FC2ブログ




前回のブルース・ボーンズビー&ザ・レンジを聴いてたら久々にこのアルバムも聴きたくなったんで今回はこのアルバムをチョイス。ジョン・クーガー・メレンキャンプの「BIG DADDY」。発表は1989年。

私的にはジョン・メレンキャンプといえば「SCARECROW」「THE LONESOME JUBILEE」の2枚がメインで聴くモノなのだけど、このアルバムを聴いた時はかなり地味に落ち着いちゃったなあ~と寂しく感じられたモノだった。
シングルヒットも飛ばし、アルバムも大ヒットしてたのにも関わらず新作がこれほど地味なモノだったから、自分自身が本当に納得のいくアルバムを作った方が良いという結論に到ったんだろうけど、それでも当時は全然納得いかなかった。

ブルース・スプリングスティーンもこの時期に2枚同時発売のアルバム作ったモノはかなり落ち着いた作品だったけど、音楽業界が商業的に成功していた80年代から90年代に向かう時期に、アメリカンロックを代表する2人がこの様なスタイルを提示したという事は間違いなく音楽シーンの過度期にあったんだろうなと思う。

このアルバムは、前作でもちょっと感じた”中年期の危機”みたいな感覚がより強く反映された内容で、いつまでも若いままではいられなく自分は子供達にとってどんな父親なんだ?とか、いつか子供達が自分を必要としなくなる日が訪れるんじゃないか?といった様な自身の内省的なモノが綴られている。
このアルバムがリリースされた時、私は20歳前だったと記憶してるけど、そういう時期にこういった内容のモノを聴かされてもピンと来ないのは当たり前な話で、前作辺りはまだ許容範囲だったけどこの作品はパーソナル過ぎてついていけないと感じた。

なので、私自身は余り評価は高くないのだけど、4曲目の「THEO AND WEIRD HENRY」だけは何故か大好きで、当時「元気の出るテレビ」でのBGMでよく使われてたのを思い出す。歌詞がアルバムに載せてないのでどんな内容なのか分からないけど、この曲だけは未だに好きだなあ。

アルバム自体に歌詞を載せてないのはミュージシャンの意向と書かれているけど、英語を母国語とする国ならともかくそれ以外の地域ではやはり内容も知りたいトコなんだよねえ。それを含めてミュージシャンの意図というモノも理解出来ると思うし。歌詞を載せないという事は、やはりこのアルバム自体パーソナルなモノだという意味でもあるんだろうけど...

このアルバム以降、売れる事よりも自身の納得のいくスタイルを追求するかの如く、デビュー時に”売れる為”に付けられたCOUGERの名前を外してジョン・メレンキャンプ名義になったのは有名な話で、次作も当時CD買ったけどもう私が望むモノが無くなってしまったな...という事で、彼を追う事はなくなってしまった。
未だに新作をリリースし続けているのは自身の信念の元に活動出来ている事の証なんだろうけど、本人にとっては十分なくらいに幸せな事なんだろうなあ...と久々にこのアルバムを聴いて思った。


「TO LIVE」


「THEO AND WEIRD HENRY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MOSAIC / WANG CHANG (1986)

THE WAY IT IS TOUR 1986-1987 / BRUCE HORNSBY AND THE RANGE (1987)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

前年のHuey Lewisも「アーシーな地味系」になっていったんで、1stシングル「Pop Singer」のMV見た瞬間に「あっ、俺もう無理(当時二十歳)」でした。
それでも音楽雑誌見ると「これこそ彼のやりたかったこと」とか提灯記事ばっかで・・・「好きになろうとして無理をして聴かなくなる病」に罹りました。
とか言いながら、約30年経過した現在なら「普通に聴け」てます。当時『R40』とか表示してくれりゃ、評論家の論調に腹立てなかったんですけどね。
・・・とか言いながらBest盤出るまで毎回買ってました。

2018年07月16日 16:24

comment avater

K.A.E.

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「SMALL WORLD」は残念な出来でしたね~。あの当時は輸入盤レコードを買ったんですが、多分2~3回しか聴かなかったと思います。買った音源はガンガン聴いてたあの時期にあれほど聴かなかったアルバムは初めてだったと思います。

...ってヒューイ・ルイス批判になっちゃうんでもう止めますけど(笑)このアルバムも最初は期待外れでしたね。でも本編で書いた通り「THEO AND WEIRD HENRY」が大好きだったんでこの曲に救われました。
「POP SINGER」がシングルカットでしたか...って今更初めて知りましたけど(爆)確かにこれがシングルだと掴みが弱すぎですよね、まあ意図した狙いなのかも知れませんが。

次作までは購入したんですけど、もう渋さ全開の枯れたロックみたいで歳相当な音なんだろうけど、ちょっと付いて行けなくなっちゃいましたね。タイトル曲だけは好きでしたけど。

2018年07月19日 04:56

comment avater

某音楽馬鹿

K.A.E.さまはこのアルバムは今一つのようですね。
私はボスやこの人は渋ければ渋い程好きなんで、当時は違和感なく喜んで聴いてました(なら何でブルース・ホーンズビーさんは聴いてなかったのかって言われるとアレですけどね)。
これ以降の作品ではもっと渋いのがありますけど全部大好きですよ。

2018年07月29日 20:23

comment avater

K.A.E.

やっぱ当時のイメージの違いに戸惑った感じです。「SCARECROW」とこのアルバムでは結び付かないでしょ、やっぱ。まあ、本人にしてみれば「過ぎた事の繰り返しはしたくない」ってな具合なんでしょうけど、それでも考えさせられますよ。「俺は作られたポップシンガーなんかになりたくない」って歌詞で宣言してるくらいですからね。
ブルース・ホーンズビーは渋いという感覚よりも美メロ的なモノを求めてたんで、スプリングスティーンやメレンキャンプとはまたちょっと違うニュアンスですね。

最近の作品は某音サンのブログでも紹介されてましたけど、渋過ぎてもう違う世界に行っちゃった感じです。私が老人になった時に曲聴いてどう感じるか?ですね(苦笑)。

2018年07月30日 03:28

コメントの投稿