FC2ブログ




昨年から楽しみにしていた、サンダーの新作「PLEASE REMAIN SEATED」が届きました。
国内盤は出ないのかな?とワーズレコードのサイトを覗いてたけど一向に発表する気配がないし、今回のアルバムは新作というよりは過去作の新録ver集なので対訳はいらないから国内盤に拘る必要はないな...と思い、さっさとタワレコのサイトで予約したんだけど、アマゾンの方では¥600も安かった...ポイント10倍の時に予約したからまだ救われるけど、それでも値引き率が違い過ぎるよなあ。
後で思ったけど、今回のアルバムのリリース元は新たに契約したBMGからなので、その関係で国内盤は見送られたのかな?

ともかく、過去作の楽曲から選曲して新たなアレンジを加えた作品となっているのだけど、今回購入したのは通常盤全12曲にボートラの全7曲が付属したデラックス・エディション盤。
またこの選曲が面白く、いわゆるグレイテストヒッツ的な楽曲ではなく、余り注目を浴びないアルバム収録曲にも日が当たってるのが実に素晴らしい。そうだよ、こうゆう”意外な選曲”でライブも攻めてほしいのに、何でライブはいつもの楽曲になっちゃうんだろうなあ...(独り言)
意外な選曲だったのは、2ndアルバムに収録された「A BETTER MAN」のBサイド曲だった「BIGGER THAN BOTH OF US」、1stアルバム収録の「GIRL'S GOING OUT OF HER HEAD」、3rdアルバム収録の「FUTURE TRAIN」、6thアルバムのボートラ収録曲だった「BLOWN AWAY」、10thアルバム収録の「MIRACLE MAN」など。

で、肝心のアレンジの方はいつものハードロック的なアプローチは皆無で、アコースティックを基調に女性コーラスやバックコーラスを多用した歳相当なバンドの渋いアレンジになっている。ジャケットにイメージされる様に古臭いバーで古臭い音楽を演っている様な雰囲気すら感じさせる音作りだ。

私みたいにバンドのファンだと楽曲が好きだからこういうアレンジもアリでやっぱカッコ良いなあ~とは思うけど、新規のファン層に向けた作品ではない事は確か。バンドを知らない人にいきなり聴かせるアルバムなんてとんでもないかと!(笑)やはりバンドの本質はハードロックだから、ちゃんとオリジナルアルバムを聴いた上でこのアルバムを聴くというのが正しい聴き方だと思う。
このアレンジで好きなのは「FUTURE TRAIN」「「I'M DREAMING AGAIN」「EMPTY CITY」「GIRL'S GOING OUT OF HER HEAD」「MIRACLE MAN」「「BLOWN AWAY」「LOW LIFE IN HIGH PLACES」「LONG WAY FROM HOME」などが良かったな。

しかし、このスタイルでライブとか演るのかな?まあいつものマンネリ化したライブよりはかなり新鮮で楽しめそうだけど、どうせ演るなら一度きりの限定みたいな感じで、後はいつもの豪快なHRスタイルに戻ってほしいんだけどな。ゲイリー・ムーアみたいに居心地が良くてブルーズスタイルに入り浸りみたいな事だけは勘弁。企画モノだからこそのアルバムであって、バンドの本質を表すモノではないとは思う。バンドのファンなら聴いて損はないアルバムかと。


「MIRACLE MAN」


「BLOWN AWAY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LUCKY DOG / CLIF MAGNESS (2018)

RIDE TO NOWHERE / INGLORIOUS (2019)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

サンダーの新作はデラックス盤買われましたか~。
今回は再録アルバムという事もあってアナログ盤にしようかストリーミングで済ませようかと迷ってますが、ストリーミングやアナログ盤は曲が少ないんですよね・・・、CDにするかもしれません。

再録という事と、初めに動画サイトに上がった曲の雰囲気からも分かるように渋く攻めて来てますね、ハードロックっぽいのを期待してた人には確かにアレだと思いますが、私は特に気にならなかったです。

2019年01月26日 13:11

comment avater

K.A.E.

通常盤とデラエディ盤の金額がそれほど変わらないし、多めに聴けるならデラエディ盤の方がお得ですよね。バンドのファンならデラエディ盤一拓でしょうし「RIVER OF PAIN」や「HIGHER GROUND」「LIKE A SATELLITE」がボートラ盤収録というのも魅力的でしょうしね。

でも、近年よくある”○○周年記念再録盤”とは一線を画すアレンジ違いverなんで、コレはコレで趣向が変わってて面白いと思いますよ。スタジオ盤と比べるのも面白いし、気分によって聴き分けるのも良いですしね。しかし、ホントにダニーは上手いなあ!!

2019年01月30日 03:41

コメントの投稿