FC2ブログ




あんまり梅雨っぽくない天気で暑さが苦手な私にとっては既にバテ気味な感じなのだけど、そんな暑い中に車内で聴くには打ってつけのヴァン・ヘイレンを久々にチョイス。通産10作目の「BALANCE」を今回はチョイス。1995年発表ですね。

残念ながらサミー・ヘイガー在籍最後のアルバムとなった今作。何が理由なのか知らないけど、このアルバムのツアー終了後に抜けてしまってデイヴ・リー・ロス期よりもサミー期の方が好きだった(リアルタイムでずっと追えたのも大きかった)私はがっかりしたのを覚えている。

このアルバムも最初聴いた時は全体的にどうも煮え切らない雰囲気があって、当時のグランジ/オルタナが音楽シーンで幅を利かせていた事も関係してるんだろうなあ...と勝手に思い込んでたけど、楽曲単位で聴くと意外とカッコイイ曲も多いのに気付く。
ヴァン・ヘイレンのイメージはカラッとした能天気なハードロックバンドというのが私のイメージだけど、サミーが加入してからバラードも増えたし楽曲の幅が広がったと思うし、実際デイヴよりも歌えるスタイルはサミーの方が上じゃないかと。勿論、デイヴのエンターテイナー然としたスタイルもヴァン・ヘイレンには重要だしカッコイイと思うけど。

お経みたいなSEから一転硬質なギターリフが入る「THE SEVENTH SEAL」はむちゃくちゃカッコイイし、続く「CAN'T STOP LOVING YOU」はそれまでのバンドらしからぬポップな雰囲気で異質だけど、これはプロデューサーのブルース・フェアバーンの意向が反映されたんじゃないかと。良い曲なんだけど、正直産業ロックの極みみたいなスタイルなんで遂にこういうトコまで来てしまったんだなあ~と思った。
後半(9~13曲目←日本盤ボートラも含む)の流れはあまり好きじゃないんだけど、それ以前の流れは結構好きで「BIG FAT MONEY」や「AFTERSHOCK」みたいな如何にも彼等にしか出来ないHRは安定のクオリティだと思う。

当然の様にアルバムチャートでNo.1獲得した訳だけど、今改めて聴くとサミー期の限界も幾分感じられる作りなんじゃないかと思った。その後のサミー脱退→エクストリームのゲイリー・シャローン加入→サミー復帰→サミー再脱退の流れでも分かる様にエディとアレックスさえ入ればヴァン・ヘイレン...といった感じなんで、外部の意見を聞かなくなってその後は黙作になってしまったのは単純に曲が書けなくなったんじゃないかと。
エディの病気の件もあったし、現時点で最新作にあたるデイヴ復帰のアルバムも半分以上が昔のデモ曲からのリメイクだし、そのデイヴから「エディはここ20年くらいは曲書いてない」と暴露されちゃってるから、エディにとってはもうバンド活動も自身の健康を考えないと出来ないんだろうなあ。

後のデイヴ復帰作はまた別モノといったノリなので、個人的にはこのアルバムが全盛期最後の作品という認識だけど、何処か少し寂しさを感じてしまうんだよなあ。サミーにまたバンドに復帰してほしいとは思わないけど(サミー自身も否定してたし)バンドも終焉もそう先の話じゃないんだから、最後にとんでもない作品を作って欲しいと願ってますよ。


「CAN'T STOP LOVING YOU」


「BIG FAT MONEY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME ONE / GLENN HUGHES (2018)

RHYTHMEEN / ZZ TOP (1996)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

暗いんです

シングルとその他の曲が違いすぎて。
私はシングル曲大好きです。なんならこの路線を続けて欲しかったです。

2018年07月02日 21:57

comment avater

K.A.E.

「CAN'T STOP LOVING YOU」は勿論良い曲なんですけど、何もヴァン・ヘイレンでやらなくても...って当時は思いましたね。「NOT ENOUGH」も同様で、プロデューサーでこうも変わるモノかと。ブルース・フェアバーンってAC/DCやボン・ジョヴィなど他のミュージシャンとの相性は良かったけど、ヴァン・ヘイレンとは正直ミスマッチだったかな?と今でも思いますね。

でも、そんなに暗いですか?まあ当時の音楽シーンを思うとこういう路線になるでしょうし、私はそれほど暗いと思った事はないですね。逆に突き抜ける様な明るさがあるか?と言われると、それは違いますけどね。

2018年07月04日 03:30

comment avater

地味JAM尊

この年のBillboard年間TOP100曲全部持ってるんですけど、ほとんど捨てたい・・・

グランジブーム?で暗いメロディの無いロックと、これまた歌メロの無いHIP-HOPばかり流行ってましたから、「CAN'T STOP LOVING YOU(最高位30位、年間100位)」には本当に救われました。Bon様も「These Days」で迷いが感じられ、Firehouseも「I Live My Life For You」で安定バラード路線しかシングルカット出来ず、敢えての「POPに振り切った名曲」として自分は超高評価です。アルバムは(band内情が荒れてたせいもありますが)どーしても「やっつけ仕事」に感じちゃうんですよね・・・(暴論でスミマセン)

2018年07月05日 01:55

comment avater

K.A.E.

暴論ではないでしょう、ただこのバンドにしては作風が違うお陰で評価が割れた作品だと思ってますね。上のボネ太郎サンもアルバム全体は苦手みたいですし。

私はこの時代だからこそのアルバムという風に捉えてるし、地味JAM尊サンも挙げてるボン・ジョヴィも「THESE DAYS」ではあんな作風になってるから、本人達が幾ら従来路線を...といってもレコード会社がそれを許さないみたいな風潮があったんじゃないですかね?因みに「THESE DAYS」は大好きなアルバムなんですけどね。

しかし、この年のビルボード年間TOP100曲持ってますか!どんな曲があったのか分からないですが、殆ど捨てたいはないでしょ!?(苦笑)

2018年07月08日 03:25

comment avater

某音楽馬鹿

私もサミー・ヘイガーさんの歌ってた時が一番好きで、これと前の2作が一番聴いた作品になります、今でもデイヴさんの歌ってるのはあまり回数聴いてないですね~。
このアルバムは他のグランジ路線に音を変えたバンドと比べてもそれ程暗くて重くなってないし、良い曲が沢山ありますよ。
ちなみにグランジは大好きですが(笑)、グランジっぽい事をして失敗したバンドって結局曲がつまらなかったりする事が多かったり?。

2018年07月08日 13:29

comment avater

K.A.E.

私はやっぱ洋楽聴き始めた頃にリアルタイムだった「5150」「OU812」が大好きでしたね。だからこのアルバムと前作はいつもとはちょっと変わったスタイルという意識で聴いてるんですよ。デイヴ期のファンも多いのは理解してますけど、やっぱサミー期とは別モノだと思います。

確かに某音サンの言うとおり、それほど暗いアルバムだとは思いませんね。バンドの持ってるカラーが元々能天気っぽい(失礼)雰囲気なんで、それに救われたのかな?と。久々に聴いてやっぱエディのプレイは最高!って思いましたし。

グランジ/オルタナ路線に擦り寄って失敗した例なんて多いですが、結局レコード会社もバンドのイメージなんてお構いなしで、売れてる音楽に似せれば売れる!と認識している時点でお察しですよね~。歴史は繰り返すってヤツですよ。

2018年07月12日 00:40

コメントの投稿