FC2ブログ




今頃になって暑さが感じられる季節になってきたのにそれほど夏っぽさが全く感じられないので、せめて聴いてる音楽くらいは夏を感じたいな...と、思って手を伸ばしたのはヴァン・ヘイレン。以前購入した6枚組廉価盤の中から、結構評判の良い4thアルバム「FAIR WARNING」(邦題:戒厳令)を今回はチョイス。発表は1981年。

私が洋楽を聴き始めた頃にちょうど「JUMP」が大ヒット中で、シングルEPを買って毎日聴いていたのだけど、その当時の友人にヴァン・ヘイレンのアルバムで良いモノって何かある?と聞いたら、1stアルバムとこの4thアルバムを薦められた。1stアルバムはエディ・ヴァン・ヘイレンの真骨頂と呼ぶ声も高かったし、何よりデビュー作であんなギタープレイ聴かされたらそりゃ衝撃的な訳でお薦めするのも理解出来るけど、何で4thアルバムを薦めたのかはよく判らなかった。ジャケットも何だか彼等らしくない変な感じだし、特に大ヒットしたシングルもある訳じゃないし。

最初に聴いたのは市内の図書館で借りてきたレコードだったと思うけど、最初聴いた時は地味だなあ...という印象しかなかった。そりゃそうでしょ、「JUMP」みたいなポップなキーボードサウンドでもないし、何よりデイヴ・リー・ロスの歌い方が一本調子で起伏が感じられないのが地味な印象に拍車を掛けてたんだと思う。

でも、数年後にCDで改めてよく聴き直してみると彼等以外何者でもないアルバムな訳で、要はヴァン・ヘイレンの本質を知らなかっただけかと。逆に「1984」が彼等にしては異質なアルバムだったという事を後で知った訳なんですよね。また、ボーカルがデイヴからサミー・ヘイガーに変わってバンドのスケール感が更に増した事もあって、デイヴ時代のアルバムはそれほど聴く頻度も少なくなってしまった。
今になってデイヴ期の良さも判るしサミー期の凄さも判るけど、後は音楽性の好みでどちらが良いかは判断すれば良いだけの事かと。因みに私はサミー期がリアルタイムど真ん中だったのでサミー期に思い入れがあるけど、勿論デイヴ期も良いモノはあると評価してますよ。

オープニングの「MEAN STREET」の冒頭でエディがまた新しい奏法のスラッピング奏法を披露しているけど、本当に革命的というかリアルタイムでアルバム聴いた人は驚いたんじゃないだろうか?当時はMTVなんか存在してないし、耳で聴くしか判断出来ないから音だけ聴いて「どんなプレイしてるんだ?」となる訳で。
ハイライトはやっぱバンドらしさが炸裂している「MEAN STREET」「UNCHAINED」「SINNER'S SWING!」だと思うけど、個人的には地味だけど何かクセになる「PUSH COMES TO SHOVE」が意外に好きだ。バンドらしさは余り感じないけど、デイヴのソロ作にポツンと入っててもおかしくない雰囲気を感じるのは私だけだろうか?因みに「UNCHAINED」はグレイト・ホワイトもカヴァーしてましたね。

しかし、本当に新作の話が一向に聞こえて来ないですなあ。ちょっと前にマイケル・アンソニーへオリジナルメンバーでのツアーに参加する気があるか?と彼等のマネージメントから連絡があった事が暴露されていたけど、マイケル本人は乗り気でスケジュールも空けてたのにそれっきり連絡がなかったというから、結局はエディとアレックスの気まぐれだったんでしょう。勿論、オリジナルメンバー再結成は話題にはなるだろうけど結局はツアーだけで終わっちゃいそうな感じだし、むしろ現メンバーでアルバム作った方が良い結果になりそうだけど、ここまで話が見えてこないとここまま地味に引退しちゃいそうな気が...勿体無い話だよなあ。


「MEAN STREET」


「UNCHAINED」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OPEN UP AND SAY...AHH! / POISON (1988)

GROUNDBREAKER / GROUNDBREAKER (2018)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

このアルバムは

地味ですが、好きです。
というか、デイヴ時代のヴァン ヘイレンのアルバムはどれも特徴的で、バラエティに富んでいてそれぞれ好きです。
実はクィーン以上に色んな曲があるのがヴァン ヘイレンだなと

2019年08月10日 05:52

comment avater

K.A.E.

デイヴ期のアルバムってボーカルのスタイルがああなんでイメージが固定されているかと思いきや、意外にも結構色んなスタイルがあるんですよね。他のアルバムを聴いてもそう感じましたけど、やっぱ「1984」の大胆な変化はバンドの成功に導くモノを感じますよね。
このアルバムは比較的地味ですが「UNCHAINED」みたいにポップな楽曲がさらりと入ってるのがポイント高いと思います。

2019年08月13日 03:11

comment avater

某音楽馬鹿

ヴァン・ヘイレンはサミー・ヘイガーさんになってから初めて聴いたので私もデイヴさん時代のはあまり聴く頻度がないのと、ヴァン・ヘイレンよりはナイト・レンジャー派なのでさらに聴く頻度が少ないという・・・。
あと、デイヴさんはソロの方が好きかも。

2019年08月17日 12:09

comment avater

K.A.E.

私はかろうじて「1984」をリアルタイム経験してるんで、あの脱退劇の後にサミーが加入したという話は驚きましたね。なので、デイヴ期に違和感は感じないしむしろデイヴ期には独自の路線があって今の時代に聴いても面白いと思いますね。勿論、デイヴのソロも好きですけどね。

でも面白いですよね、ソロで余りパッとしなかったサミーがVHに加入したらめっちゃ存在感が上がったけど、デイヴは逆にソロになったらド派手になったけど徐々に路線変えてパッとしなくなったという。エディ一人が注目浴びてる訳じゃなくてそのフロントマンの力量によってバンドも変化してるというのがよく分かりますね。そう考えるとゲイリー・シェローンはホントに可哀相というか...

2019年08月21日 00:26

コメントの投稿