FC2ブログ




正月明けてから結構忙しい日々が続いていて、休日は何かしら予定が入ってる始末...昨日・今日と連休だったけど健康診断の2次検診に引っ掛かってしまったのでその検査の為に2日間潰れてしまったし、次回の休日は車の修理で、その後は会社のメンツと合流...と色々詰め込みすぎ。ブログもちょっとまともに書けてないし。
お陰で音楽をまとも聴く時間がないけど、欲しいモノがちょこちょこ出てるんでタワレコ10倍ポイント時に予約しており、今日のお題であるクリフ・マグネスの新作「LUCKY DOG」が早速届いたんでチョイス。発表は昨年でした。

そもそもクリフ・マグネスって誰?って感じで、アマゾンでCDチェックしてる時にお薦め欄にこのジャケが出てたので調べてみたトコ、あのプラネット3のボーカルだった人との事。私はプラネット3に関しては勉強不足で、地味JAM尊サンのコメントにバンド名が書いてあったのを見て「ああ、あのリーバイスのCMの曲か!!」とそこで初めて知ったくらい(笑)。

しかもプラネット3のメンツがジェイ・グレイドンとグレン・バラードとこの人という、凄いメンツで構成されていたとは2度ビックリ。ジェイ・グレイドンはデヴィッド・フォスターとのエアプレイで有名だし、グレン・バラードはソングライターとして様々なミュージシャンに曲提供してるので名前はしょっちゅう見てる人という事で、このクリフ・マグネスだけがちょっと地味な存在になってるかな?まあ彼もアヴリル・ラヴィーンやスティーヴ・ペリーとの仕事でキャリアを築いてる人ではあるけど私は全くノーマークでした。

では、何故そのアルバムを購入しようかと思ったのか?というと、単純に視聴で聴いて素直に良い曲だな...と思ったからで、ちょうど今こういうスタイルの音楽が聴きたかったから良いタイミングだったと。
プラネット3がAOR的な作品に扱われているのでその流れにあるモノだと思ってたけど、実際にアルバムを聴いてみてAORというよりはメロディアスハードに近い作品だと感じた。「AIN'T NO WAY」のPVでのご本人の姿を見て、年齢を考えると正直いって弾けまくりだろっ!という感じだけど(御年61歳だそうだ)この年齢でも普通にロックしてるのはマジで最高!ボーカルも年齢を感じさせない素晴らしい声量の持ち主で、今まで彼の存在を知らなかったのがホント悔やまれる。

その「AIN'T NO WAY」、最初聴いた時はヴァン・ヘイレン+ナイトレンジャーみたいなスタイルでAORでも何でも無いじゃん!と思ったけど、「UNBROKEN」や「MAYBE」などのバラードを聴くとTOTOやシカゴみたいなAORスタイルが感じられて、しかも「LIKE YOU」や「ALL OVER MY MIND」などで聴けるコーラスワークなんかはキャッチーで透明感があるので聴いていて非常に心地良い。

そうそう、久々にこういう音が聴きたかったんですよ!新しい事を演ってる訳でもないし、ジャケットのダサさで非常に損してるとは思うけど(苦笑)昔ながらのメロディアスで聴き易いロックをお探しの方には是非手に取ってもらいたい作品ですね。プラネット3は勿論の事、プラネット3解散後にリリースされた1stソロアルバムもそのウチ聴いてみたいなあ。マジで恐れ入りました...暫くヘビロになりそう!


「AIN'T NO WAY」


「UNBROKEN」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WILLIAMS/FRIESTEDT / WILLIAMS/FRIESTEDT (2011)

PLEASE REMAIN SEATED / THUNDER (2019)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

いやいやいやいや

AIN'T NO WAYってプラ3と全然違うじゃないっすか。
こんな楽曲に合わせてグイグイいけるとは・・・相当驚きましたよ。
そのくせバラードはプラ3グレードアップって感じで。
こりゃ買い決定っすね。

2019年01月31日 01:27

comment avater

K.A.E.

いえいえいえいえ

本編でも書いてますけど”AORというよりはメロディアスハードに近い作品”...という事で、聴く前はプラネット3みたいなAORちっくなノリだと思ってたんですよ。まあバラードの「UNBROKEN」はモロにAORっぽいですが「AIN'T NO WAY」はまんまメロハーですよね。

しかし、買ってからずっと通勤時のBGMと化してますね。ホントに素晴らしいアルバムですよ。こういっちゃ何ですが、還暦過ぎたおじさんが演る音楽には思えません!(苦笑)カッコ良すぎ。

2019年02月03日 05:49

comment avater

某音楽馬鹿

私もプラネット3の事はよく知らなくて、94年のソロ作をなぜか持ってて(笑)名前を憶えてたのとフロンティアーズからの新譜情報でこのアルバムが出る事を知りました。
かなり買おうか迷ってたんですが、結局予算の都合でまだ買ってません。
Spotifyで聴くと良い曲ばかりで欲しいんですけどね~、大量に出るフロンティアーズ・レーベルの新譜を毎週買ってたらお金がたまらんので・・・。

2019年02月11日 21:06

comment avater

K.A.E.

プラネット3を某音サンも余り知らないって事は、余り有名じゃなかったという事なんですかね?日本じゃリーバイスのあのCM曲で有名ですけど、バンド名はそれほど浸透してなかったとか。まあアルバム1枚のみで解散じゃ知る人が少ないのも分かる気がしますけどね。

フロンティアーズ・レコードもホントにこういうのが大好きですよね(笑)。さすがに毎週買うまでのモノはないですけど、このアルバムは大当たりでした。御大の年齢が年齢だけに、出来るだけアルバム作ってもらいたいですよ...いかん、ファンになっちゃった?

2019年02月14日 04:14

コメントの投稿