FC2ブログ




ノートPC+マリリオンのチケット2日分+スティーヴン・ウィルソンのチケット買ってしまったお陰で節約生活に...という話の前に注文してたCDが今頃になって届きました(呆)。アマゾンのマケプレで予定では5/3に到着だったのに、4日遅れて到着。まあGWがあったからかも知れないけど、その辺も考慮して明記してほしいんだよねえ...何か気が抜けた感じだけど。
久々にジャケ買いしたいな...と思い、このアルバムをチョイスしてみました。スーパーソニック・ブルーズ・マシーンというバンドのデビュー作「WEST OF FLUSHING, SOUTH OF FRISCO」。発表は2年前の2016年。

素性も何も知らないで、たまたまYOU TUBEでの”あなたへのお薦め”欄にこのバンドが出てきて、バンド名からするとブルーズ系のバンドかな?と、とりあえず聴いてみたら確かにブルーズ系のサザンロックバンドなので、コレはひょっとして好みなのでは?とポチってみたと。ついでだから2ndアルバムも同時に購入。

CD届く間にネットで検索してバンドを調べてみたら、テキサス州ダラスにて活動しているギタリストのランス・ロペスがベース/ボーカルのファブリツィオ・グロッシーとドラムのケニー・アロノフと組んだ3ピースバンドとの事。正直言って知ってるミュージシャンはドラムのケニー・アロノフだけ。ジョン・メレンキャンプと暫く活動してたのが知っていた理由なんだけど、この人ってホントに色んなミュージシャンとプレイしていてボブ・ディランやブルース・スプリングスティーン、ジョン・ボン・ジョヴィやミック・ジャガーなど大物ばかり。世界でもトップクラスのドラマーかと。
他の2人は全く知らないけど、ファブリツィオ・グロッシーって方もこれまたミュージシャンから信頼を置かれてるプロデューサー/ミキサーらしく、スティーヴ・ヴァイやニナ・ハーゲン、レズリー・ウェストやデイヴ・ナヴァロと仕事してたとの事。つまりスタジオミュージシャンが気心の知れた仲間と一緒に作ったバンドのアルバムという事なのだろう。

音楽性は先述の通りブルーズベースのサザンロックバンドで、最近のレイナード・スキナードに近い感じかな。ただ、熟練したミュージシャン揃いなので渋さが滲み出ていてこのテの音が好きな方には堪らない音かと。ボーカルの声質はザック・ワイルドっぽい雰囲気。
またこのアルバムには多くのミュージシャンが参加しており、ZZトップのビリー・ギボンズ、ウォーレン・へインズ、ロベン・フォード、ウォルター・トラウト、クリス・デュアルテ、エリック・ゲイルといったブルーズ系ギタリストばかり。
私は殆どブルーズ系ギタリストには詳しくないけど、それぞれ参加した楽曲聴いてウォルター・トラウトのプレイが好みだったかな。ちょっとゲイリー・ムーアっぽい雰囲気を兼ね備えてる感じが良い。
楽曲は殆どオリジナルで、参加ミュージシャンとも共作しているのがポイント。1曲だけホワイトスネイクもカヴァーした「AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY」が収録されている。白蛇verと比べると渋さが増して正にいぶし銀的なスタイルかと。

キャリアも豊富なミュージシャンが好みの音楽を自由に作ってる雰囲気が感じられるアルバムで、実に伸び伸びとしたプレイがホントに心地良く素晴らしい。最近のこのテのミュージシャンの活動は殆ど伝わって来ないから、こういうバンドが知らないうちに世に出てきているのは何か勿体無いなと。プロモーションさえしっかりしてればかなり注目を浴びられるハズなのに、そういう事すらしないのも何かこのテのバンドらしい(苦笑)。久々のジャケ買い、当たり引いちゃって嬉しいな!


「RUNNING WHISKEY」


「REMEDY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RHYTHM, CHORD & MELODY / THE REIGN OF KINDO (2008)

TO THE BONE / STEVEN WILSON (2017)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

私もこのバンドはYouTubeさんで以前お勧めされました(笑)。
ワイルドなサザンロックで間違いなく好みの音なのに何故か買ってませんでした、聴いただけでそのまま忘れてたのかも?。
オールマンやレイナードみたいな大物サザン・ロックのバンドが今度こそ本当に終わりそうなんで、こういう人達には頑張って欲しいですよね~。

2018年05月10日 21:31

comment avater

某音楽馬鹿

あと、ゲスト参加されてるエリック・ゲイルズさんは良いですよ~、ライヴは激しく弾きまくりますが最新作のアルバムではちょっとアダルトな感じのブルーズやってるんでお勧めしておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=b-75-XePWlo
https://www.youtube.com/watch?v=z73gP_72sdg

2018年05月10日 21:41

comment avater

K.A.E.

いやあ、このアルバムはホントにカッコイイですね。インパクトは余り無いけどじわじわ来る感じで、上手く作られてるなあと思います。出来過ぎな感じかも(笑)。
ゲストミュージシャンの使い方も見事で、ビリー・ギボンズなんか最近のZZトップのまんまですからね。個性がそのまま反映されてるのが良いのかも。

紹介されてるエリック・ゲイルズの楽曲も良いですね。他の参加ミュージシャンも一通りソロ作YOU TUBEでチェックしたんですがそれぞれ良いですね。ただ、今はホントに金欠なんで(苦笑)手は出せませんけど。その分、このアルバムを暫く聴き続けますけどね。

2018年05月14日 04:02

コメントの投稿