FC2ブログ



PCを新調したお陰でCD買うのも躊躇してたんだけど、ここに来て欲しいモノが増えてきたので注文と予約で5枚ほど頼んでその中の1枚、プリティ・メイズの通算16作目になる新作「UNDRESS YOUR MADNESS」が一足先に届いたんで早速聴いてみた。

前作「KINGMAKER」から3年、前々作「MOTHERLAND」も3年という事からこのくらいの周期でアルバムリリースしてくれるのは個人的にはちょうど良いと思ってる。アルバムの間隔が短くてもその最新作に馴染む前に「もう新作?」という感じになってしまうのも考えモノなんで「もうそろそろ新作かな?」と思ってリリースされるのが一番理想的かと。ジョン・サイクスみたいに今年リリースするぜ!って言ってからもう何年経ってんだよ...ってのは一番やっちゃイカン事だし。

さて、今回の新作もプロデューサーは相性の良いヤコブ・ハンセンが担当しているので期待は全く裏切らない、ここ数作と同様のクオリティを持ったHRアルバムとなっているのでファンの方達には安心して手を出せる内容となっている。開店休業状態があったにせよ、35年も活動してきて未だに魅力ある作品を作り続けるバンドにはホント凄い事だよなあ~と感心してしまうけど、今の時代ロックバンドの需要が余りない状況で、こういった素晴らしいアルバムが聴けるのは稀な事なんじゃないかと思う。タイプは全然違うけどAC/DCと同じく「自分達にはこれしか出来ない」というアイデンティティすら感じる。

このアルバムのリリース前にボーカルのロニー・アトキンスが肺癌を患っているという情報が入って驚いたけど、そんな事はアルバムを聴く限り全く感じさせない堂々とした歌いっぷりは相変わらず素晴らしい。、前作同様このバンドに求めるモノ全てが詰め込まれたアルバムなので長い付き合いになりそうですな。お気に入りは「SERPENTINE」「UNDRESS YOUR MADNESS」「RUNAWAY WORLD」「SHADOWLANDS」あたりかな。

来年2月まではロニーの治療の為にバンド活動は白紙の状態らしいけど、まずは万全の体調に戻してから無理のない活動をしてほしいかと。前作の来日公演は3rdアルバム完全再現だったのでスルーしてしまったのだけど(「KINGMAKER」が素晴らしかったんで、普通の新作ツアーで良かったのに...)もし今回も来日公演が実現したら是非ライブに足を運びたいと思うくらい、今回のアルバムは素晴らしい出来で大満足でした。


「SERPENTINE」


「WILL YOU STILL KISS ME (IF I SEE YOU IN HEAVEN)」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OUTSIDE THE LIMIT / OLE BΦRUD (2019)

獄至十五 / 打首獄門同好会 (2019)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

加齢なメイドさん買われましたか〜。
私はアナログ盤にしてちょっと前に届きました、今回はメタルというよりはメロディアスなハードロック寄りのアルバムで、相変わらず良い曲が大量に入ってますよね。
ロニーさんは心配でしたが、最近のネットニュースで「とりあえず大丈夫」っていうのがあったので一安心です、もう一回くらいはライヴ観たいですね〜。

2019年11月25日 00:02

comment avater

K.A.E.

ロニーは大丈夫そうですか、それは良かったです。亡くなるにはまだまだ若いから頑張ってほしいですよ。ただ無理はしてほしくないですけどね。

そのロニーが今回の新作はバンドの集大成みたいな発言してましたけど、正に「PANDEMONIUM」から現在までの総決算みたいなアルバムで気に入りましたよ。今回は全曲再現ライブでも良いくらい出来が良いと思います。マジでライブ観たいなあ。

2019年11月26日 01:46

コメントの投稿