FC2ブログ




マリリオンロスから1週間、ずっと彼等の音楽ばっか聴いてたんでそろそろ別なモノを...とチョイスしたのが同じ英国出身のフランシス・ダナリーのイット・バイツ:セルフカヴァー集「VAMPIRES」。発表は2年前の2016年。

元々このアルバムは買うつもりなかった。何故なら、幾らバンドの顔だった人のセルフカヴァー集であってもオリジナルが大好きな人間にとってはオリジナルを超える事は到底無理だと思ってたし、このセルフカヴァー集の話を初めて聞いた時は即座に「何を今更」という感覚で一杯だったし、長年過去を否定し続けた人がセルフカヴァー集を作るって事はお金に困ってるのか?とすら思ったくらいだ。

そんなアルバムを先日ディスクユニオンのセールにて未開封品が安くなってたのを機に、この金額なら買ってみようかな?と結局手を出してしまった訳だけど、結論からいうと意外と悪くないというのが本音だった。
過去3枚のアルバムがどれも大好きで、30年以上経ってる今でも未だに聴いてる始末なんでちょっと斜に構えてた部分もあったと思うけど、もし今現在もオリジナルメンバーのバンドが存在していたのならこういう音になってたのかな?と思わせる部分が非常に感じられて興味深かった。

他のバンドがこういったセルフカヴァー集をリリースした時に感じられる”当時とは違う、落ち着き払った演奏”というモノをこのアルバムでも十分に感じられるんだけど、それはフランシス自身のボーカルスタイルや演奏もそうだし、オリジナルメンバーではなく外部のプレイヤーがプレイしている事もあって音や演奏が違うのが大きな要因かと。特にジョン・ベックが担ってたキーボードの音が派手で装飾過多だった80年代当時の音とは全然違う、むしろ逆に地味に抑えた演奏が印象を大分変えている感じだ。この辺が今回のアルバム作りのポイントだったらしく、エコライザーやエフェクトに頼らないで大きな音で聴いてもストレスを感じない自然な音作りを心掛けたという。ここが従来のファンの評価の分かれ目だと思うので、バンドに思い入れの無い人にはこのアルバムの方が好きなのかも知れないかな?

また演奏自体も当時の楽曲そのままプレイしている訳ではなく、ちょこっとアレンジを変えたり歌詞を付け足したりと少し工夫が施されているのが新鮮に聴こえる。「THE OLD MAN AND THE ANGEL」や「NEVER GO TO HEAVEN」なんかはライブ時のアレンジを加えたモノになっているし、「ROSE MARIE」や「STILL TOO YOUNG TO REMEMBER」なんかは若干違うフレーズを加えている。
インタビューでは「過去の未完成な部分を完結させて次に進みたいと思った」なんて語ってるけど、幾ら何でもそれを約30年後にやる事はないんじゃないかと(苦笑)。
またバンド時代には完成されてたけどそのまま封印されてた「FEELS LIKE SUMMERTIME」が今回ようやく初お目見えになったのは素直に嬉しい。何時だったかフランシスのHPで無料ダウンロードされてたのを聴いて気になってたはいたのだけど、当時のアルバムには余りフィットする感じではなかったから未発表になってしまうのも無理はないかと思ったけど、こうして改めて聴くとリラックスして聴くには最適な楽曲で気に入りましたね。

選曲に関しては大体の楽曲が網羅されているけど、個人的に好きな「LEAVING WITHOUT YOU」と「BLACK DECEMBER」があれば良かったのにと思う。両方共ライブのアレンジが結構好きなんで、あのアレンジのままで音源残してくれれば...と思うと残念だ。
では今回のアルバムで何がお気に入りか?というと、こういうのが一番難しい(苦笑)。どれも好きな楽曲なんで甲乙付けられないのだ。強いてあげれば大作の「ONCE AROUND THE WORLD」や「THE OLD MAN AND THE ANGEL」、「STILL TOO YOUNG TO REMEMBER」や「NEVER GO TO HEAVEN」辺りはオリジナル同様に今回のプレイも結構好きだ。

さあ、もうコレで完全にバンドの呪縛から解かれた彼が次は何処へ向かおうとしてるのか?が次の興味の対象となる訳だけど、従来のアコースティック路線も結構頭打ちみたいなので、普通にロック作品へ戻ってきてくれるのを期待してるんだけど、この人はホントにファンの思惑から外れる事を平気でやるので(苦笑)少し不安でもあったりするのだけど...


「FEELS LIKE SUMMERTIME」(途中から)


「ONCE AROUND THE WORLD」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE BEATLES (WHITE ALBUM) / THE BEATLES (1968)

ALL ONE TONIGHT / MARILLION (2018)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

こんなアルバムを出されてるのは知りませんでした。
私的にはイット・バイツに関してはアルバムはいくつか持ってるものの、あまり深入りしてないのでこの人のソロ作通して聴いてませんでした、こういう状態なのでセルフカバーでも特に思い入れなく新作として聴けるかもしれませんね。

ちょっと気になって確認してみるとSpotifyにはこのアルバム入ってないようなので他のアルバム聴いてみました、K.A.E.さまの言われてる通り結構色んな事やりたがる人だな~って(笑)。
個人的に気に入ったアルバムは1991年の作品とLet's Go Do What Happensあたりでしょうか。

2018年09月24日 16:47

comment avater

K.A.E.

私もこのアルバムの存在はリリースの数ヶ月前に知ったくらいですよ。それ以前に活動状況が全く見えない人なので、表舞台に出てきた時には理由は何であれ「おっ!」となる訳で(笑)。しかもイット・バイツのセルフカヴァー集...と聞いた時は、最初嬉しさよりも嫌な感じしか残らなかったんですが(苦笑)見事払拭してくれましたね。

Spotifyにこのアルバムが入ってないのは配給がないからじゃないですかね?どーやら自主レーベルからのリリースみたいですし。
イット・バイツとソロ作の音楽性は別モノなのでちょっとお薦めするのが難しいんですが、ソロ作だと某音サンが聴いたその1991年作の「WELCOME TO THE WILD COUNTRY」と、1995年作の「TALL, BLONDE, HELICOPTER」、2001年作の「MAN」が私的なお薦めですね。
しかし「LET'S GO DO WHAT HAPPENS」を選ぶとはなかなか渋いトコ突いてきますね!(笑)

2018年09月28日 06:55

コメントの投稿