FC2ブログ




最近、AORの事をヨットロックという言葉で呼んでいるみたいだけど、このヨットロックって言葉はいつ頃から出てきたのだろうか?私自身は今年に入ってから初めて聞いた言葉だけど、それ以前から使われてたとか??
正直AORという言葉の方が馴染み深いんでヨットロックという言葉自体ダサいイメージがあるし、そもそも何を指して”ヨット”なんだろうか?AORじゃイメージが付いちゃっているから別称で呼んで新たなジャンルとして扱おうとしているのか...う~ん、どうもしっくり来ないんだよなあ。

そんなAOR系で最近何か無いかな?と探りを入れたら、久々のオーレ・ブールドの新作が発売されたばかりではないか。前作買う前に新作来ちゃった...と思いつつ、前作は後回しにして今作を購入。

この人はタワレコの視聴コーナーで初めて知って以来、1stを2nd購入して結構お気に入りでちょこちょこ聴いてたんだけど、久しぶりにこの新作聴いたら相変わらずブレの無いスタイルで、しかも完成度が増してるのには驚いた。CD帯にも書かれている通り最高傑作と呼んでも良いレベルかも。最近はこういうAORの王道的なアルバムを聴いてなかったからかも知れないけど、それにしてもこの時代にこういう音楽がまだ存在している事に驚かされる。だってどう考えたってターゲットは今の若者より70~80年代に当時スティーリー・ダンとかクリストファー・クロスを好んで聴いてた人達に向けて作られているとしか思えない感じだし。まあ、こういう音楽が大好きだから文句なんか出ないんですけどね。

1stや2ndみたいにファンク色が強い印象はなく、その分ブラスが印象に残る様な音作りになっており、そこに北欧(この人はノルウェー出身)ならではの透明感溢れる洗練された雰囲気が非常に心地良い。以前苦言を呈した2ndアルバムに収録された「FOOTLOOSE」の類似品みたいな楽曲なんか存在しないし、新しくも何処か懐かしい気分にさせてくれるのは正に私好みですわ。捨て曲などは見当たらず、日本盤ボートラの「DRIVING」のライブverがまたライブとは思えないくらいの素晴らしい完成度でお得感増してるし。個人的にはアップテンポのナンバーよりも「TALK TO MY LAWYER」「CAN'T PRETEND」みたいなしっとりと聴かせるナンバーの方が今の季節にピッタリでハマりましたね。

もっと注目を浴びてもいいミュージシャンだと思うけど、知名度はそれほどないのかな?過去に来日公演もあったみたいでかなり盛況だったと聞くので知る人ぞ知る存在なんだろうけど、その枠に収まってるのは非常に勿体ないよなあ。CMにでも使われればブレイクのチャンスもありそうだけど。

そんなお方が、もう片方ではエクストルというバンドでデスメタル演ってる(一度脱退したらしいけど、再結成されてギタリストとして加入したとの事)のも意外な経歴(芸歴?)だけど、さすがにデスメタルの影響は全く感じないのでご安心を(笑)。これからの季節ドライブにピッタリの音なので、暫く車のお供になりそうな予感ですな...こりゃ3rdアルバムも早く手に入れねば!


「ALWAYS LOVE YOU」


「CAN'T PRETEND」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HIGH WATER Ⅱ / THE MAGPIE SALUTE (2019)

UNDRESS YOUR MADNESS / PRETTY MAIDS (2019)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

オーレさんの新作出てたんですか!、油断してて気付きませんでした。
私は前のアルバム買うより前にエクストルのアルバムは持っててこの人が同一人物だと気付いた時の驚きはそりゃもう大変なモノでした(笑)、ジャケの人相がAORモードとデスメタルモードで違いすぎて笑わしてもらったり。
新作は早速ストリーミングで聴きました、そのうちCDも買うつもりです。

2019年11月25日 00:07

comment avater

K.A.E.

3rdアルバムはまだ未聴ですが、今のトコはハズレなしで安心のクオリティですよね。何でこういう人がデスメタルのギタリストなんかやってるんだ?と不思議に思いますが(笑)こういうアンバランスな感覚が逆にミュージシャンとして楽しんでるんじゃないかと。リスナーだってずっと同じ曲じゃ飽きるだろうし、新鮮な気分にもなりますしね(ただ余りにも極端過ぎるけど/苦笑)。

2019年11月26日 01:54

コメントの投稿