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WEST OF FLUSHING, SOUTH OF FRISCO / SUPERSONIC BLUES MACHINE (2016)

COOL UNCLE / COOL UNCLE (2015)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

一番売れてた頃のポーキュパイン~の魅力はちょっとメタルっぽいプログレっていう感じでメタル好きさんのファンが意外と居たと思うんですよね、ソロ作はまだハードな所はあるけど完全にプログレなんでバンドの時よりファン層は限定されて来ると思います。
一番アピールするプログレ好きの親父達は昔のバンドばかり聴いてる人も多くてこの人の事知らないっていう・・・。

私はこの人のソロ作は好きで何枚か買いましたが、そういえばこの最新作はまだ買ってないですね、単に忘れてただけですけど(笑)。

2018年05月10日 21:22

comment avater

K.A.E.

本人のインタビューでは、そのメタル寄りの作品を本気で嫌ってた従来のファンも多かった様で、本人としてはそういう固定概念で見られるのが凄く嫌なんでしょうね。だからポキュパはあんなに作風変えてばかりになっちゃったみたいだし、そういう賛否を受けるならいっそソロで個人名にすれば何のスタイルでも出来ると思ってるんじゃないですかね?
だから、後でまたメタル寄りになろうがプログレ寄りになろうが私自身はもう拘る事はないと思ってます。このアルバムも凄く聴き易いのでお気に入りですし、過去作も未だに聴いてるくらいですからね。

でも、プログレという固定概念を持ってるリスナーからすると、この人の作品を現代のプログレと呼ぶには抵抗があるみたいですね。だから本人から「プログレが好きなファン自体が全然プログレじゃない」と言われてしまうという本末転倒な話に...(笑)

2018年05月14日 03:54

コメントの投稿