FC2ブログ




久々にHR系のアルバムが聴きたいと思い、今回はこのアルバムをチョイス。マイケル・アモット率いるスピリチュアル・ベガーズの記念すべき1stアルバム「SPIRITUAL BEGGERS」。このCDは再々発盤なので2013年表記にしてるけど、オリジナルは1995年リリース。

このバンドは存在自体を知ったのが結構後になってからだったので後追いがハンパないレベルなんだけど(苦笑)アーチ・エネミーで活躍してるマイケルが立ち上げた別バンドという事で、最初は普通にデス系のバンドなのかな?と思いきや、インタビューやネットでの書き込みの話から古き良き70年代のハードロック系の音楽を演っているという事なので、4thアルバムから入ったら見事にツボってしまい徐々にCD揃えていったと。

まだ全て購入した訳ではないんだけど、これまで在籍した3人のボーカルの中でもやっぱ初期のスパイスが一番好きなのでよく手に取るのは1st~4thまでなんだけど、この1stアルバムとお気に入りの4thアルバムでは決定的な違いがある。それはキーボードの有無なんだけど、キーボードとはいってもオルガンやメロトロンを積極的に使うのでレトロ感が増して音が多彩になるのが堪らないのだ。だから4thや3rdアルバム辺りを積極的に聴くのだと思う。

なので、この1stアルバムにもオルガンやメロトロンが入っていれば...とは思うけど、3ピースバンドでありながらも図太い音で豪快なHRを聴かせる作品と捉えればデビュー当時から音楽性にブレがなかったとも言えるかと。しかもこのバンドが結成された時のマイケルはまだカーカスに在籍した頃で、「HEARTWORK」でブレイクしたデスメタルバンドがサイドプロジェクトでこういったバンドを組んでいたのも何だか面白い話かと。
ドゥームやストーナー系のノリを加えた古臭いハードロックではあるけど、そこにサイケっぽい雰囲気や独特のグルーヴ感があってただの焼き直しではないのがこのバンドの特徴かと。曲展開もジャズっぽいフレーズが入ったりして結構練られているのも面白いし、このテの音の要であるリフが重いのもカッコイイし。

またこの再々発盤は2枚組となっており、3rdや4thアルバムのデモ曲が収録されていてこの時期のアルバムがお気に入りの私はコレも興味深々だったのだけど、デモはデモといった感じでギターのラフなプレイやまだ曲が完成してない原型のままだったりするので聴き慣れてるオリジナルとは若干違うのが面白い。コレはコレで非常にカッコイイとは思うけど。

最初にリリースされたオリジナルジャケットは、何だか宗教団体からクレームが付いて初回プレスだけで回収されたらしいのでかなりのレアアイテムらしく、その後再発されたジャケは非常にダサいジャケで買う気力すら奪うブツだったので、こうして再々発されてホント良かった。まあ、このジャケもよく見ると何だか訳分からない感じだけど(苦笑)。


「YEARLY DYING」


「MAGNIFICENT OBSESSION」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RHYTHMEEN / ZZ TOP (1996)

LIVING YEARS / MIKE + THE MECHANICS (1988)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ドゥーム/ストーナー系のバンドの中には70年代のレトロな音を出す良いバンドが多くて、しかも先入観があるのか、ハードロック・ファンの人達に聴かれてないバンドが沢山あります。
このバンドもそうですが、この辺のジャンルを掘ってみると面白いバンドが沢山あって楽しいですよ~。

ちなみに新作を出したばかりのオレンジ・ゴブリンやクラッチ、個人的に大好きなグランド・メイガスあたりは昔のハードロック好きさんのツボに入る曲をやってるのにあまり話題になってないのが寂しいです。

確かにドゥームメタル系と言っても延々とフィードバックノイズを垂れ流してるだけにバンドも居るんで事前に試聴するとかの注意が必要ですけど・・・。

2018年06月24日 19:57

comment avater

K.A.E.

ドゥーム/ストーナー系のバンドって余り紹介される事もないし、まして日本ではそれほど人気のあるジャンルとも言えないんで、バンドも数えるくらいしか知らないのが現状ですね。某音サンが挙げたバンド名くらいしか知りませんし...あとモンスター・マグネットやスリープ、ギーザー(サバスの人とは別バンド)くらいですかね。この中ではオレンジ・ゴブリンやクラッチは興味あるんですけど、中々CD購入までには到ってません(他にも欲しいCDはあるモンで...)。

ボーカルがJBから替わった後の作品は総じて軽く感じるんでCD買ってないんですけど、やっぱスパイス時代の音が一番良かったと思います。このバンドではなくても、自分のバンドでシーンに復活してほしいんですけど無理なのかな?幾らボーカルが良くても肝心の音楽がつまらなかったら元も子もないですからね。

2018年06月27日 03:09

コメントの投稿