FC2ブログ




先日、映画館で「ボヘミアン・ラプソディ」を観て来ました。
公開から4日目のレイトショーだったんですが、地方の映画館でしかも平日だったので客の入りは40人くらい。年齢層は高めでしたね、やっぱクイーンをリアルタイムで経験してる人達が観に来た感じかな。

正直言って、映画自体にはそんなに興味無かったんですよ。最初のフレディ役の俳優がブライアン・メイやロジャー・テイラーと揉めて降板したとかいう噂もあったし、監督も先の2人と意見が合わなくて交代し別の監督が務めるとかで製作がなかなか進まなかったので「どーなっての?」って感じだったし、ちゃんと映画が完成されたら単に観に行けば良いやという感じになってしまった。

ところが、実際に映画観たら思ってたよりも上手く作られていたなと感心した。時系列がズレていたけど、それは映画としての演出でドキュメンタリーではないからそんなに拘る事もないかと。実際の話が知りたければ本やドキュメンタリーも出てるからそれで確認すれば良いだけの事だし。メンバーの配役も許容範囲だったから違和感なかったし(似てないと文句付けるならメンバーのそっくりさんを挙げてくれ)クイーンを知らない世代にもすんなり受け入れられるんじゃないかと?ブルーレイ出たら購入決定ですね!

さて、そんな彼等の軌跡を収めたPV集「GREATEST VIDEO HITS 1」を今回はチョイス。DVDの発売は2002年。まだ東芝EMIが存在してた頃にリリースされてますね。何度も観てるお陰でジャケットがボロボロになってる(苦笑)。

クイーンの映像集はDVDになる前のビデオ時代に殆ど揃えてあったのだけど、ビデオデッキが壊れてしまったお陰でもう観れない。日本公演のヤツもロック・イン・リオもDVDに焼いておけばよかった...と後悔しまくりなのだけど、何故ブルーレイで販売しないのかが不思議だ。ウェンブリーのヤツなんてまだDVD売ってて、ブルーレイ出るまで買えないじゃんか。このPV集もブルーレイで欲しいのだけど、DVDなんでやはり今の画質に慣れてしまうと荒いのがマジで残念。そんなDVDがアマゾンで中古¥27000の値が付いてるのは異常かと。映画も大当たりしてるんだから、これに乗じてブルーレイ早く出して~!(余談だけど、フレディのドキュメントはアマゾンにて中古DVDが¥35000の値が!私なんか数年前ワーズレコードのセールでブルーレイ新品Tシャツ付きを¥600で買ったのに!!)

「GREATEST VIDEO HITS 1」というタイトル通り、前期~中期まで(FLASH GORDONまで)のPVを集めたモノで、基本的にはアルバム「GREATEST HITS 1」の楽曲に数曲プラスされたモノ。バンドのファンならお馴染みの映像集である。
私はビデオ時代散々観たモノなので今は余り観返す事はないけど、たまに観るとやはりテンション上がる映像集だと思う。一時期は「聴くモノに迷った時はクイーンを聴く」がパターンだったので、映像も合わせるとより楽しみが倍増される。

好きな曲はやっぱPVも良い...という事で、私が好きなのは「BOHEMIAN RHAPSODY」「KILLER QUEEN」「YOU'RE MY BEST FRIEND」「SAVE ME」「SPREAD YOUR WINGS」「PLAY THE GAME」「TIE YOUR MOTHER DOWN」辺りかな。「DON'T STOP ME NOW」も好きなんだけど、この曲は以前の会社で一緒だった小太りのヤツが下手なカラオケを歌ったお陰でその時の事を思い出してしまうのだ。ったく、余計なマネしやがって...

当時はまだMTVなんか影もカタチもなかった頃なのでそんなに凝った映像ではなく当時のライブシーンだったり、当時のTV収録のモノだったり、ちょっとした演出が入ってるモノだったりするので特出すべきモノではないのだけど、やっぱ「BOHEMIAN RHAPSODY」だけは当時のモノでも少し凝った作りになっている。「KILLER QUEEN」なんか当時のTV収録でしかも口パクだけど、フレディは心得ているのかリスナーを惹きつけるモノが十分に備わってるのがよく分かる。
「PLAY THE GAME」でフレディが例のヒゲで登場するけど、当時の人達は絶対に驚いただろうなあ。あからさまに”それ”を意識させるスタイルだし、疑惑が報じられてプレスの質問攻めにあってもこれじゃ仕方なかったと思うし。

