FC2ブログ




フライヤーズポンタさんのブログにてユーライア・ヒープの事が書かれてたのを思い出し、そーいや最近新作出してたよなあ~と調べてYOU TUBEでチェックしたらなかなかカッコ良かったんで、ちょっと興味が湧いてタワレコで注文しておいたCDが全然来ないからそのCDをキャンセルして早速この新作を買ってみました。
という訳で、今回はユーライア・ヒープ通産25作目となる「LIVING THE DREAM」(邦題:桃源郷)をチョイス。

ユーライア・ヒープはそれほど詳しい訳ではなく、以前中古で3枚組のベスト盤を買って聴いてたくらいでそれほどハマらなかったのだけど(この件に関しては後に3枚組のベスト盤をチョイスした時に書こうと思う)この新作はそんなバンドに対して無知な私にでもかなり耳を惹く良曲が多く収められていると思う。
結成から50年近くも経っているのに未だにハードロックをプレイし続けるミック・ボックスにはホントに恐れ入るし、ただの懐古趣味に走ってる訳ではないバンドにも正直驚いた。熟練されたプレイに安定感がある上、躍動感に溢れている音が今のバンドを良い状態に保っているんじゃないかと感じたくらいだ。

ディープ・パープルを想起させる、オルガンとギターのユニゾンが心地良い疾走感溢れる冒頭の「GRAZED BY HEAVEN」(邦題:禁断の果実)に、どういう経緯で参加したのか分からないけどあのジェフ・スコット・ソートがクレジットされている。そのジェフの影響が殆ど感じられないのも凄いけど、この1曲でほぼ勝負あったといった感じだ。

こういった大御所バンドにありがちな”過去の名曲をプレイする為に新作をリリースする”という様な後ろ向きな姿勢が殆ど感じられない、むしろ”このアルバムの為にライブをする”といった様な攻めの姿勢が非常に魅力的に感じた。これが70過ぎた爺さんのいるバンドか?と、マジでカッコ良過ぎるだろ!!

全10曲と最近のアルバムにしては曲数が少ないけど、ほぼ全曲お気に入りで特に大作の「ROCKS IN THE ROAD」(邦題:前を向いて歩こう)の曲構成は威厳に満ちてて素晴らしい出来。国内盤には「GRAZED BY HEAVEN」と「TAKE AWAY MY SOUL」(邦題:不安な日々)の別バージョンが収録されているのだけど、「GRAZED BY HEAVEN」は前奏にオルガンソロが入ってるこっちの方がアルバムの冒頭に良かったんじゃないかと思う。
あと国内盤は全ての曲に邦題が付いてるのだけど、こういう昔のバンドのアルバムみたいに色々付けるのは今の時代にどうなんだろう?と思った。いつぞやのAC/DCみたいに無理矢理な感じもあるんで、こういうのはほどほどにしてほしいんだけどねえ...

しかし、ホントに恐れ入りました。バンドに思い入れの無い私だから絶賛してるけど、昔からのファンはこのアルバムをどう捉えているのかが逆に興味あるかも。少なくとも私は楽しめたので、そのうち過去作をリメイクしたアルバムとかここ最近の数作とかちょっとチェックしてみたくなりましたね。...しかし、この音でホントにビルボードでライブ演るの??チッタの方が良いと思うんだけど...


「GRAZED BY HEAVEN」


「ROCKS IN THE ROAD」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THREE LIONS / THREE LIONS (2014)

LIVE IN LONDON / IT BITES (2018)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

こりゃ傑作ですよね!

私も感動のあまりブログに書きました
http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-3421.html
よく考えたら、70歳を過ぎて凄いアルバムを作ったわけじゃないんですよね、ここ何作は本当に若さ溢れる躍動感あるハードロック。私は今のヒープにゾッコンです
一緒にユーライア ヒープを応援していきましょう!

2018年12月14日 10:51

comment avater

K.A.E.

何時頃からなのか分からないですが、随分とアクティヴな雰囲気がありますよね。今の若いバンドには出せない貫禄と威厳みたいなモノをこのアルバムから十分感じます。これでロックは若い人達のモノだけじゃないという事を立証しましたね(笑)。
しかし、未だにいるんですかね?ロックは若者の音楽だ...なんていう時代錯誤なヤツは(苦笑)。

2018年12月17日 03:39

comment avater

フライヤーズポンタ

ロックはおっさんの音楽です!!なんてね。

いやぁー、自分もヒープは70年代のバンドだと思ってた時期がありましたが、某音さんに最近のヒープを紹介されてぶっ飛んだ後追いオヤジです。
最近のヒープは本当に最高です。「Sea of Light」以降すべてのアルバムが最高ですから。別にCDで買わなくても、ストリーミングとかYouTubeとかで視聴できますよ。

ビルボードはないでしょう!!チッタの座席だってないと思ってたのに!!
「Acoustically Driven」をやるってんならわかりますが...。
そもそも、おじい様たちに二部公演も持つ体力があるんだろうか?

2018年12月19日 19:02

comment avater

K.A.E.

>ロックはおっさんの音楽です!!
いや、今の時代はそうなってきている感がありますよね。若い人(笑)は音楽自体を聴かないという話だし、聴いてもロックじゃなくEDMとか打ち込み系の音みたいですから。好きな音楽を聴けば良いとは思ってますけど、ロック界が盛り上がらないのは何か寂しい感じですよね。

「SEA OF LIGHT」も評価高いんですよね。この辺からだとハズレは無さそうですかね?
でも、このアルバム聴いて懐古趣味ではないのが驚きました。チッタ公演なら観に行っても良さそうだったのにビルボードだと萎えるんですよね。客層もいつものビルボードの観客とは違う雰囲気になりそうだし(笑)。

CDは国内盤を買ったんですが、輸入盤でTシャツ付き売ってるんですよね。そっちにそれば良かったかな...とちょっとだけ後悔。

2018年12月22日 03:42

comment avater

某音楽馬鹿

私は輸入アナログ盤を買ったので国内盤CDの帯は初めて見ましたが、邦題は「桃源郷」ですか~、曲名もしっかり邦題が付いてる事にレコード会社さんの本気を感じます、これ若者に売ろうとしてないですよね(笑)。
他の方も言われてるように今回の新作は凄くかっこいいです、メンバーがこれだけ交代してるのにまだファンが付いてきてるのはこの変わらなさだと思います。

私はバーニーさんがVoの時の作品を最初に聴いてそれから遡って昔のやつ聴きましたが、恐らく初期からのファンの人達もこの内容なら大満足なんじゃないかと思いました。

あと、Sea Of Lightは超おすすめです!。

2018年12月30日 14:43

comment avater

K.A.E.

「桃源郷」という邦題は良いとしても、他の邦題の無理矢理感はちょっと閉口ですよ(苦笑)。そういうノリが好きな方達がいるのも分かるんですが、もうちょっと何とかならないのかな?とは思いますね。

私は初期の彼等の楽曲を聴いても余りピンと来ない感じだったので、今の時代にこういう音はどうなんだろう?と疑ってましたけど、素直に謝りたい気分ですね。今の時代でも十分ハードロックしてるし”燻し銀”という表現がぴったりハマるイメージでカッコイイと思います。
チッタだったら来日公演も観てみたかったと思いますけどビルボードじゃなあ...ムサいおっさん共が集まる場所じゃなかろうに。

2018年12月31日 02:58

コメントの投稿