FC2ブログ




プリンスの過去作が随時リリースされる...というアナウンスから、最初の3枚「RAINBOW CHILDREN」「3121」「PLANET EARTH」は既にCD持っているからスルーしていたのだけど、今回は1999年にリリースされた(当時の名義はTHE ARTIST FORMERLY KNOWN AS PRINCE)「RAVE UN2 THE JOY FANTASTIC」に、2年後の2001年に発表された「RAVE IN2 THE JOY FANTASTIC」、更に2000年に発表されたDVD「RAVE UN2 THE YEAR 2000」を組み込んだ「ULTIMATE RAVE」が発売されたので、今回はちょっとスルーする訳にもいかないので早速購入したので今回のお題はコレにします。

実は「RAVE UN2 THE JOY FANTASTIC」とDVDの「RAVE UN2 THE YEAR 2000」は既に持ってるので、新たなアイテムは「RAVE IN2 THE JOY FANTASTIC」のみなんだけど、「RAVE UN2 THE JOY FANTASTIC」は中古で安く買ったモノなのでまあダブっても良いかな?と思い購入。新たなジャケも「PURPLE RAIN」のリマスター盤同様に殿下の部分だけ光り輝いてるのがカッコイイ。

さて、まずは1999年に発表された「RAVE UN2 THE JOY FANTASTIC」。1999年といえば、殿下のファンならご存知の通り「1999」というアルバムをリリースしている事からこの年に何かアクションを起こす事は必然だったと思ってたけど、まさか「1999」をリリースした当時は殿下自身がレコード会社と揉めて改名するなんて本人も思ってもいなかっただろうなあ。しかも「1999」で歌われている様に”楽しくパーティーしようぜ”みたいなノリではなく、本人が子供を亡くして離婚してしまうという、歌詞とは対極な人生を送るとは...
なので、このアルバムも些かシリアスなモノになると思いきや、近年にはなかったポップで聴き易い雰囲気が全体を覆っていたのは正直意外だったのを覚えている。まあアルバムのタイトルが”人生を思いっきり謳歌しよう”という感じなのでシリアスな印象にはならないか。

この聴き易いポップな雰囲気は、1988年から10年間に断片的に録音しておいたマテリアルを再構築した結果で生まれたモノらしい。改名した時にリリースした「THE GOLD EXPERIENCE」もかなりポップで聴き易いアルバムだったけど、その後の「EMANCIPATION」が殿下本人が好き勝手に作ったイメージが強い作品だったので、このアルバムを聴いた時は「戻ってきた!」と喜んだモノでした。まさか次作でまたプリンス名義に戻るとも思わなかったけど、このアルバムが布石でもあったのかな?

またこのアルバムは参加ミュージシャンが多く、ノー・ダウトのグヴェン・ステファニーやシェリル・クロウ、パブリック・エネミーのチャック・D、また自身のバンドにはラリー・グラハムが加入してそれぞれ良い仕事をしているのもまた聴き所かと。シェリル・クロウの「EVERYDAY IS A WINDING ROAD」のカヴァーも収録されて(でもシェリル・クロウが参加したのは「BABY KNOWS」)、本編最後の「WHEREVER U GO, WHATEVER U DO」でしっとり終わるかと思いきや、最後にポップでファンキーなシークレットトラック(「PARTY MANPRETTY MAN」←誤植です。スイマセン!)が入って驚かされたけど、実に殿下らしいアルバムかと。

で、その2年後に殿下初のリミックスアルバムとなる「RAVE IN2 THE JOY FANTASTIC」を発表。これは普通に買えたモノではなく、殿下のファンクラブやライブ会場でしか買えなかった代物で、当然聴いたのは初。アルバム全曲をリミックスしている訳ではなく、しかも数曲はアルバムverよりちょっと長めのオリジナルverが収録されていて、「BEAUTIFUL STRANGE」という未発表曲が収録されている。「BEAUTIFUL STRANGE」はダークで余り殿下らしくない作風だけど、タイトル通り妙な雰囲気で意外と気に入ったな。

そして映像の「RAVE UN2 THE YEAR 2000」は、当時のDVDと特に変わらないので特出するべきでもないのだけど、ライブ自体は相変わらず茶目っ気たっぷりで勿論素晴らしい。過去のヒット曲もちょこちょこ散りばめながら、ゲストでザ・タイムとレニー・クラビッツが出てきて華を添えてるのが見所かと。またバンドに加入したラリー・グラハムとの息もぴったりで殿下と相性が良いのもよく分かる。

国内盤はちょいとお高めの金額だけど、輸入盤は半額くらいで買えるのでDVDの字幕なしで良ければ輸入盤で十分かと。この後のLOVE 4EVERシリーズも期待していて、次は「ORIGINALS」が発売されるけど、マジでそろそろ「CRYSTAL BALL」をリリースしてくださいよ。ホント、昔から待っているアルバムなんで早よ聴きたいんですよね。


「SO FAR, SO PLEASED」


「AMERICAN WOMAN」(with LENNEY KRAVITZ)
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MY SONGS / STING (2019)

A HEART FROM THE BIG MACHINE / PLANET 3 (1991)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

我が家には「カオス~」まで全部と「レインボー~」しかCDはないんですが、この「So Far~」とかいいですねぇ。個人的に「Lovesexy」辺りのアウトトラックみたいな雰囲気に感じました。買ってみよっかな。あっ、シークレットトラックの「パーティーマン」は「BATMAN」サントラ曲のアレじゃないっすよね。

2019年05月28日 01:28

comment avater

K.A.E.

