FC2ブログ




今日みたいな曇り空でイマイチ気分がノラない時に聴きたいアルバム...って事で、今回はこのアルバムをチョイス。フィル・コリンズのソロ第四弾「...BUT SERIOUSLY」。発表は1989年でしたね。ジャケの写真を見ての通り、リマスター盤には現在の歳取ったフィルのドアップ写真が使われている。

このアルバムを最初に聴いた時、前作と比べると随分落ち着いちゃったなあ~と感じたけど、今思うと派手な音像でチャートを彩った80年代も終焉に近付いていて時代の流れをチャートの常連だった本人が一番感じ取っていたのではなかろうか?
まだこの時期のフィルはリリースする曲はヒットを飛ばしていて、映画「バスター」で主役を張ってサントラ盤まで担当し、まだまだ人気の陰りなど気にするには早い様な感じだったけど、このアルバムのリリース時既にフィルは38歳で(!)もう40代に入る前に自身のこれからのキャリアも視野に入れてこういった作品を作ったのかな?と。

このアルバムを聴く前にシングルの「ANOTHER DAY IN PARADISE」を聴いたのだけど、この曲がホームレスや貧困の問題を提起しているとベストヒットUSAで紹介されていて、じゃあ今回のアルバムは結構シリアス路線なのか?と思ったけど、実際に聴いてみると社会的なメッセージは「THAT'S JUST THE WAY IT IS」(邦題:悲しみのザッツ・ザ・ウェイ)で北アイルランド問題、「COLORS」でアパルトヘイト問題、そして前述の「ANOTHER DAY IN PARADISE」くらいだったので、前作があれだけポップに徹した作品で大ヒットを記録してるのにあっさり路線変更しないで良かった...と安心したのを覚えている。

ただ、前作にあった突き抜けたポップ感というよりは落ち着いて安心して聴けるポップスという感じで、この辺が年齢を重ねた部分が作品に反映されたんじゃないかと。私も今の年齢になってさすがに前作の時代を感じさせるキラキラしたポップスよりは、今作の落ち着いた雰囲気のポップスの方が好みだと思うし。お気に入りは「ANOTHER DAY IN PARADISE」「SOMETHING HAPPENED ON THE WAY TO HEAVEN」「COLORS」が好きだ。

勿論、このアルバムも全米・全英共にチャート1位を獲得。勢いはまだまだ衰えないと感じさせる貫禄の作品だと思うけど、次作で音楽性をそのまま維持するのか、それとも路線を変えるのかという先が見えないちょっとした”引っ掛かり”も感じられた。でも、今の時代に聴いても落ち着いて聴ける良い作品だと思う。


「ANOTHER DAY IN PARADISE」


「SOMETHING HAPPENED ON THE WAY TO HEAVEN」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVING YEARS / MIKE + THE MECHANICS (1988)

THE REAL THING / FAITH NO MORE (1989)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

リマスター盤のジャケットが現在の鶴太郎を思い出させる・・・

ヨガやってんのかな?
まあ、それはそれとしてソロ、ジェネシス、サントラって感じで「フィルの声を聴かない年」って83年~90年位までなかったですよね。だからこのアルバムの「Do You Remember?」とか「フィル自身の2番煎じ」みたいな感じでTOP5入りしてんのに、心に残らないって印象があります。
(「・・・Way To Heaven」は好きっすよ)
実はこのタイミングで、(ソロになったスティングみたいに)一気にジャズ系やビッグバンド系に・・・ってのもアリだったのかと妄想します。あれだけdrに定評のある人なんで。

2018年06月12日 00:54

comment avater

グラハムボネ太郎

鶴太郎って(笑)

それにしても、何故ジャケットを変えちゃうんでしょうかね?
アルバムって、音だけじゃなくジャケットも含めてのものだからこういうのは反対だなぁ。
それにしても鶴太郎は、最近またバラエティに出るようになりましたね。
私はプッツン5派です。

2018年06月13日 06:06

comment avater

地味JAM尊

いやいや鶴ちゃんの基本は

ひょうきんベスト10のマッチのカバーですね。
フィル山コリ蔵さんも、「恋は焦らず」のカバーは良かったけど
Best盤でシンディ姐さんをカバーしてたのは、アルティメット・ウォリアーにやられて、作曲能力が著しく低下したからではないですよね。

2018年06月14日 01:23

comment avater

グラハムボネ太郎

それは違うな! JAMさんよぉ〜

「タマゴの親じゃ、ぴよこちゃんじゃ、ピーピーピヨコちゃんじゃ、アヒルじゃガーガー」だぜ!
・・・人のブログでてんやわんやしちゃう私たち二人(笑) 上手い!!

2018年06月16日 04:53

comment avater

K.A.E.

何でこんなにコメントあるの?と思いきや、鶴太郎ネタだったとは(苦笑)。ちなみに鶴太郎といえば私は浦辺粂子さんを思い出します(笑)。

私がフィルの存在を知ったのは「AGAINST ALL ODDS」からで、邦題の「見つめて欲しい」はやっぱポリスのパクり?と思ったのが最初でした。それからのヒットチャートでの快進撃は当時はホントに凄かったですね~。
でも確かに自身の二番煎じという意味は分かりますね。その辺を払拭出来なかったお陰で徐々に消えていった感じですし。
バンドとソロの住み分けというのも、どちらかというとジェネシスの方がフィルのソロ寄りになった感じがあるのでソロが売れてるから音楽性を変えるという事が出来なかったんじゃないかな?と。でも、ヒットメイカーとしてはホントに超一流の人物だったと今でも思ってます。

2018年06月19日 01:19

comment avater

K.A.E.

ジャケット変更の意味合いって余り深い意味は無さそうですよね。単に今の時代にリマスターしたから今の自分の姿で当時を再現...って事だと思うし。でも、当時の顔と比べるとさすがに老けたなあ~と思います。
確かにジャケ変更は今まで色々ありましたけど、そもそも顔のドアップを使うジャケット自体が余り好きじゃないので(苦笑)私は余り気にならないのが本音ですね。プリンスの「PURPLE RAIN」のリマスター盤みたいに色を少し変更するのは分かりやすくて良いかも。

2018年06月19日 01:26

comment avater

某音楽馬鹿

フィルさんに関しては洋楽番組で頻繁に放送されてたので当時はよく聴いてましたがCD買ったのはこのリマスター盤が出た時が初めてでした。
80年代はメタルを中心に聴いてたので見た目がオッサンなこの人はなんとなく聴いてなかったんですよね~、でも曲がヒットしてたのとジェネシス聴くより先にこの人のソロを聴いてた事もあって改めて聴くと良いですね。

2018年06月24日 19:36

comment avater

K.A.E.

某音サンがフィルのCD買ったのはリマスターになってから...というのは意外ですね。80年代の洋楽番組には必ずといっていい程PV流れてましたから、逆に音源買わなくても...ってな感じだったんですかね?
私は最初フィルをPVで見た時は「このおっさんの曲が売れてるの?」と不思議に思いましたけど、そりゃルックスだけだと冴えないおっさんですし(苦笑)。
曲に関しては、当時よりも今の年齢になって聴くと段違いで良いと思いますね。マイク&ザ・メカニックスも同様なんですが、若い頃に聴いた曲って流行り廃り関係なくずっと自分の何処かに残ってる感覚がありますね。だからこそ未だに70年代や80年代の音楽を聴いてるのかも?

2018年06月27日 02:47

コメントの投稿