FC2ブログ




昨夜はサンダーの来日公演へ行ってきました。彼等のライブは7回くらい観てるけど、今回は前半はアコースティック編成のライブで座ったまま鑑賞、後半は通常のライブで立って鑑賞という珍しいスタイルだったのでかなり新鮮な気持ちで楽しめましたよ。
最新作にあたる「PLEASE REMAIN SEATED」と同じスタイルでの前半のライブは全9曲。setlist FMから拾ってきたセトリはこんな感じ。

1. Serpentine
2. River of Pain
3. Bigger Than Both of Us
4. Future Train
5. Blown Away
6. Girl's Going Out of Her Head
7. A Better Man
8. Empty City
9. Stand Up

「バンド結成3000年記念」と、ダニーのおやじギャグでリラックスした雰囲気から始まったライブはいつもと違う雰囲気で、楽曲の良さも十分引き出されていた。CDで今回のアレンジは既に聴いていたけど、やっぱ目の前で観るのはノリが全然違う。サンタナというサポートのキーボードプレイヤーを帯同していても地味になるかな?と思いきや、ダニーの声は十分張りがあったし、演奏陣にもシンプルでありながらもグルーヴがしっかり感じられるプレイが目を惹きつけた。この選曲で文句無しの構成。「EMPTY CITY」「FUTURE TRAIN」「BLOWN AWAY」がハイライトだったかな。
で、後半のリストはこんな感じ。

10. Loser
11. Higher Ground
12. An Englishman on Holiday
13. Once in a Lifetime
14. Pilot of My Dreams
15. On the Radio
16. Resurrection Day
17. Black Water
18. Love Walked In
19. Backstreet Symphony
20. I Love You More Than Rock 'n' Roll
Encore:
21. Play That Funky Music
22. Dirty Love

こちらはまあ普段と変わらないライブではあるけど(苦笑)意外にも「ONCE IN A LIFETIME」がプレイされたのがサプライズかな。この曲、何のアルバムだっけ?と家に着くまで気が付かなかったけど、最初のベスト盤に収録された曲で今回のお題である「THEY THINK IT'S ALL OVER...IT IS NOW」にも収録されている。あと久々に「ON THE RADIO」や「PILOT OF MY DREAMS」もプレイされたのが良かった...って、何だ結構セトリ変えて来てるじゃん(笑)。
個人的には「HIGHER GROUND」はもういらないんじゃないか?と思うけど、この曲入れるなら」「LIKE A SATELLITE」の方が良いなあ~とか、またいつもの「アレも聴きたい、コレも聴きたい」が始まってしまうので(笑)この辺で。でも、相変わらずダニーの盛り上げ方はさすがだな!と唸ってしまった。楽しいライブを今回も堪能出来ましたよ!

で、ライブの感想が長くなってしまいましたが、その余韻を楽しむ為にチョイスしたのが「THEY THINK IT'S ALL OVER...IT IS NOW」というライブ盤。発表は2000年。

このライブ盤はこの年に発表された最初の解散時のツアーでのライブを収めた2枚組で、確か10000枚限定で売られたハズ(私のシリアルナンバーは2245)。当時は手に入れられなくて、後でディスクユニオンで安値で手に入れたんだよなあ。国内盤はアコースティックセットの1枚分を曲数増やして「西暦2000年倫敦での“解散”アコースティック・ライヴ!!」という邦題で売られていた(ジャケの文字も”ACOUSTIC”と追加されている)。だけど、この国内盤はCCCDだったんで買わなかったんですよねえ。

1枚目は普通のライブ盤で1st~5thまでの楽曲で構成されている。当時のセトリなので特に代わり映えは無いんだけど、珍しいのは「UNTIL MY DYING DAY」が入ってる事と、「JUST ANOTHER SUICIDE」の後半で何とスティーヴィー・ワンダーの「I WISH」がプレイされている。あとチャリティシングルでカヴァーしたローリング・ストーンズの「GIMME SHELTER」が入ってるけど、コレはプレイが何かイマイチな出来。スタジオ版の方が全然良い。
ただ、このCDでの選曲切り替えがめちゃくちゃ。頭出しが歌が入る直前だったり、ミスなんだろうけど何でこんな作りになったのか理解に苦しむなあ。

2枚目はアコースティックライブの構成で、ここではオリジナル5曲(「STAND UP」「LOW LIFE IN HIGH PLACES」「THIS FORGOTTEN TOWN」「ONCE IN A LIFETIME」「A BETTER MAN」)の、カヴァー3曲という珍しい内容。
カヴァー曲はザ・フーの「PINBALL WIZARD」、カーペンターズの「CLOSE TO YOU」、ザ・キンクスの「LOLA」で、「CLOSE TO YOU」と「LOLA」はドラムのハリーがボーカルという、これまた珍しいパターン(しかも大ハリー・コールで迎えられているし/笑)。ハリーも何気に歌上手いんだよなあ~。
さすが地元でのアコースティックライブならではの観客との掛け合いが、これから解散するバンドって感じは微塵も感じさせない、気負わない雰囲気が非常に心地良い。因みにこのCDは普通の頭出しなので問題なし。

結局、この時の解散は一時的なモノで現在も順調に活動しているので、今度は是非今回のアコースティックライブも音源として残してほしいよなあ。ライブ盤が多い割りには、アコースティックものはそれほど出てないし。
現代では既にロックは死んだだの色々と言われているけど、そんな事はどーでも良いんですよ。古き良きブリティッシュロックバンドを継承するこういうバンドはホントに大切にしなきゃイカンですね。今回のライブ観てホントにそう思いましたよ。


「BLOWN AWAY」


「ONCE IN A LIFETIME」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新青年 / 人間椅子 (2019)

RENAISSANCE MEN / THE WiLDHEARTS (2019)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

サンダーのライヴ、お疲れ様です〜。
前半はアコースティックだったんですか!、30周年記念というのは聞いてましたが、こういうセットリストだとは知りませんでした、ひょっとして今回の来日公演はかなりレアなライヴだったのでしょうか?(行けばよかったかなって思ったけど例によって東京だけでしたね・・・)。
ライヴに関してはHPの方にも書きましたが、ライヴに行ったついでに大阪や広島の中古CDショップ回るのが楽しみだったのにCDショップが減ったのと香川に居ても通販で入手できたりして、旅費と宿泊費払って遠征するのがキツくなってきてる関係で今年もまだ0件だったりします・・・。

2019年06月23日 15:31

comment avater

K.A.E.

サンダーのライブは、本編でも書いてる通り”今回は”新鮮な気分を味わえましたね。ああいう形式のライブは余り前例を見ないんで、それをサンダーがやってくれた事に意義がありましたね。またいつか演ってほしいくらいですよ。

ライブは年齢と共に足を運ぶ機会は減りますよね。ここ数年はサンダーは勿論、マリリオンが2年連続来日公演実現させたり、スティーヴン・ウィルソンは観たかったのでチケット取ったりと近年稀にみるラッシュでしたけど、何より近年のライブチケット代の高騰が一番キツいですね。

お金に余裕がある時はライブに通うと思いますけど、今回のKISSみたいなふざけた金額ならもうライブには行かなくなると思います...って、要はそのライブに金額に見合った価値を見出すか!?って事なんですけどね。

2019年06月27日 05:15

コメントの投稿