FC2ブログ




前回の打首さんのCDばっか毎日聴いているんで、他のミュージシャンをチョイスするのもどうかな?と考えたけど、今日は休日で久々に海までドライブして色々聴き漁っていた中にこのアルバムも忍ばせておいたので今回はコレをチョイス。クリフ・マグネスの1stソロアルバム「SOLO」。発表は1994年。

以前2ndアルバムをチョイスした時も書いたけど、この人自身を全く知らない状態で楽曲聴いたお陰で純粋に音楽が気に入ってアルバム買ったので勿論このアルバムも欲しくなった訳だけど、今回買ったこのCDは2009年に発売されたリマスター盤だった。オリジナル盤よりも2曲多めに入ってお得な気分。確か日本盤もリリースされていて、輸入盤のこのジャケとは違うモノクロ写真の赤ちゃんの横顔だったのだけど、そもそも何でそんなジャケなのかよく分からないし...

音楽性はプラネット3同様メロディアスハード系やAORの範疇に入るモノで、プラネット3から知ってる人は勿論、私みたいに2ndアルバムから入って後追いで聴く人にとっても期待を全く裏切らない作風となっている。
ただ、2ndアルバムよりは当時のメロハーの音作りなので、音が若干軽めな感じでキーボードの音が80sっぽいノリも感じられるのが特徴かと。最初一通り聴いた時はメトロポリス(←バンド)を思い出したな。

2ndアルバムの「AIN'T NO WAY」がヴァン・ヘイレン+ナイトレンジャーっぽいと書いたけど、このアルバムでもバラードの「HOLD ME LEE ANNE」がジャーニーっぽい王道路線だったり、「KHALELA」はMr.ミスターっぽい雰囲気を感じられてその時に影響されたモノがストレートに反映されやすいのかな?と思った。まあ良い曲なんでパクりだとかいうつもりは全くないんだけど。

「FOOTPRINTS IN THE RAIN」「JENNY'S STILL IN LOVE」「WHAT'S A HEART TO DO」はプラネット3の流れを汲む楽曲で、実際に「JENNY'S STILL IN LOVE」はジェイ・グレイドンとグレン・バラードのクリフの共作だったりするので当然といえば当然か。「FLOWER GIRL」みたいにレゲエのリズムを強調した楽曲なんかこのテのメロハー作では珍しいし、ソロ作なのでちょっと冒険しているのも面白い。ボーナストラックの「DREAMS FADE AWAY」も良曲で、何でオリジナルではオミットされたのか不思議。

他のミュージシャンへのサポートの仕事のお陰で、このアルバムから2ndアルバムまでの間隔が空いてしまったのが今更ながらホントに勿体無いと思うけど、幾ら良い楽曲を集めたアルバムをリリースしても必ずしも売れる訳ではないから、こういう玄人受けするミュージシャンは活動がホントに難しいんだろうなあ。よくあるメロディアス・ハード系の名盤に名を連ねても良い出来だと思うんだけど、このアルバム自体はそのテの記事でも見掛けた事もないし(...まあ今まで本人自身を知らなかったくらいだし)正に隠れた名盤なんでしょうな。


「JENNY'S STILL IN LOVE」


「DREAMS FADE AWAY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AIRPLAY FOR THE PLANET / JAY GRAYDON (1993)

まだまだ新米 / 打首獄門同好会 (2015)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

チェックしてなかった~。

おおっ!普通にメロハー系の盤としてもいいっすね。もうカートにはブッ込んであるんすけど。それに・・・

2019年07月25日 00:15

comment avater

K.A.E.

このアルバムが、よく雑誌などにある”メロハー系の名盤”特集みたいなヤツで見た事がないのが意外でしたね。この前の2ndアルバムで存在知ったくらいですから(単に私が知らなかっただけなのかも知れませんけど)。
2ndアルバムと比べると如何にもメロハー系のお手本みたいな作り方ですけど、上手く作られているだけあって聴いててストレスは感じませんね。良いアルバムですよ。

2019年07月28日 04:12

comment avater

某音楽馬鹿

私もこのジャケの盤を買ってます、いつ買ったかは覚えてないですが多分2012〜2015年くらいまでの間にメロハー系買い漁った時に買ったかも?(最近はストリーミングで視聴してから買ってるので知らないミュージシャンを雑誌見て冒険買い漁りするのはこの頃までです)。
それなりに聴いてたとは思いますが実は聴き込んでたかというとそうでもなくて他のメロハー作品と一緒に棚に埋もれててこの前の新作が出た時にそういえばこの人のアルバムあったな〜って思って改めて聴いたら凄く良かった的な(笑)。

2019年08月17日 11:21

comment avater

K.A.E.

某音サンですらそんな感じで記憶が浅いんですから、やっぱマイナーな存在なんですかね?偶然でこの人の存在を知ったから良かったですけど、こういう作品が世に埋もれてしまうのは凄く勿体無いと思ったのと同時に、まだまだ隠れた名盤を聴いてないという事で精進が足りないと思った次第でした(笑)。
このアルバムは聴いてるウチに何か懐かしい感じが蘇ってくる感覚があるんですよね。「IT'S ONLY LOVE」「JENNY'S STILL IN LOVE」は20代の頃に聴いてても不思議じゃない感覚かも。

2019年08月20日 23:55

コメントの投稿