FC2ブログ




よく某音サンのブログにてちょこちょこ名前の挙がるボニー・レイット。以前からちょっと興味があったので、とりあえずベスト盤を購入してみたので、今回はこのアルバム「THE BEST OF BONNIE RAITT」をチョイス。リリースは2003年ですね。

興味があったというのは、この人ってジャンル的には何にカテゴライズされるのだろう?と常々思ってたからで、普通にギターをプレイするシンガーソングライターの位置付けなんだろうけど、女性ミュージシャンでブルーズスタイルの音って余り聴いた事ないな...というのも興味の対象だった。

しかし、決定的だったのは平日の19:00から地元のFMでAORの番組が放送されているのをたまたま車中で聴いてて、そこで彼女の「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」(邦題:夕映えの恋人たち)が掛かって「何、この曲誰の曲?」と。
その時は曲紹介が終わった後だったんで誰の曲か分からなかったから、帰宅してネットで調べたらボニー・レイットじゃないかと。で、YOU TUBEで確認して、改めて良い曲だな...と思ったんでこの曲が入ってるベスト盤にしたという訳。

キャリアも全く知らなかったんでネットで調べたら、キャリアが長い割りにはブレイクしたのは40代に入ってからで相当な苦労人だったというのも意外だった。しかもこの「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」は相当な数のミュージシャンにカヴァーされてみたいで、有名どころだとプリンスやジョージ・マイケル、ボーイズⅡメンやアデルなど。全部聴いた訳じゃないけど、やっぱオリジナルには敵わないな...といった感じ。実に素晴らしい名曲かと。

全曲聴いてみたらカントリーやブルーズ、レゲエやAOR、R&Bなど結構バラエティに富んだ作風でありながらも彼女の声が入ると一貫性があるといった感じで、さすが長年のキャリアは伊達じゃないと。シェリル・クロウなんかは相当リスペクトしてるんじゃないかと思うくらい近い雰囲気だし。
このタイトルにもある通り、彼女のキャリアの中では中期にあたる作品集で時代的にも聴き易い部類かと思われるので、彼女を知らなかった私みたいな初心者リスナーが手にするには良いアルバムだと思う。お気に入りは前述の「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」は勿論、「NOT THE ONLY ONE」「SPIT OF LOVE」「HEAR ME LORD」「NICK OF TIME」あたりが好きだな。

オリジナルアルバムを聴くには相当な枚数なんでさすがに無理だけど、とりあえずこのアルバムは買って正解。もっとブルージーな作品を聴いてみたいけど、それまでの間は長い付き合いになりそうな作品かと。疲れた時に癒される様な雰囲気が堪らないのですよ。


「SPIT OF LOVE」


「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE WAY IT IS TOUR 1986-1987 / BRUCE HORNSBY AND THE RANGE (1987)

THE OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME ONE / GLENN HUGHES (2018)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

この曲は1991年のLuck Of The Drawに入ってた曲だと思います、このアルバムと前作は超お勧めです。
この前の作品で一気に有名になってノリノリの頃のやつなんでこの辺の作品ならどれを買っても間違いないかと思います。

これ以降は歌モノのR&B路線になったり最近はまたロックっぽい作品も出されてます、この前ニュースで体調不良でツアーをキャンセルされたとか言われてましたが、つい最近復活された模様で、今後も長く続けて欲しいミュージシャンですよね。

2018年07月08日 13:48

comment avater

某音楽馬鹿

ちなみにこのベスト盤に入ってない昔のボニーさんも渋くて良いですよ~(昔の方が渋いっていうのもアレですけど・・)。
https://www.youtube.com/watch?v=qzpe3bl3XG8

2018年07月08日 14:07

comment avater

地味JAM尊

90年くらいかな?「Nick Of Time」「Something To Talk About」とか滅茶苦茶かかってたな~。当時は「このオバサン何者?」的に思ってたけど。
95年のRoy Orbisonのカバーとか、Brianとのデュエットで個人的にはグッときました。「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」ってこんな聴かせる歌だったっけ?こちらも齢取ってから感じ入ることってあるんすね。

2018年07月11日 01:39

comment avater

K.A.E.

某音サンのブログで何度か取り上げられているのを読んで興味持ってたんですが、なかなか踏ん切りが付かないトコに、ラジオで聴いた「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」にやられましたね(笑)。ちょうど出勤時の車内だったんですが、帰宅時の車内だったら1日の疲れを癒す様なキラーチューンだと思います(歌詞の内容は悲しいラブソングですが...)。

このベスト後の路線の方がちょっと興味ありますね。初期の渋い路線は売れなかった理由も何となく分かりますし...ただ、ギターは上手いですよね。実力はあるのに芽が出ないという玄人受けするミュージシャンの例なのでは。売れなかった時代に来日公演があった事に驚きました。

2018年07月12日 01:01

comment avater

K.A.E.

地味JAM尊サンは当時から知ってましたか!私は当時はかろうじてチャートをチェックしてたハズなのに全く気付かなかったですね。アルバムがバカ売れしてブレイクしたのも記憶になかったですし(単に興味がなかっただけなのかも?)。グッときたというロイ・オービソンのカヴァーというのも聴いてみたいですね。

今回このベスト盤聴いて、今の年齢で聴く事が出来て逆に良かったかも。若い時じゃ余り理解出来なかったと思いますしね。「I CAN'T MAKE YOU LOVE ME」はAORのコンピ盤に収録されてもおかしくない名曲なのに、何故か収録されてないですよね。歌詞が失恋ソングだから躊躇してるのかな?

2018年07月12日 01:16

コメントの投稿