FC2ブログ




いよいよチャカ・カーンが新作をリリースするという話ですね。
前作からかれこれ12年も経っちゃいましたけど、本人としては単に作品をリリースしなかっただけという話らしく、プリンスが亡くなったショックもあって自身の処方箋の中毒のリハビリに入って治療もしたという事でこの12年の間にも色々と思うトコはあったんでしょう...けど、さすがに12年は長いっ!!「FUNK THIS」がホントに素晴らしい内容だったんで、新作も期待したいトコです。今の時点では今年中にリリースという事だけでどのタイミングで発表されるのか分からないけど、早くリリースされないかな。

そんな訳で、今日は彼女の通産6作目にあたる「DESTINY」をチョイス。発表は1986年。

前作「I FEEL FOR YOU」の大ヒットのお陰でR&B界隈のみならず、一般チャートの人達にも歓迎されて知名度を一気に上げた彼女の新作という事で多いに注目されたけど、実際のトコはアルバムの内容と相反して思ったよりも成果を上げられなかったアルバムになってしまった。
「I FEEL FOR YOU」自体が、それまでの彼女のアルバムと比べてバラエティに富んでキャッチーさを増した作品だったので、このアルバムもその路線を踏襲して作られたモノだったけど、R&Bスタイルというよりはロックやポップサイドを意識した作りになっているのが従来のファンが違和感を感じたお陰でセールスが振るわなかったのかな?
しかし、そこは安定の歌唱力を誇る彼女、楽曲の良さも際立ってより華やかにゴージャスな作品になっている。発表された当時が1986年という事から時代を感じる音作りではあるけど、ホントに何で売れなかったの?と問いただしたくなるくらいの素晴らしいアルバムだと思う。

プロデューサーは前作と同じくアレフ・マーディン。この人が手掛けた作品に近い音を最も反映されているのが冒頭の「LOVE OF A LIFETIME」。この曲はスクリッティ・ポリッティのメンバーが作曲とプロデュースに絡んでいるので、まんま”スクリッティ・ポリッティの曲をチャカが歌ってる”といった趣きになっている。
また3曲目の「WACHING THE WORLD」は、タイトルでピンと来た人は凄いと思うけどMr.ミスターの楽曲。しかもギターがダン・ハフ、ドラムがフィル・コリンズという豪華さ。続く「THE OTHER SIDE OF THE WORLD」には、ジェネシスでフィルと同僚のマイク・ラザフォードが提供した楽曲。確かにマイク+ザ・メカニックスに近いノリを感じる美しいバラード。
他にもアルバム中最もロック色が強い「SO CLOSE」ではプロデュースにボー・ヒルのクレジットがあり、ギターにはレブ・ビーチが参加という意外な人選もある。

このアルバムが不発だった事が影響してるのかどうか分からないけど、この後チャカは低迷期に入ってしまって活動も地味になっていったのは残念。才能とセールスが必ずしも直結するモノではないけど、こんなに歌唱力がある人でもスランプがあるのは何だか不思議な気分。でも、私はこのポップなファンキーで聴いてて楽しいアルバムが大好きですよ。


「LOVE OF A LIFETIME」


「WACHING THE WORLD」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RIDE TO NOWHERE / INGLORIOUS (2019)

AFTER HOURS / GARY MOORE (1992)

comment iconコメント

コメントの投稿