FC2ブログ




そーいえば、このバンドの事について今まで書いてなかったですね。以前、廉価盤5枚組BOXセットを購入していたのだけど、思ったよりも聴いてなかったんで久々に手を出してみた。サウンドガーデンの3rdアルバム「BADMOTORFINGER」を今回はチョイス。発表は1991年。

当時はニルヴァーナの登場によって音楽シーンが様変わりし、続々とシアトル出身のバンドがメジャーデビューを果たしてグランジ/オルタナティヴというジャンルを確立した年であったけど、このサウンドガーデンもその”シアトル・ムーブメント”と呼ばれたバンドの一つだった。この当時の空気感をいち早く察知し、その音楽シーンをリンクさせた映画「シングルズ」という映画にオルタナ系のミュージシャンが出演していて、そこでクリス・コーネルが大根役者っぷりを発揮したのを初めて観たのがサウンドガーデンを知った切っ掛けだった(...すいません)。

で、初めて聴いたのがこのアルバムだったのだけど、当時は余りよく理解出来なかった。「RUSTY CAGE」のスピード感はめちゃくちゃカッコ良かったけど、その後の楽曲は何か至って普通に感じてしまい、当時はまだ80年代メタルをずっと聴いていた耳には地味で馴染めなかった。
勿論、その後色んな音楽を聴いて70年代ハードロックも好きになってよく聴く様な感じになってからこのアルバムを聴いたら、ようやくこのアルバムの素晴らしさに気付かされたという感じだった。要はその根本的な部分が全く分かってなかったんだろうなあ。

映画ではおどおどしてる雰囲気が顕著だった(苦笑)クリス・コーネルの堂々とした歌いっぷりが実にカリスマ性を感じさせるし、演奏陣の混沌としたヘヴィなリフを中心としたスタイルはブラック・サバス直系のドゥーム/スラッジのノリに近いかと。またスピード感のある楽曲ではガレージパンクっぽいノリを見せるのも面白い。
アルバム前半の隙の無い構成は見事で、後半は幾分スローダウンするノリもテンションはやや落ちるけど悪くない。お気に入りは「RUSTY CAGE」「JESUS CHRIST POSE」「FACE POLLUTION」「NEW DAMAGE」が好きだな。

しかし、この時期に出てきたシアトル・ムーブメントのバンド群はどれも違う音を出してて好き嫌いは抜きにしても結構面白かったな。ニルヴァーナ、アリス・イン・チェインズ、パール・ジャム、サウンドガーデンもまた然り...そして偶然にしては何か呪われてるとしか思えないボーカリスト達の死亡率の高さにも驚く。マザー・ラブ・ボーンのアンドリュー・ウッズを筆頭に、カート・コバーン、レイン・ステイリー、クリス・コーネルまでもが亡くなってしまうとは思わなかった。
ドラッグの影響で苦しんだ3人はともかく、クリス・コーネルは鬱が原因と言われているだけあって、もうちょっと何とかならなかったのかな?と思うけど、本人にしか分からない事情というのがあるんでしょう。傍から見ると、ミュージシャンとして成功して自分のやりたい事で生活出来るのに何で?という疑問しかないんですけどね。

特にこのバンドのファンという訳ではなかったけど、こうして久々にアルバム聴いてると実力は十分にあるミュージシャンだっただけに残念な気分になりますね。残してくれたアルバムは今聴いても十分通用するカッコいいアルバムだと再認識してますよ。


「RUSTY CAGE」


「JESUS CHRIST POSE」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

A HEART FROM THE BIG MACHINE / PLANET 3 (1991)

BAD REPUTATION / THIN LIZZY (1977)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

グランジは「曲が単調」なのかな?

クリス・コーネルは007の歌で「超カッコイイ」と思ったんですが、グランジブームの頃は「80’s漬の頭」には入ってこなかったっすね。今更ながら聞いてみると「パール・ジャム風味」感じますね。今度丸ごと聞いてみよっ。

2019年05月21日 02:13

comment avater

K.A.E.

グランジ自体はリフの繰り返し+サビみたいな楽曲が多いから単調に聴こえるモノが多かったと思いますけど、全部が全部そういう感じでもないんですよね。サウンドガーデンやアリス・イン・チェインズはブラック・サバスの様な重いリフが主体だったから単調になりがちでしたけど、両方共ボーカルの力量がそれを許さないみたいな感じで一味違うんですよね。で、ハマると抜け出せないという(笑)。
やっぱメジャーになったバンドはそれぞれ曲作りは上手かったと思いますよ。

サウンドガーデンはこのアルバムで興味持って次作でハマったんで色々と思うトコもあるんですが、久々に今聴くと何か新鮮な感じもするのが妙な感覚ですね。

2019年05月25日 04:09

comment avater

某音楽馬鹿

サウンドガーデンはもうすぐライヴ盤が出るようですね〜。
グランジ系ではアリス〜の次に好きなバンドでした、言われてるようにほとんど骨組みはハードロックなのでメタル者でも簡単にハマれる魅力があると思います(似た音に方向転換したバンドが大量発生したし)。
あと、一般的にメタルファンの間で悪者になる事が多い当時のグランジですが、音的には魅力がある音楽だったと思います、真似しても似合わないベテランバンドが無理に真似て失敗した事が一番ダメだったし、それを要求したレコード会社も問題かな・・・と。

2019年06月23日 16:32

comment avater

K.A.E.

本編でも書いてる通り、最初は余り理解出来ずにいたけど後に改めて聴いたらカッコ良かったという感じだったので、グランジ/オルタナの中でも優先順位はそんなに高くなかったですね。でも、今になってカッコ良さが分かってきたのはちょっと惜しいというか何というか...まあ、当時はアリチェンがダントツで大好きだったんでそれはそれで良かったんですが(苦笑)。

グランジが模倣される以前にも、何か流行りがあるとそれに乗っかってブームにあやかろうというのは音楽業界の最も悪い部分ですよね。それでどれだけのバンドが路頭に迷った事か...
大物ミュージシャンですらそういう部分に感化されるから一概には言えないですけど、”餅は餅屋”みたいなスタイルが長く活動出来るんでしょうね。思い浮かぶのはAC/DCやZZトップですが、彼等ですら時代の波に乗った時期もありましたけど根本的な部分は変わらなかったのはさすがだと思います。

2019年06月27日 04:16

コメントの投稿