FC2ブログ




YOU TUBEで配信されているダリル・ホールの「LIVE FROM DARYL'S HOUSE」。以前からその存在は知っていたのだけど、この番組はダリル・ホールが気の合うミュージシャン達をスタジオに呼んでホール&オーツやゲストの楽曲、色んなミュージシャンの楽曲を演奏するのだけど、その番組に何とブッチ・ウォーカーが出演していて、ブッチの「MIX TAPE」やホール&オーツの「SAY IT ISN'T SO」などをプレイしていたので思わず見入ってしまった。
ダリル・ホールとブッチが親交あったのは意外だったけど、ブッチの楽曲は何処となく80sソングを想起させるモノが多いのでダリルの事をリスペクトしていてもおかしくはないかと。それにしても「MIX TAPE」はホントに良い曲だよなあ...

という訳で、久々にブッチの作品が聴きたいと思い、今回はこのアルバムをチョイスした。ブッチが以前組んでたバンド:マーヴェラス3のメジャーデビューアルバム「HEY! ALBUM」。リリースは1999年。
実はこのアルバム以前に、マイナーレーベルからマーヴェラス3名義で「MATH & OTHER PROBLEMS」というアルバムを1枚リリースしているのだけど、こちらはさすがにCDは廃盤でストリーミングでは聴けるみたいだ。中古CDなら手に入りやすいとは思うけど、ちょこっと聴いた感じだと普通のロックバンドっぽい雰囲気かな。

そもそも何故このバンドを知ったのかは思い出せないけど、多分シングルになった「FREAK OF THE WEEK」を聴いてCDを買ったのは間違いない。CD帯には「晴れた日に聴きたいロック!」と書かれており、1曲目の「YOU'RE SO YESTERDAY」の冒頭を聴いただけでこの帯の言ってる事は正しい、と素直に納得(笑)。
音楽性はポップバンドとロックバンドの中間を狙った感じだけど、そういう意味ではチープ・トリックに近い音なんじゃないかと。実際に3人のメンバー達は(バンド名にある通り3ピースバンド)全員チープ・トリックが大好きみたいだし。あと、何処かしかニューウェーヴっぽい雰囲気も若干感じられる。
私的には、前半の1~7曲目まではどの曲でもシングルカット出来るんじゃないか?と思わせるほどのキャッチーなメロディが楽しめるけど、後半は比較的地味な印象でちょっとクールダウンしてるのが惜しい感じ。それでもデビューアルバムとしては十分な出来かと。

こういうポップでキャッチーなメロディが聴けるアルバムって、普通に日本で人気が出てもおかしくないと思うけど、何故かこのアルバムは不発に終わった。音楽メディアやレコード会社が全然プッシュしなかったからかも知れないけど、普通に良い曲満載なんでこの音が気軽に聴ける環境さえ整っていればそれこそバカ売れしたんじゃないか?と思うとホント残念でならない。今聴いても良いアルバムだと思うし、ブッチのソロ作よりもこの音の方が好きな人は結構多いと思うんだけどなあ。

彼等はこの後、以前ここでも紹介した2ndアルバム「READYSEXGO」をリリースして解散してしまい、ブッチはソロ活動に入って同時にプロデュース業も務める様になった。アヴリル・ラヴィーンのプロデュースが有名だけど、他にも様々なスタイルのミュージシャン達を手掛けて、日本では織田裕二さんがカヴァーしたワム!の「LAST CHRISTMAS」で共演したのが有名。マキシ・プリースト同様、何で一緒に組んだのかは未だに謎だけど(やっぱ大人の事情ってヤツですかね?/苦笑)。


「FREAK OF THE WEEK」


「YOU'RE SO YESTERDAY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ALIEN LOVE SECRETS / STEVE VAI (1995)

TOM'S ALBUM / V.A. (1991)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

マーヴェラス3は手を出してなかったのでここで初めて聴きましたがポップで良い感じですね。
言われてるようにチープ・トリックみたいな感じも確かにするし、耳に残る曲が多いし、他の曲も聴いてみたいです。
私は1995年から1999年ごろまではジャズに浮気してた事もあってこの時期に出てきたバンドに関しては比較的知らないのが多いです、ストリーミングでは2作品上がってるようなのでちょっと後で聴いてみようと思ってます(新作を聴くのが忙しくて時間が無くて困ってますが・・・)。

2018年06月03日 18:23

comment avater

K.A.E.

ちょうどこの時期ってエモバンドがこぞって出現した頃だったので、このバンドはその波に飲まれてしまった感がありますね。しかもちょっとニューウェイヴっぽい感じもあるから他バンドと一線を画す感じでもあったし。
でも、YOU TUBEに挙がってる当時のライブとか観るとかなり荒いスタイルでポップ寄りというよりはかなりロックバンドに近いイメージでしたね。またそのギャップが堪らないんですが...

今は中古でかなり安く売られているので手に入れやすいと思います。しかし、ホントに勿体無かったなあ...このバンドは。

2018年06月07日 06:03

コメントの投稿