映像的に凝って色々な事やってるのは「GREATEST VIDEO HITS 2」の方なのでそのウチ書こうと思うけど、たった10年近くでこれだけの楽曲を作って国民的バンドとなり、「GREATEST HITS」のレコードがイングランドの家庭の10件に1枚は置いてあるくらいの売り上げになったという彼等の軌跡を辿るには実に打ってつけの代物かと。改めて観直して、これだけの事をやってのけるミュージシャンが今の時代に不在なのがホントに寂しい限りだ。


「KILLER QUEEN」


「BOHEMIAN RHAPSODY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PRETTY HATE MACHINE / NINE INCH NAILS (1989)

TRUST / JADED HEART (2004)

comment iconコメント

comment avater

フライヤーズポンタ

映画、観られましたか。
私の周囲でも評判が良くって、職場ではQUEENの話題で持ち切りになってます。
自分もぜひ、劇場で観てみたいなって思っとります。

2018年11月22日 19:48

comment avater

グラハムボネ太郎

私は思いました

クィーンを好きで本当に良かったと!
映画そのものは大したことない(スマんです)が、やっぱり改めてクィーンを体感出来て本当に良かったです。
もう一度言います
クィーンを好きで本当に良かった!

2018年11月23日 06:49

comment avater

K.A.E.

ポンタさんの職場でも話題になってますか!クイーン世代がいるのか、クイーンを知らない世代なのか分かりませんけど、とにかく結構映画館には観客が入ってるみたいですよ。東京の方じゃ応援上映とかやってるみたいんで、そういうノリで一度観てみたいと思いますね(やっぱ「RADIO GAGA」で皆であのポーズ取るんでしょうか!?)。
観に行って来たら是非感想をブログにでも書いてください。

2018年11月24日 04:38

comment avater

K.A.E.

ボネ太郎サンみたいに「クイーンよ、もう一度」という世代と、クイーンを全く知らない世代がこの映画を観て相乗効果を生んでる様な気がしますね。日本ではキムタクのドラマで使われてたから、そのドラマでしか知らない人がこの映画観てこんなバンドだったのかと思うだろうし、リアルタイムで経験した世代は懐かしさも感じるんじゃないでしょうか?
私はブルーレイ出たら買うのでその時に改めて取り上げたいと思いますけど、最後のライブエイドのシーンで、ちゃんとピアノの上にあるペプシとビールが再現されている事に驚きましたね(笑)。あとボブ・ゲルドフは本人かと思いましたよ!

2018年11月24日 04:44

comment avater

某音楽馬鹿

やはり観に行かれましたか~、ここ最近の音楽関連(特に洋楽)の話題はこの映画一色ですよね(っていうのは言い過ぎか?)。
私も演奏シーンがそのまんまクイーンっていうのをネットで観て公式サイトでトレーラーとか見ました、特にファンじゃない人なら「そっくり!」ってなるし、Burrn!の記事やPVでクイーンを観てた人もぱっと見た感じが凄く似てますよね(アップになるとさすがにお前は誰だ!って思いましたけど)。

これをきっかけに若い人(笑)にもっと他のバンドも知ってもらえるような報道をマスコミさん達にはお願いしたいですね、ロック離れを防止するという意味でも。

2018年12月02日 20:36

comment avater

K.A.E.

私みたいにクイーン好き以外にも、バンドに思い入れの無い人も巻き込んでの大ヒットとなってるみたいですね。興行収入100億円達成か!?なんて言われてますが、そんな勢いが感じられるし主演のフレディ役の俳優さんがオスカー取るんじゃないか?とも噂されてますね。ホントに今のクイーン再評価は何か妙な気分ですが、それだけバンドが認められているという証拠でもありますよね。

ロックは世界的に終わったとされてますが、その終わった音楽の伝記映画がブイブイ言わせてるのは一体どういう事なんでしょうか?(笑)私のアタマの中は相変わらずロックばっかだし、今の時代を象徴するミュージシャンが不在の音楽シーン全体が悲惨な状況なんだと思いますよ。

思ったのは、これから他のミュージシャンも伝記映画が作られるのかな?という事。個人的には殿下あたり作って欲しいけど、元々謎の多い人なんで作るの難しそうかな?デヴィッド・ボウイはそのウチ作られそうな気がするけど...

2018年12月09日 06:18

コメントの投稿