FC2ブログ




今回は以前ディスクユニオンで未開封品¥1000で手に入れたスティーヴン・ウィルソンのミニアルバム「4 1/2」をチョイス。発表は2016年。

しかし、今でも彼のライブBDを観ては凄いライブだったな...と余韻を楽しむ事がしきりにあって、本当にライブを観て良かったと思えるのだけど、その彼が最新作「TO THE BONE」と前作「HAND, CANNOT, ERASE」の間にリリースしたのが本作で、全6曲しか入ってないのでミニアルバム扱い。タイトルは4thアルバムと5thアルバムの中間...という事でこのタイトルになったという。

ジャケの雰囲気が「HAND, CANNOT, ERASE」のMVに近いのでその頃に書かれた楽曲なのかと思いきや、実際にはそれまでの作品でアルバムに収録されなかった未発表曲集というのが本作で、3rdアルバム「THE RAVEN THAT REFUSED TO SING」(邦題:レイヴンは歌わない)の時に書かれた「YEAR OF THE PLAGUE」や、ポーキュパイン・トゥリーの「STUPID DREAM」に収録された「DON'T HATE ME」の再録ver、曲を書き始めてから完成させるまでに時間を費やしてしまった「MY BOOK OF REGRET」や「VERMILLIONCORE」、そして「HAND, CANNOT, ERASE」の時期に書かれた「HAPPINESS Ⅲ」「SUNDAY RAIN SETS IN」という構成になっている。

どういった経緯でこの楽曲群が省かれたのかはよく分からないけど、アルバムからオミットされた楽曲という事でクオリティが下がるという意味とは全く関係なく、相変わらず楽曲のクオリティが高い。ライブでも演奏された「VERMILLIONCORE」みたいなヘヴィな音像なモノから「SUNDAY RAIN SETS IN」の様な幻想的なインストまでどれをとってもSWの音楽を表すモノで、不思議な事にいわゆる”寄せ集め”であっても、トータルで聴いていると一貫性が感じられるのが面白い。

彼の今までのアルバムにはコンセプトが明確なお陰でアルバム全体に隙がない印象を受けていたのだけど、実際にこれらの楽曲が各アルバムにフィットしない訳ではないと思う。ただ既に何度もアルバムを聴いてしまっているので”このアルバムのこの楽曲が入ってると...”と考えるとちょっと違和感を感じるくらい。ポキュパの「DON'T HATE ME」では色んなアレンジを試しているみたいで、この再録verでは「TO THE BONE」に参加しているニネット・タイブとデュエットしていたり、サックスやフルートを使って楽曲の奥行きを引き出していて更に魅力が増しているし。

しかし、この人はホントに美しいメロディを書く人だよなあ...と改めて思った。その世界観に一気に引き摺り込むというよりは、聴いているウチにジワジワと引き込まれているといった感じだろうか。
もうそろそろ新作の話も聞こえてきそうなので首を長くして待っているのだけど、次作では一体どんなスタイルを提示してくるのか非常に楽しみ。私的には今こそが彼の全盛期だと思うので、期待を超えてくるのは間違いないんじゃないか?とすら思ってるんだけどさて如何に?


「MY BOOK OF REGRET」


「SUNDAY RAIN SETS IN」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

REVOLUTION COME...REVOLUTION GO / GOV'T MULE (2017)

NUCLEUS / ANEKDOTEN (1995)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ちょっと忙しくてしばらくここに来れてませんでしたが、K.A.E.様の6〜7月はプログレ月間だったようですね(笑)。
スティーヴンさんのこの作品は私も買ってます、最近になってもまだこの特殊ジャケット売ってるってことはあまり売れてないのかな・・・ってちょっとだけ思ってしまったり。
曲数は少ないけど長い曲があるので私的にはフル・アルバムみたいなつもりで聴いてました。
この人の作るメロディって独特の浮遊感があって良いですよね〜。

2019年08月17日 10:41

comment avater

K.A.E.

定期的に聴きたくなる訳じゃないんですが、プログレ関係は「あ、何か聴きたいな」と思って手を伸ばす事が多いですね。SWはプログレという感覚で聴いてはないんですが、聴き始めると暫くはその世界観に浸るので1週間くらいずっと聴いてる事が多いです。
このアルバムは、とても寄せ集めで作ったとは思えないくらい良い曲ばかりなんで、実際にその時期に作られたアルバムに収められてたらまた印象が変わるんだろうなあ...と思いながら聴いてますよ。

CDの売れ残りはちょっとした問題ですよね。今は配信オンリーの人が殆どだからCDが売れないのは当然ですが、私みたいに未だにCDに拘ってる奇特な人も若干いるんで(笑)リリースしない訳にもいかないだろうし...まあネットショップでセールとかちょこちょこやってくれて安く手に入るのは非常に有り難いんですけどね。

2019年08月20日 22:34

コメントの投稿