FC2ブログ




ネットで注文してたモノがなかなか届かないでヤキモキしてたのだけど、ようやく届いて一安心。
その中の一つ、グレン・ヒューズ初のムック本「ザ・ライフ・オブ・グレン・ヒューズ」が素晴らしい内容でちょっと感動。¥2400(税抜き)とムック本にしては高額だったけど、私はグレンのファンだから問答無用で買ったらここまで濃い内容だったとは正直思ってなかった。ヒストリーやディスコグラフティー、参加アルバムや機材などが網羅されており、過去のインタビューやコラボしたミュージシャンなどもフューチャーされている。知らなかった話も結構明かされているし、こういう話を知るとかなり波乱万丈なミュージシャン人生だったんだなと改めて驚くし、また80年代の殆どをドラッグ癖でキャリアを棒に振った事が残念でならない。

グレンのファンがここ日本にどれだけ存在するのか分からないけど、こういうムック本が発売されるとは思わなかったし、しかも内容がここまで濃密に記されているモノだとは思わなかったんで久々に買って良かった本でした。この本を御大本人に渡したら凄く喜んでくれるんじゃないかな?

そんな御大の2006年発表の「MUSIC FOR THE DIVINE」を今回はチョイス。
前作「SOUL MOVER」が、御大にとって自身の納得出来る方向性を見出した作品である事はグレンのファンなら周知の事実だけど、ここまでの道のりはホントに長かった。ソロアルバムでは完全にR&Bスタイル、復活作だった「FROM NOW ON...」ではAORスタイルの北欧HR、続く「FEEL」でまたR&Bスタイル、「ADDICTION」ではヘヴィロック...と様々なスタイルを展開しており、ファンとしては何でも歌えばグレン・ヒューズなんだろうけどこう何度もスタイルを変えると結局は何がやりたいの?という事になってしまう。

私は「ADDICTION」期の日本公演を観てるけど、この時のライブは「ADDICTION」やディープ・パープルの楽曲は勿論、トラピーズやヒューズ/スロールの曲なども飛び出してそれまでのキャリアを振り返る様な内容だったので非常に面白かった記憶がある。以前から言ってる様にパープルナンバーはもういいって思ってたけど(笑)パープル期からのファンはやっぱ外せないんだろうなあ。

それはともかく、前作で示せた方向性を更に突き詰めたのがこのアルバムの特徴かと思うけど、前作との違いが決定的なのがサウンドプロダクション。前作は濃厚なヘヴィグルーヴが全体を占めていたのに対し、このアルバムではかなり淡白な音作りになっている。これだけで前作とは印象が大分変わったと思うし、最初聴いた時は随分あっさりしてるなあ~と感じたくらいなので地味な印象だった。

また楽曲の幅も、前作同様ファンク色の強い楽曲の中にアコギをフューチャーした「THIS HOUSE」や「FRAIL」、「THE DIVINE」みたいな楽曲が入ってる事から前作よりも少しだけ間口を広げた感じなので、人によってはこのアルバムの方が聴き易い印象があるかも。
御大と一緒に共同プロデュースしているレッド・ホット・チリ・ペッパーズのドラマー:チャド・スミスの影響なのか、レッチリっぽい雰囲気がちらほら感じられるのも前作にはなかった展開だし、同じバンドメンバーだったジョン・フルシャンテもゲスト参加しているのも影響ある感じがする。
このアルバムでのお気に入りは「BLACK LIGHT」と「TOO HIGH」。どちらもお得意のファンキーなHRでグレンのシャウトも実に心地良い。

続く次作でも同路線を踏襲している事から、前作と今作を併せてトリロジー的な意味合いを持つらしい。前作や次作が気に入ったなら勿論今作も必聴なのだけど、前作や次作の方がメリハリのはっきりしている音像なので、アルバムジャケットも含めやはり地味な印象は拭えないかな?でも実に御大らしい作品である事は間違いないけど。


「BLACK LIGHT」


「TOO HIGH」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE ROCKFIELD FILES / FROST* (2014)

INGLORIOUS / INGLORIOUS (2016)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

グレンさんのムック本買っちゃいましたか!、シンコーミュージック(ヤングギター)さんのこの手の本って沢山出てる上に凄く高いですよね~、私はちょっと購入はしてなかったんですがそんなに絶賛されると欲しくなってしまいますよ~。

グレンさんのこのアルバムは謎なジャケが印象に残ってます(笑)、確か購入してなかったと思いますが、これご紹介されてる曲を聴く限りではかなり良さそうですね、ファンキーなやつも大好物なんでこれは聴いてみたいです。

あと、確かにこの人は薬で80年代ほとんど棒に振ったみたいな感じで惜しいと思いますが、サバスでアイオミさんと素晴らしい作品を残してくれたのには感謝してます。

2018年09月05日 20:54

comment avater

K.A.E.

いやホント、このムック本は過去のミュージシャン本の中でも最高ですね。アルバム毎の解説は勿論、当時のインタビューや関連ミュージシャンの供述、あとグレンの参加アルバムは数多いから網羅されているのは凄い記録かと(それでもマニアには「違う」と指摘されてましたが/笑)。ゲイリー・ムーアとの確執や仲直りの真相とか、ヒューズ/スロールの解散の原因とか、当時のドラッグ依存症の話とか(当時の主食がベーキングパウダーにコカインを混ぜた固形物をアルコールで流し込む...って、逆によく生きてたなって)知らない話が多いのがまず興味深いし。
あと写真が良いのが多いですね。DP時代のデヴィカヴァさんと一緒に写ってる写真が、数年前の白蛇でのライブで共演した動画と併せて見ると感慨深いモノを感じます。

このアルバムは、グレンがようやく自身の路線を確立した時期ですから悪くない訳がないですね(ファンの贔屓目だから説得力無いですが.../苦笑)。まあいつもの如くDP路線を期待してる人にはお薦めしませんが、ファンキーなHRが好きな方には受け入れられる音ですね。

そういや、アイオミさんももうブラック・サバスのしがらみは無いのだから、色々コラボして欲しいですね。勿論グレンともまた一緒にやってほしいですが、個人的にはめっちゃ仲の良いブライアン・メイと一緒に何かやってほしいですね。

2018年09月07日 06:23

コメントの投稿