FC2ブログ




この時期、何処も彼処も決算時期なのかネットを覗いてるとセールばっかやってて、どれどれ~とチェックしてアレもコレもと手を出してしまう(苦笑)。お金を使う様に上手く仕向けられている気がしてるけど、実際にそれに乗ってあれこれ買ってる私自身が一番のカモだったりするんだろうけど(笑)。
CD屋も軒並み値下げばっかで、タワレコやディスクユニオンで見付けてはポチってるんで暫く聴くモノには困る事はないのは嬉しい悩みだけど、今月はマリリオン2デイズがあるんでセーブしなきゃ...と言いつつも、またライブ行った時にCD屋覗いて買ってるんだろうな(爆)。

今回のお題のフロスト*も、今のウチに買っておかないと直ぐに廃盤になってしまうんで慌てて予約した何とか買えたんだけど、このバンドは発売されると直ぐに在庫がなくなるから大元もプレス自体が少ないんだろうなあ...。
ってな訳で、フロスト*のスタジオセッション盤「THE ROCKFIELD FILES」を今回はチョイス。発表は2014年。

2014年発売で、先述にもある様に直ぐに在庫がなくなって廃盤となったモノが何故今購入出来たのかというと、7月に限定で再発されたモノだから。この情報を何気にタワレコで知ったので発売前に予約入れたんだけど、タワレコってモノによっては発売後に在庫を確保するみたいで、実際にこのアルバムも発売日過ぎても一向に届く気配がなかったんでちょっと冷汗モンだった(苦笑)。マーキー/ベルアンティークのサイト見ても発売日は変わってないのに、アマゾンでは直ぐに再入荷の見込みは分からないって出てるし、タワレコでも発売中になってるけど届かない...キャンセルになったらシャレにならんぞ!と思ってたら約2週間後に無事届いて何とか一安心。

このアルバムは2ndアルバム発表後、バンド自体が活動停止となった数年後に突如3rdアルバム作るよ~と宣言したのは良いけどなかなかリリースされない中、いきなりスタジオセッションの模様を収めたDVDがCDと同梱で発表されたモノがこのアルバム。
バンドは以前2009年にアメリカでライブ行なった時の模様を収めた「THE PHILADELPHIA EXPERIMENT」というライブDVD+CDを発表してるけど、今回のモノはあくまでスタジオセッションの模様なので通常のライブとはまた違うスタイルのモノ。
なので、演奏自体は観客不在のスタジオ内だからライブ盤と比べるとキレが違う印象を受けた。メンバーそれぞれ敏腕ミュージシャンの集まりなので映像観てるとさすがと唸ってしまう。

キーボード/ボーカルのジェム・ゴドフリーがこのバンドの中心人物だけど、一番有名なのは再結成イット・バイツでフロントマンを務めてるジョン・ミッチェル。彼のプレイはやはり目を引いてしまうのだけど、イット・バイツやソロ作の曲を聴いた後にこの演奏を聴くとやはりジェムが楽曲の全てをコントロールしてるのがよく分かる。”やらされてる”というのとはまた違うんだけど、ジェムの頭の中のイメージをそのまま他のメンバー達が作り出してるという印象が強い。
リズム隊も素晴らしいプレイで、特にベースのネイサン・キング(レベル42)のプレイが良い味出してる。再結成イット・バイツでもアルバムではプレイしてるけど、他の仕事が忙しいのかライブでは不参加だったのでどんなプレイヤーなのか興味あったけどここまで上手いプレイヤーだとは思わなかったな。

この時点ではまだ3rdアルバムは発表されてなかったので当時は新曲扱いだった「HEARTSTRINGS」が他の楽曲と比べると幾分ヘヴィに聴こえるけど、3rdアルバム前に聴いてたら期待度を煽る感覚だったのかな?と思う。まあ実際3rdアルバムは素晴らしい出来だったんで間違ってはいないと思うけど。あと後半2曲に入ってる、これまた当時新曲扱いだった「LANTERN」もアコースティックセッションとして収録。

なかなか活動状況が見えないバンドなんで、こうして映像で観られるのは凄く貴重なんだけど、収録曲が計8曲というのは物足りない。まあ「MILLIONTOWN」が20分超えの曲なんで少なくなるのは仕方ないんだけど、だったら2枚組にしてよと言いたい(でも値段が上がるか/苦笑)。

今のトコ、バンド側はまたライブ盤の製作と4thアルバムの製作をするというコメントを出してるみたいだけど、まあこのバンドはホントにジェムの気分次第でコロコロ変わるので期待半分で気長に待ってるとしよう。それまでは本作を含めた過去作で繋ぐけど、今でもヘビロで個人的には大傑作だった3rdアルバムを超える事は出来るのだろうか?


「HYPERVENTILATE」


「HEARTSTRINGS」

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TUNGUSKA / TREAT (2018)

MUSIC FOR THE DIVINE / GLENN HUGHES (2006)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

この前の土日にライヴで大阪に行ったんですが(台風が2日遅れてたら帰ってこれなかったかも・・)その時タワレコとか寄ったらホントに在庫が少なくなってて、10年くらい前は1日中でも居られるって思ったのに1時間くらいで出て来ちゃいました、お客さんもあまり居なかったし・・・、CDショップは思ったより衰退してるな~って。

それはさておき、このフロスト*に関しては黒いジャケに*マークのあるアルバムは持ってた記憶があるのに改めて聴こうと思って探しても見つかりません、ジャケが地味だったんで売った中に紛れてたのかも・・・。

あと、ここのベースってレベル42の人だったんですか!。

2018年09月05日 21:05

comment avater

K.A.E.

そーですよね、アキバのタワレコなんて昔はフロア半分以上あったのに、今じゃ一角で細々と申し訳なさそうに営業してる感じですし。新宿タワレコは暫く行ってないんで現状は分かりませんけど、やっぱ少なくなってるんだろうなあ...

フロスト*は個人的には3枚全てお気に入りなんですが、その黒いジャケは2ndアルバムですね。良い曲多いんですが、この時は専属ボーカルがいた時期で音楽性も1stとはちょっと違う雰囲気だったので、1stが気に入ってた人達にはちょっと期待外れだったみたいです。
ホントにジェム・ゴドフリーの気分次第で活動が決まるバンドなので、メンバーも結構流動的で今もネイサン・キングが在籍してるのかは分かりません(このアルバムも2014年ですからね)。因みにレベル42ではベーシストではなくギタリストですよ。

2018年09月07日 06:41

コメントの投稿