FC2ブログ




最近は、歌の上手いボーカリストという人達がどうしても大御所とか中堅のミュージシャンばかり取り上げられて、歌が上手い若いボーカリストが余り知られていない感じがする。私がHM/HR系で歌の上手いシンガーといって思い付くのはロニー・ジェイムズ・ディオやグレン・ヒューズ、(昔の)デヴィッド・カヴァデールやグラハム・ボネット、クラウス・マイネやダニー・ボウズ...と名前を挙げるだけでも既にキャリアを重ねた人達ばかりになってしまうし、HM/HR系以外のボーカリストとなると更に大御所や超有名なボーカリストが挙がる事になると思うし。

そんな事を思いながら、今私が思う歌の上手い若いボーカリストは?という事で、以前2ndアルバムをレビューしたネイサン・ジェイムズ率いるイングロリアスのデビューアルバム「INGLORIOUS」を今回はチョイスした。発表は2016年。

元々ネイサン・ジェイムズはマイナーバンドで活動して自主制作でカヴァーアルバムを作ったくらいのキャリアしかなかったけど、ウリ・ジョン・ロートのツアーメンバーに抜擢されてメジャーに昇格したのは良いけど、既にイングロリアスの活動を念頭に置いてたみたいで途中でツアーを離脱したのを機にアルバム製作に着手したという話みたい。
このアルバムで聴けるネイサンの歌唱力は、新人ボーカリストというよりは既にキャリアを積んでる様な堂々とした歌いっぷりで若いバンドとは思えないほどの完成度だと思う。2ndアルバムのレビューでも書いたけど、デヴィッド・カヴァデールとグレン・ヒューズの良いトコ取りの様なスタイルはディープ・パープルが好きな人は勿論、クラッシックロックが好きな人にも十分アピール出来るモノかと。

音楽性も古き良きブリティッシュハードロックを継承するスタイルで、今のバンドらしく幾分重いリフを基礎としたラウドロックっぽい雰囲気も感じさせるけど、古典的なHRを現代的な解釈でプレイするスタイルは正に私好みのサウンドで満足。まだ全然キャリアも浅いのにバンドとしては成熟したモノすら感じさせるバンドというのも珍しいかと。
インナースリーヴに書かれてるけど、このアルバムの録音時にはそれぞれ個別に録るのではなく全員が同時にクリックなしでプレイし、ボーカルのピッチ調整もオーヴァーダブもなしで録られたらしい。確かにドライブ感に溢れてる感覚はこれが理由なのかも。

お気に入りはPVも作られた「UNTIL I DIE」や「UNAWARE」、ディープ・パープルみたいな疾走感が心地良い「BREAKAWAY」、元メガデスのアル・ピトレリが曲作りに参加しているブルージーな「HIGH FLYING GYPSY」や「HOLY WATER」が好みかな。

ここ日本ではこのデビューアルバムは殆ど話題にならなかったけど、2ndアルバムが翌年に完成した事から活動はまずまずの様で私的にはこれから期待の掛かるバンドの一つかと。
私は偶然ネットでその存在を知ったけど、ホントに良いバンドを見付けられて良かったと思う。既にキャリアの長いバンドはこれから先の活動は先が短いしいつ活動を終えてもおかしくない状況の中で、こういった古き良きHRを現代に継承するバンドがいる事は実に頼もしい存在かと。早く新作が聴きたいぞ!


「UNTIL I DIE」


「UNAWARE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MUSIC FOR THE DIVINE / GLENN HUGHES (2006)

CALIFORNISOUL / SUPERSONIC BLUES MACHINE (2017)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

私も上手いVoさんって言われると全く同じ大御所の人達がまず思い浮かびますね(笑)、デヴィッドさんのところに(昔の)ってつけられてるのを見て思わず笑っちゃいましたが・・・。

イングロリアスに関してはフロンティアーズから作品を出してるって事で気にはなってたんですけどまだ全部通して聴いてないです(確認するとSpotifyに入ってたのをフォローして聴くのを忘れてました、なにしろ聴く時間が無くて・・・)、確かに凄い上手いVoさんで改めて聴くとハマっちゃうかもしれませんね。

私もそんなに若いVoさん沢山知ってる訳では無いですが、最近一番「この人やばいなぁ」って思ったのは再々・・結成レインボーでも歌ってるロニー・ロメロさんがゴットハードの曲を歌ったCORE LEONIのアルバム聴いた時でしょうか、ちなみに再々・・結成レインボーはあまり興味が無いというか、マトモに聴いてません。

https://www.youtube.com/watch?v=s61JQNdry0o
https://www.youtube.com/watch?v=2Z-f-aibPS0

2018年09月05日 20:39

comment avater

K.A.E.

デヴィカヴァさんに関しては、昔の白蛇路線の様なスタイルの方が今の年齢にしっくり来ると思うんですけどね。サーペンスから続くHR路線は、もう高音も出ないし逆に時代遅れっぽく感じます。今のHR路線を期待しているファンも多いんでしょうが、それこそ原点回帰でキャリアを締め括った方が有終の美を飾れるかと...

そーいえばロニー・ロメロがいましたね。確かに上手いシンガーですが、何か楽曲に恵まれてない気が...私も今のレインボーの音には興味がないんで(というか、レインボー自体余り聴かないという)地味な印象が拭えないんですよね。
そーいや、ラスト・イン・ラインのアンドリュー・フリーマンも良いシンガーですね。そろそろ2ndアルバムも出てくるんでしょうから楽しみかと。

イングロリアスもホントに良いバンドですよ。2ndアルバムにライブDVDが付いてるんですが、最初は観客も余り盛り上がってないけど徐々に受けてきて、最後にはそれなりに反応もらってるのは良いバンドの証明かと。ライブDVDを観たかぎり、演奏がまだまだ荒い部分もありますが次作が楽しみなバンドの一つである事は間違いないですね。

2018年09月07日 05:51

コメントの投稿