FC2ブログ




明けました。今年も宜しくです。
さて新年初めの1枚は、亡くなられて既に8年近く経って昨年トリビュートアルバムも発表されたゲイリー・ムーアの「AFTER HOURS」をチョイス。リリースは1992年。

ハードロックからブルーズロックに転身を図った前作「STILL GOT THE BLUES」が大ヒットしたお陰で、これに味を占めた御大が(笑)更にこの路線を推し進めたのがこのアルバムで、私はこれを最初に聴いた時は「ああ、もう御大はこれでハードロックには戻って来ないんだろうな」という寂しさを感じたモノだった。
そもそも前作がリリースされる前のインタビューでは「新作はあくまでも自分の楽しみで作ったモノだから...」と強調してたので1枚限りの企画モノかと思いきや、売れちゃったお陰でこの路線でイケるのかと調子こいちゃったんで(苦笑)ハードロック時代のファンとしては「そりゃねーよ」となるのは仕方ないかと。

でもまあ、御大もこのアルバムの時は40歳という事もあって、その時点でキャリアも既に長かったから今後の音楽性を模索するにはちょうど良かったのではなかろうか。いつまでもハードロックを続けられると思わなかっただろうし、売れない路線よりも自分のルーツに根差した音楽性で売れるならブルーズロック路線移行するのもアリじゃないかと思ったんだろうし。

前作では、タイトル曲に代表される様に御大のギタープレイも最大に活かされていて、ブルーズロックに詳しくなくとも聴き手を捻じ伏せる様な魅力に溢れた感じだったけど、このアルバムでは思ったよりそこまでの求心力は感じられない。だけど、前作にはなかったホーンセクションや女性コーラスなど様々なアレンジが施されているので、全体的な完成度は前作以上でこのテの路線が好きな人には堪らない作品かと。

私は聴いた時20代前半だったので、ブルーズロックに対する理解がそれほどある訳ではなかったけど、ギタープレイが相変わらず凄いので意外とすんなり受け入れられた。ただ、普段HR/HMを聴いてる人がこのアルバムにも手を出すというのも何か変な感覚で(笑)若造が調子こいて渋いロック聴いて悦に浸ってる的なモノもあったと思う。「STILL GOT THE BLUES」なんかそうだけど、あの曲を20歳そこそこの小僧が聴いてるのも傍から見て変な感じでしょ(苦笑)。どう考えても酸いも甘いも噛み分けた渋い大人が聴いてハマる様な音楽だし。

お気に入りは「STORY OF THE BLUES」や「SEPARATE WAYS」、「NOTHING'S THE SAME」などのバラードは相変わらず絶品だし、豪快なブルーズロックの「COLD DAY IN HELL」や「ALL TIME LOW」、枯れた雰囲気の「JUMPIN' AT SHADOW」が素晴らしい。

後にブルーズアルバムを連発する事になり、途中テクノロジーに触発されてデジタルとロックの融合路線に変えて、晩年はハードロックに回帰する様な発言をして実際に数曲作ってた矢先に急逝してしまったのはホントに残念だったけど、そのハードロック路線もまた封印して最後はやっぱこの路線で締め括りたかったのかな?とは思う。この音なら歳を取っても十分に説得力はあっただろうし、老人になった御大のプレイも聴いてみたかったな...と思うとホントに惜しい人を亡くしたと今更ながらに思う訳ですよ。


「STORY OF THE BLUES」


「ALL TIME LOW」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DESTINY / CHAKA KHAN (1986)

A SHOW OF HANDS /RUSH (1988)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

確かにこのアルバムは

凄くショックでしたね。
ハードロックの人のブルースアルバムではなく、ブルースの人になっちゃったという悲しみ。
ハードロックをやって欲しかった

2019年01月05日 04:33

comment avater

K.A.E.

ホーンセクションが入るだけで随分とイメージが変わるモンだな...と当時思いましたね。前作はまだハードロックっぽい部分があったんですが、このアルバムでは「今後はこれでやっていく」みたいな雰囲気でしたからちよっと寂しく感じたモノでしたよ。
でも、もし今も生きていたらハードロック復帰作品はどんな感じになってたのか興味がありましたね。

2019年01月08日 02:41

comment avater

某音楽馬鹿

売れたから続編を・・・っていうのはよくあるパターンだし、レコード会社の意向っていうのもあるかもですが、それ以上に当時この人こういう路線にノリノリだったんで好きな事してお金が入るなんてラッキー!くらいに思ってたんじゃないかと(笑)。

正直に言うとハードロック路線の時はあまりこの人のソロ作品は聴いてなくて、元シン・リジィの人・・・っていう認識でした、ワイルド・フロンティアは好きでしたけど次の作品はどうも苦手で・・・。

どちらかというとブルーズ路線の最初の2枚は凄く好きで、それ以降は流石にやりすぎ!っていう感じ?。

2019年01月26日 13:23

comment avater

K.A.E.

そりゃそうですよね、ルーツに根差した音楽性で憧れの大物ミュージシャンとも共演出来て気楽に作ったアルバムがそれまでのキャリアの最大の売り上げを記録しちゃったんじゃ、今までのは一体何?って事になるだろうし。でも、その活動を支えてたのはHRスタイルのファンだった訳だから、晩年にHRスタイルに戻って来たかったんじゃないかと思うんですよね。

この後にもブルーズスタイルのアルバムは数枚出してますけど、良い曲があってもマンネリ感は拭えなかったですね。そりゃ最初に「STILL GOT THE BLUES」みたいな曲出されちゃ次もそれ以上を期待されちゃう訳だしジレンマはあったんじゃないかと。私もこのアルバム以降だと「BACK TO THE BLUES」で止まっちゃいましたね。

2019年01月30日 03:27

コメントの投稿