FC2ブログ




先日のフィル・コリンズに続いて、久々にこのアルバムにも手を伸ばしてみた。マイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックスの2ndアルバム「LIVING YEARS」。発表は1988年。

大ヒットしたジェネシスの「INVISIBLE TOUCH」のツアー終了後、一旦ジェネシスの活動を休止したのを切っ掛けにフィル・コリンズは映画「バスター」の撮影に入ってそのサントラ盤も手掛けるというハイペースな仕事ぶりが注目されたけど、マイク・ラザフォードの方もまさかまたこのバンドでアルバム作るとは思ってなかった。確かに1stアルバムは注目されてシングルヒットも飛ばしてはいたけど再開するには早くない?と思っていたので、当時新作がリリースされると知った時は急な話だったので驚いたのを覚えている。

そしていざリリースされたら、シングルカットされた「THE LIVING YEARS」がビルボードチャートで全米No.1を獲得するという快挙にも驚かされた。当時は理解出来なかったけど、この曲の歌詞は亡くなった父親に自分の本心を語れなかった息子が後悔の念を抱くといった内容で、そういう歌詞ならもっとしんみりした感じになるかと思いきや、曲調は結構明るめで大仰なコーラスが強いからかなりポジティヴなイメージが感じられるのもまた面白い。この1曲で、当時はフィルだけ注目されていたジェネシスにもちゃんと実力を持ったミュージシャンがいるという存在を示せたと思う。

前作にも「SILENT RUNNING」や「ALL I NEED IS A MIRACLE」などシングルカットされた曲は勿論、他にも良い曲は多かったけど、このアルバムは前作を上回る曲の質の高さを感じられる。お気に入りは先述の「THE LIVING YEARS」は勿論の事、「NOBODY'S PERFECT」や「BLAME」、「BEAUTIFUL DAY」辺りが好きだ。

このアルバムはブックオフで¥500くらいで購入したモノだったので、リマスター盤が欲しいなあと思いチェックしてみると余り良い評判を聞かないのでなかなか躊躇して買えないのが惜しいんだけど、だったら3rd以降のアルバムを聴いてない方をチェックした方が良いのだろうか?7月にベスト盤が出るみたいだからそっちでも良いだろうし。
ともあれ、マイク・ラザフォードがこんなにポップでキャッチーな良い曲を書ける人だとは思ってなかったという認識の甘さ(言い換えればナメていた/苦笑)だったので、それを知る上でも必聴の1枚かと。
しかし、時代を感じさせる音とはいえ、やっぱこういう音が一番しっくり来るんだよなあ...


「THE LIVING YEARS」


「NOBODY'S PERFECT」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SPIRITUAL BEGGERS / SPIRITUAL BEGGERS (2013)

...BUT SERIOUSLY / PHIL COLLINS (1989)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

「Living ~」はマヂで泣ける名曲ですよね(うちの親父は存命ですが・・・)。
この頃はVo.担当のポール・キャラックやポール・ヤングの歌声もまさに旬でしたし、元ジェネシス勢(ピーガブやGTRも含めて)は無双状態でしたよね。
惜しむらくは、No.1ヒットは出たけど他のシングルはチャート上位には上がって来れなかったこと。そして「+」と書いてるのに「&」と読ませることに違和感が拭えなかったことですかね。

2018年06月21日 03:14

comment avater

K.A.E.

元ジェネシスや現ジェネシス、他のプログレ系バンドもこの80年代にプログレとはまた違うスタイルを提示してヒットを飛ばしてるんだから凄い時代でしたよね。個人的にはGTRは今聴くと余りピンと来ないんですが...

「THE LIVING YEARS」はやっぱバンドの代表曲になってしまいますよね、これだけ良い曲だと。PVで何で墓参り?と当時は思いましたけど、歌詞の内容を知って納得しましたし。
他のシングルが不発だったのも、この曲が良過ぎるから同路線を求めてしまったとか?「NOBODY'S PERFECT」なんて普通にヒットしてもおかしくないと思うんですけどねえ。

久々に聴いてちょっと盛り上がってる感じなんで、今度出るベスト盤は買ってみようかな?と。リマスターも気になるし3rd以降の楽曲も気になるんで...

2018年06月22日 04:00

comment avater

某音楽馬鹿

私は当時LIVING YEARSのPVでこの人の事を知りました、ジェネシスのメンバーさんとか言うのは関係なく単に良い曲だな~って。
この作品は中古CDで入手してデラックス盤が出た時に買い替えましたが、リマスター盤が何で評判が悪いのか分かりませんが、デラックス盤とは別なのかも?、今ならデラックス盤がアマゾンさんで1000円以内で買えますよ~。

ちなみにこの人の作品は全部は聴いてないですが、去年出た新作はどの作品より凄く気に入ってます。
まだ入手されてないならお勧めです。
https://www.youtube.com/watch?v=W9pHu_Y1l3Q

2018年06月24日 19:48

comment avater

K.A.E.

良い評判を聞かないというのは、音の分離とかのリマスター効果は上がってるのに音量が全然足りないとか、ジャケがカラーコピーみたいでバンドロゴも切れてるとかで、せっかくのリマスター再発なのに何か勿体無い...と。まあ、それでも当時の国内盤と比べると良いんでしょうけどね。

そういえば昨年新作出たんですよね。ポール・ヤングは若くして亡くなり、ポール・キャラックも今はバンドにいないと聞いたんで、ボーカルは替わったみたいですけど音楽性は変わりないとの事なんで興味あるんですよ。
まずは来月発売されるベスト盤を押さえてみようと思ってます。勿論リマスターしてるんでしょうから音の良し悪しも聴けるでしょうしね。アルバムチェックするのはその後で良いかな?と。

2018年06月27日 02:59

コメントの投稿