FC2ブログ




久々に古臭くてヘヴィなHRが聴きたくなったので、そう思って手を伸ばしてしまうのはやっぱブラック・サバス...って事で、今回は通産6作目のオリジナルアルバム「SABOTAGE」をチョイス。発表は1975年。

個人的にはオリジナルサバスの中では結構好きなアルバムだったりする。大体は2nd辺りが代表作扱いになっているけど、インパクト重視の1stやストーナー/ドゥーム系の起源とされる3rdも評価が高いし、従来のヘヴィ路線から新機軸を打ち出した4thや5thなんかも人気作だし。
で、この6thアルバムから少しメンバー間の雲行きが怪しくなってくるのだけど、アルバムを聴く限りそんな事は微塵も感じさせない内容に大満足だったりする。ジャケは死ぬ程ダサいんだけど(苦笑)。

もう冒頭のヘヴィなブギー調の「HOLE IN THE SKY」からオジーの狂気なボーカルが炸裂して、それが最後までキープしてる意味では一番ブッ飛んでるんじゃないだろうか?この頃はオジーのドラッグ癖が相当酷くなったと言われてるという事もあって絶対シラフでレコーディングしてるとは思えない。余談だけど、オジーのバンドにザックが加入した時、ザックがサバスの楽曲でリクエストしたのがこの「HOLE IN THE SKY」だったというけど、当時のオジーでもこのキーの高さはかなりキツかったからカヴァーしなかったんだと思うし。

アコギのインスト「DON'T START (TOO LATE)」を挟んで、ヘヴィで疾走感のある「SYMPTOM OF THE UNIVERSE」(邦題:悪魔のしるし)はスラッシュメタルの基盤を作ったなんて言われているけど、当時こういう音を出してるバンドは他にもいなかったしスラッシュ四天王のメンバー達もこぞってサバスをリスペクトしている事から実に納得出来る話かと。
前作の路線を踏襲した「MEGALOMANIA」(邦題:誇大妄想狂)は前半と後半のパートのノリが全く違うのが面白いし、混声合唱団による「SUPERTZAR」(邦題:帝王序曲)なんかはシンフォニックな作りで実にオカルト的、最後の「THE WRIT」なんかヘヴィでありながらもメルヘンちっくな雰囲気すら漂うノリは意外も意外な構成かと。こういう突飛なアイディアを全てアルバムに収めるというトニー・アイオミのセンスは実に素晴らしい。

以前書いた、この時期のブートのライブ盤では更にラフでヘヴィな音となってカッコ良いし、メンバー全員クスリでボロボロな割りにはよくここまで作れたものだと感心する事しきり。その環境の影響かメンバーの確執が表面化して次作ではアルバムにも表れてしまったのはホントに残念だけど、オリジナルサバスの最後の傑作と言われるに相応しい内容だと思っている。


「HOLE IN THE SKY」


「SYMPTOM OF THE UNIVERSE」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

獄至十五 / 打首獄門同好会 (2019)

REVOLUTION SAINTS / REVOLUTION SAINTS (2015)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

私は初期も後期もサバスは全部好きですが(笑)、このアルバムもかなり繰り返し聴いてます。
実は何故か2作目は聴く回数が少ないんですけど・・・。
このアルバムは音楽性が拡散し始めた頃で、ヘヴィなサバスを求める人にな不評なようですが、私はこれも大好きです(アイオミ様信者なので)。

2019年11月24日 23:45

comment avater

K.A.E.

ヘヴィなサバスを求める人にな不評...って、そうなんですか?普通に良いアルバムだと思いますけどね。4thあたりからちょこちょこ色んな事やり始めてる印象がありますが、ヘヴィ一辺倒なアルバムよりもこういう作風の方が味があって私的には好きですけどね(とはいえ、3rdも好きなんですが)。
ただ、やり過ぎた次作・次々作は正直収集付かなくなった印象を受けて余り好きになれませんでした。先入観無しで聴かないと無理ですね。

2019年11月26日 01:10

コメントの投稿