FC2ブログ




全然関係ない話で恐縮ですが、ここ数回のCDジャケの写真、随分と色が黄色味掛かってますよね?実は、部屋の蛍光灯を替えたら白色系と勘違いして暖色系を購入してしまい、部屋の明かりの色味が赤黄色になってしまった為で、元の写真の色はもっと黄色なんですよ。余りにも色が酷いので、一応フォトショップエレメンツを持ってるからそれで色補正してたんですが、アップロードすると何故か補正してるのにまだ黄色い。
で、今回は自動補正で思いっ切り振り切ったら大分良い感じに落ち着いたと。
10年以上前に写真ラボで働いていた時は毎日フォトショ使ってたのに、超久々に使うと全然ダメっすね(苦笑)。今のウチのPCではもうバージョンアップは望めないから、ノートPCの方で新しいバージョン買って練習したいなあ...けど、金欠のメドが付かない限りは無理だよなあ(苦笑)。

さて、そんな訳で最近は80s漬けの毎日なんで、このアルバムもチョイスしてなかったんで久々に手に取った。ワン・チャンの3rdアルバム「MOSAIC」発表は1986年でした。このCD、数年前にブックオフにて偶然にもレンタルアップ品で見付けて¥500で購入したモノ。当時カセットで持ってたけど、CDは持ってなかったんで廃盤となって暫く経っていたので、見付けた時はラッキーでしたね。当時はまだ¥3200だった帯が懐かしさを感じる(笑)。

彼等との出会いは、当時のベストヒットUSAにて「EVERYBODY HAVE FUN TONIGHT」のPVを観たのが切っ掛け。曲調が妙に明るいダンスナンバーで、あのコマ送りしたみたいな斬新なPVはかなりインパクトが強かった。声もハイトーンがスティングのそれに近い事もあって、当時ポリスばっか聴いてた耳には変に馴染んでたのをよく覚えている。
翌週の高校にて、洋楽聴く友人が早速あのコマ送りを一人で真似てるを見てTVの影響ってすげーなと思ったくらいだ(笑)。

まずは「EVERYBODY HAVE FUN TONIGHT」のシングル盤を買いに行って、アルバムはレンタル屋で借りてテープダビングをしたのだけど、全体的に爽やかなエレポップバンドという印象を受けて散々聴いたし、今聴いても如何にも80年代の音だよなあ~と再認識。この当時はホントにこういう音が溢れていたので、懐かしいと同時に何かホッとする気分(笑)。

確かに売れる音だと思うけど、実は「EVERYBODY HAVE FUN TONIGHT」は本国イギリスでは不発に終わって、何故かアメリカでは大ヒットになったという珍しい例。まあアメリカ人が好みそうなタイトルだし(笑)あのPVの作りが斬新だったお陰もあるんだろうけど、アルバムを聴いてもキャッチーなメロディが目白押しなんで単にレコード会社のプロモーションが上手くなかったんじゃないかと。

2ndシングルの「LET'S GO」もヒットを記録したし、2曲目の「HYPNOTIZE ME」は映画「インナースペース」でも使われて知名度は徐々に上がってたハズなのに、そのまま音楽シーンから姿を消してしまいましたね。次作が出たのかも全く知らないし、一発屋扱いされているのもよく分かるけど、確か前作に収録された「DANCE HALL DAYS」がそこそこ知られてる曲みたいですね。私はTVゲームの「GRAND THEFT AUTO : VICE CITY」のカーラジオをこの曲の存在を知りましたけど(笑)。

お気に入りは前述の「EVERYBODY HAVE FUN TONIGHT」は勿論、「LET GO」や「HYPNOTIZE ME」みたいな心地良いポップ感のある曲、サンプリングを多用した「THE WORLD IN WHICH WE LIVE」だけど、ちょっと緊張感のある「EYES OF THE GIRL」が一番良いかな。何でシングルカットされなかった?と今でも思う。

因みにこのアルバムをプロデュースしたのが自身もミュージシャンのピーター・ウルフ。当時このアルバムと同時期に「COME AS YOU ARE」がヒットしてましたねえ。余談だけど、あのPVで犬と一緒にジャンプするシーンが何故か好きなんだよなあ(笑)。


「EVERYBODY HAVE FUN TONIGHT」


「EYES OF THE GIRL」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

STRANGEWAYS, HERE WE COME / THE SMITHS (1987)

BIG DADDY / JOHN COUGER MELLENCAMP (1989)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

アルバムもよく聞いたけど、とにかくPVのインパクトが・・・

メンバーが母方の祖父と叔父にそっくりで(マジですよ)弟と全米1位になるよう(確か年末だった)応援しまくってました。結果JOJOの後の歌(Walk Like An Egyptian)に勝てなかったんですが、チャートの1位・2位が共に「PVモノマネしたことあるだろ選手権」上位エントリー間違い無しってのも珍しかったですね。「Let's Go」とかポップでいい曲なのに「PVの偽日本人と雪ダルマ?」の方が記憶に残っちゃってます・・・。この次のアルバムまではレンタルで借りたんですが、ややポップ味が薄れていまして、その後フェードアウトしたみたいっす。惜しかったな。

2018年07月20日 01:03

comment avater

K.A.E.

祖父と叔父にそっくりだから応援...って何か他人事とは思えなくなっちゃったとか?(笑)
当時は「エジプシャン」に阻まれてましたか!この頃のスザンナ・ホフスはめっちゃ可愛かったですね(って、それしか覚えてない)。因みに私は両方のPVのマネはした事ないですよ(笑)。

「LET'S GO」もポップで良い曲でしたね。このアルバムで当てたのも大したモンですが、それに続かなかったのは残念でしたね。ポップミュージシャンからポップが薄れたらそりゃ致命傷みたいなモンですしね、仕方ないか~。

2018年07月26日 03:30

comment avater

某音楽馬鹿

最近は本当に80年代漬けみたいですね(笑)。
この人達は当時はお金の都合でCDとかは買ってませんでしたが、このPVは確かに洋楽番組で観た事があります、懐かしいですね。
何故か当時はCDが欲しかったのに今はそうでもないような感じなんで逆に驚いてます、今度音源を漁ってみようかな~って思ってます。
80年代と比べて今は好きなだけ動画サイトで観れる時代になったのに、観ようと思えばタダで観れるような環境だと逆に情報があり過ぎて昔ほど音楽を漁らなくなったのは皮肉ですよね。

2018年07月29日 20:32

comment avater

K.A.E.

>タダで観れるような環境だと逆に情報があり過ぎて昔ほど音楽を漁らなくなった

私がspotifyに入らない理由は(まあ月額払いですけど)コレに近いモノがあります。ラクに新作が聴けるのも結構なんですが、その分有難みが薄いんですよね。現物買ったモノと伝わり方が違うというか。それと、今まで買ったモノを軽ろんじてしまう事も原因で、CD持ってるのに何故手持ちのを使わない?って事にもなりかねませんし。

このアルバムみたいに廃盤になったモノがアップされていれば有難みが感じられますけど、昔みたいに現物探しに行くワクワク感はもう無いですよね。そりゃレコード会社も潰れますって。

以前から公言してる様に、本当にCD販売が無くなったらもう音楽は買わなくてもいーやって事になると思います。持ってるCD全てレビューしたらこのブログも終焉ですね(笑)。まあ、まだまだレビューしてないのも結構あるから暫く先の話になりそうですけど。

2018年07月30日 03:44

コメントの投稿