FC2ブログ




先日もちょっと書いたけど、ホントにHM系のアルバムを聴く事がめっきり減ってしまった。他に聴くモノが増えた事もあるし、単純に自分の好みが変わってきてるのかも知れないけど、以前ほどヘヴィでうるさい音楽を手に取る事が少ないのは自分でも不思議な気分かと。

なので、ウチにあるCDでヘヴィなモノを久々に色々聴いてたら最終的にここまで行き着いてしまいました。デヴィン・タウンゼンド率いるストラッピング・ヤング・ラッドのデビューアルバム「HEAVY AS A REALLY HEAVY THING」(邦題:超怒急怒涛重低爆音)を今回はチョイス。発表は1995年。

このアルバムを知ったのは...というよりはデヴィン・タウンゼンドを知ったのはこのアルバムから2年前のスティーヴ・ヴァイのバンド名義であるヴァイのアルバムでボーカルを務めた時だったのだけど、全くの無名で若いながらもここまでの強烈な個性を発揮しているミュージシャンも珍しいなあ~と関心し、しかもヴァイを始めT.M.スティーヴンスやテリー・ボジオといった一癖あるミュージシャン達と互角に渡り合ってるどころか、ギタリストの腕も確かなモノで他のメンツを食ってしまうパフォーマンスも当時ライブを観て驚いたくらいだった。

そのデヴィンが当時のインタビューにて「ヴァイで演ってる音楽と自分の演ってる音楽は全くの別モノで、その音楽性のギャップに相当苦しんでる」という主旨の発言をしてたのだけど、当時は本当に嫌気が差してたみたいで、周りにいた友人達がヴァイに参加した事で「セルアウトしやがって」といって離れていってしまい、それがデヴィン自身の心に相当堪えて重度の鬱状態になったと。原因となったヴァイ自身とも暫く不仲だったらしいけど(というよりはデヴィン側からの一方的な嫌悪感だったみたいだけど)現在はライブで共演出来るほどに回復したらしい。

そのヴァイのツアーで知り合ったザ・ワイルドハーツに助っ人としてツアーに参加したのを挟んで、ようやくS.Y.L.としてアルバムを完成させたけど、最初聴いた時はホントに驚いた。ヘヴィだという情報はインタビューで先に知ってたけど、それに加えてのインダストリアルスタイルだったとは思わなかったし。もっと普通のHMスタイルだと思ってたから、聴いた時は驚いたと同時にインダストリアル好きな私には嬉しくなったけど。

プロデュースがデヴィン本人なので最初っからこういう音作りにしたいという構想はあったのだろうけど、ここまで音を詰め込んでアグレッシヴに畳み掛ける構成はウォール・オブ・サウンドどころの話じゃないぞ...と(笑)。まあ、それは次作「CITY」で更に極めるのだけど、デビューアルバムとしては冒頭の「S.Y.L.」「IN THE RAINY SEASON」だけで掴みはOK!状態だったと思う。

惜しむトコは楽曲のクオリティに波がある事。パンテラをモチーフにしたであろう「CRITIC」もカッコイイんだけど元ネタがバレバレだし、インダストリアル系によくありがちな無機質なリズムを延々繰り返すスタイルの「THE FILLER-SWEET CITY JESUS」もちょっと退屈。まあ延々同じ様な楽曲で終わる構成にはしたくなかったんだろうなあという意図が見える気がするけど。
日本盤にはボーナストラックでジューダス・プリーストの「EXCITER」のカヴァーが収録されているんだけど、これが眉唾モノの出来で非常にカッコイイ!擬似ライブを演出してるトコも面白い。

この後デヴィンはオーシャンマシーン名義でプログレ風味のHMを演ったり、当時のメロコア勢をおちょくったパンキー・ブリュスター名義で偽物パンク(笑)を演ったりと、色んなスタイルで自身の音楽を楽しんでキャリアを築くのだけど、現在は個人名義に絞って独自の路線を貫いている。

残念ながらこのS.Y.L.もデヴィン自身が「怒りの矛先が見えなくなった」とかで結局解散してしまうのだけど、私的にはインダストリアル風味が強くなって更に音の密度が濃くなった次作までがベストで3rdアルバムで落胆させられたのが残念だったな。久々に聴いて、ここまで聴き手に好き嫌いをはっきりさせるバンドも珍しいな...と改めて思った次第だ。


「S.Y.L.」


「IN THE RAINY SEASON」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PATINA /RED DRAGON CARTEL (2018)

THE NAME OF THE ROSE / TEN (1996)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

HM系聴く機会が減ってますか~、でもまた聴きたくなる時が来ると思うので(実体験者)聴かなくなってもCDは売らないでおきましょうね。
この人の事を知ったのは多くの人と同じでスティーヴ・ヴァイさんのアルバムに参加してからなので、こういう音の作品を出されたのは驚きでした、CITYは買った記憶がありますが、そういえばこれは買ってませんでした。

2018年11月11日 10:00

comment avater

K.A.E.

今持ってるCDは余程の事が無い限り売る事はないと思います(ただ、場所が取れなくなったら少しは整理しなきゃイカンですけどね)。私がストリーミングに入らない理由もそれですしね。

デヴィンのこのアルバムは、本人がヴァイ時代のインタビューで詳細明かしてたのでそれほど驚かなかったんですが、あの若さでインダストリアルメタルの基盤を作っちゃってフィア・ファクトリーやフロント・ライン・アセンブリーなどと同じ土俵に立ったという事にビビりましたね。それでいて、他にも色んなスタイルのアルバムを別名義で出してたんですから奇才と言われるのも理解出来ますよ。
このアルバムのボートラに入ってる「EXCITER」のカヴァーは秀逸なんで、是非聴いてほしいですね。本家よりも好きなんですよ!
https://www.youtube.com/watch?v=6KRgqlRSVyg

2018年11月14日 06:38

コメントの投稿