FC2ブログ




以前、グレン・ヒューズのオフィシャルブートBOXセットをこのブログでも書いたけど、そろそろVol.2も発売されるらしい。この時にも書いたけど、オフィシャルと表記がありながらも音質はブートそのまんまというある意味潔い(笑)品物で、Vol.2が出たら何だかんだで買っちゃうんだろうなあ...と前回は締め括ったけど、やっぱ今回はパスしようかなと。
その理由として、今回のお題である「FROM THE ARCHIVES VOLUME 1 - INCENSE & PEACHES」が関わってくる。このアルバムの発表は2000年。

私もこのアルバムに関してはつい最近まで知らなかったんだけど、先日発売されたグレン・ヒューズのムック本が発売される前にたまたまディスクユニオンの中古サイトをチェックしてた時にこのCDが置いてあり、何だこのアルバム?と詳細を読んだらグレンのオフィシャルサイト限定で売られたというアルバムらしい。
まだ西新宿へ輸入盤漁ってる頃に、同じくグレンのオフィシャルサイト限定で売られたというクリスマスアルバムのCDが置いてあるのを見た事があって、クリスマスアルバムじゃ興味ないな...とスルーした記憶があったけど、多分その時期にリリースされたモノじゃないかと。
そのCDが今回のオフィシャルブートBOX Vol.2の1枚目に収録されるらしいので、中古CD買っちゃった後でまた買うのはちょっと気が引けるんだよねえ。現時点でVol.1が¥2000くらいまで値下がりしたので、ちょっと待っていれば下がるだろうからその時購入するかどうか決めれば良いかと。

内容はというと、グレンが1995年から1998年に録音した未発表曲やデモ音源を収めたコンピレーション集。時期的には「FEEL」と「THE WAY IT IS」の期間となるけど、注目すべきは「DOWN THE WIRE」「AGAINST THE GRAIN」「STONED」の3曲でリッチー・コッツェンと共作してる事。クレジットには「FEEL」時のセッションと明記されているけど、実際に「FEEL」ではリッチー・コッツェンは参加してない。多分、他の楽曲と印象が違うからアルバムに合わないと判断されたモノだと思うけど、もし実際に収録されたらファンキーなグルーヴのHR路線な楽曲は、R&B路線を打ち出した「FEEL」には絶対に合わないだろう。でも、この2人でファンキーなアルバム作ればかなり良いモノが出来るハズなのに、何故作らないかな~?

意外だったのは「LET'S GET TOGETHER」で、あのロイ・Zと共作してる事。ブルース・ディッキンソンやハルフォードのプロデューサーとして活躍してた彼が、まさかグレンと曲作ってたなんて全く知らなかった。ラテン風味が加わったファンキーな楽曲で1枚くらいアルバム作ってたら面白かっただろうなあ。個人的にはロイ・Zのプロデュース作品って何処かこじんまりとした音が余り好みじゃないんだけど、グレンとは結構相性良いのかも?と思わせる。

「THE WAY IT IS」の未発表曲は、アルバム全体がいつものグレンらしいファンキーなノリが希薄になってるお陰で異色作みたいな位置にあるので、ここで聴けるのもAORっぽかったりスムースジャズっぽい路線だったりしてかなり洗練された音となっている。こういう楽曲も別の一面を見てるみたいでこういうコンピ盤ならではで面白い。

どうせリリースするなら、いつものディープ・パープルの楽曲だらけのオフィシャルブートよりもこういう他ミュージシャンとのコラボや参加した楽曲のコンピ盤をリリースして欲しいんだよねえ。このアルバムだってVol.1と謳ってる訳だし。
特にグレンは色んなミュージシャンのアルバムに参加し過ぎて多すぎるくらいだから、それこそVol.2やVol.3なんて簡単に出せそうだけど版権の問題とかあるからそう簡単に...って訳でもないのかな?


「DOWN THE WIRE」


「DOUBLE LIFE」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BAD REPUTATION / THIN LIZZY (1977)

CWF / CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT (2016)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

グレン・ヒューズさんのムック本、買おうと思ってるのにまだ買ってないんですよね〜、先にシン・リジィのムック本買っちゃって・・・。
こういう本ってなんであんなに高いんでしょう?、それはさておき、この未発表曲集はちょっと気になりますね〜、入手は大変でしょうけど・・・って思ってたらSpotifyにありました、早速聴いてみようと思います。

2019年05月05日 14:40

comment avater

K.A.E.

ムック本が高いのはそれなりの歴史的資料を扱ってる訳だし、もう本人にインタビューが出来ないモノを復刻してそれらを一つにまとめたらこの位の金額って事じゃないんですかね?紙媒体も衰退を辿ってるから色々考えてると思いますが、こういう本は大歓迎です。但し、好きなミュージシャンしか買いませんけどね(笑)。

未発表曲集は好きなミュージシャンのモノなら気になるのは当然で、このCDは知らなかったから尚更でしたね。しかも出来は悪くないからちょこちょこ聴く様な感じになるだろうし。早くVol.2も出してほしいなあ。

2019年05月09日 04:37

コメントの投稿