シークレットトラック「PARTY MAN」→「PRETTY MAN」の間違いです。申し訳ないです!「PARTY MAN」は、「まだ終わりじゃないよ」の方でしたね(苦笑)。無意識のウチに文字打っちゃった?

私は「GRAFFITTI BRIDGE」辺りから余り追わなくなってしまい、その後ちょこちょこ集めてる最中に亡くなられてしまったので再発プロジェクトには期待してるんですが、何せ多作な殿下なので全部集めるのは至難の技でしょうね。マニアックな「THE VERSACE EXPERIENCE」なんかカセットだから買っても聴けないんで無意味だし...

「RAVE UN2 THE JOY FANTASTIC」は、中古でいいならブックオフの¥500コーナーでよく置いてあるのを見掛けるんで比較的手に入りやすいと思いますよ。一度YOU TUBEで数曲チェックしてみてからでも良いと思います。

2019年05月29日 04:46

comment avater

地味JAM尊

忘れてた

そーいえば「GIRL 6」サントラもありました。新曲少ないけど「まとめて殿下軍団」って感じでよく聞いてましたよ・・・って自分は結構NPG推しなのか?

ブクオフ2件見たけど「RAVE~」なかったんで、しばらく捜索しま~す。

2019年05月31日 01:28

comment avater

K.A.E.

「GIRL 6」ありましたねえ~。確かスパイク・リー監督の映画サントラだった様な?
そーいや先日「ブラック・クランズマン」というスパイク・リー監督の映画観たんですが、エンディングで殿下の未発表曲使われてましたね。いきなり殿下の声が聴こえてきた時はマジで驚きましたよ、聴いた事ない曲ですからね。

ブコフになかったですか?私の地元の方にはちょこちょこ置いてあるんで、入手は比較的簡単だと思ったんですが...以前書いた「THE GOLD EXPERIENCE」も最近じゃ結構見掛ける事も多いですよ。一時期はホントに置いてなかったんですが、再発プロジェクトの話題が出てから旧CD売る人が多くなっちゃったのかな?

2019年06月01日 04:44

comment avater

地味JAM尊

ないんですよね、これが。

「COME」より前までですね~。シンボルマーク時代だと「アルバム名」を「アーティスト名」と間違えて棚に入れられてることが大半だし(殿下アルアルっすね)。まあ気長に探します。

そーいえば、とちテレの「カミナリのチャリ旅」見てて
久しぶりに「ツインリンクもてぎ」の方に行ってみたいと思ったんですが
他に「面白そうな所」ありますかね?

2019年06月02日 01:12

comment avater

K.A.E.

ブコフではよくある光景ですね(笑)。幾ら洋楽を知らないとはいえ、アルバム名とミュージシャン名を間違えては本末転倒というか...

しかし、地味JAM尊サンの地元でとちテレですか?(笑)敢えて観る内容のモノでもないでしょうに(苦笑)。
ツインリンクもてぎの付近ですか?正直言って、あの辺には何も無いです!(断言!)何も無い場所だからこそあの様なレース場を作ったんだと思いますし。
強いていうなら”袋田の滝”があるくらいですが、あそこは駐車場で金取る様な場所でもないと思いますし、地元初の水族館(といっても淡水魚)”なかがわ遊水園”の前の池にいる大量の鯉にエサやると、とんでもない光景を目にするくらいしかないですよ(笑)。

そのまま水戸方面に行くと、運が良ければ今時珍しいヒャッハーなバイクのお兄さん達が走ってるのが観られるかも知れませんね(笑)。

2019年06月03日 04:57

comment avater

某音楽馬鹿

最近またプリンスさんの音源がたくさんSpotifyに出てて、密かに(別に隠れる理由はないですが)ちょっとづつ聴いてます。
この人に関してはまだまだ初心者?なんで語れませんが、今回紹介されてるレニー・クラヴィッツさんやその他大勢に影響与えた人なんだな〜っていうのは理解できました。
当時リアルタイムではほとんど聴いてなかった(っていうか出てきたらラジオとか切ってた)のでこれから頑張って聴かないと行けませんね。

2019年06月23日 16:15

comment avater

K.A.E.

まあ頑張って聴く必要はないと思うんですが(苦笑)やっぱ殿下は天才でもあったし、努力の人でもあったんだな...と最近思います。自宅のどの場所でも録音出来る様に機材を置いてあったという話で、バンドメンバーが「彼が曲を書くのは、歯磨きするのと同じ感覚」というのも納得出来る話ですね。そうやって楽曲作ってるんだから、ストックが大量にあるというのも分かる話ですよ。

先日、殿下が他のミュージシャンに提供した楽曲を自身がレコーディングしたモノを集めた「ORIGINALS」が発表されましたけど(コレは購入したんでそのうちチョイスします)逝去されても未だに音楽を聴く楽しみを与えてくれるミュージシャンってのもホントに珍しいと思いますね。

2019年06月27日 04:34

コメントの投稿