FC2ブログ




約5年振りですか~。結構待たされた気分でしたけどねえ...今か今かと待ち望んでやっと新作がリリースされたワーク・オブ・アートの4thアルバム「EXHIBITS」が届いたので早速取り上げてみます。

この5年間にメンバーは色んなトコに顔出していたので、本家の方はどうした?とずっと気になっていて、しかも前作「FRAMEWORK」のインナースリーヴにこれがラスト作みたいなニュアンスで書かれたからそのまま解散なんてないよな?とモヤモヤした感覚がずっとあった。メンバーが参加したライオンヴィルやW.E.T.もこのバンドに期待している以上のモノではないから、早く新作作ってくれよ...と思い続けての5年だった(まあライオンヴィルの3rdアルバムは結構気に入ってるけど)。

ちょっと前に「新作はもうそろそろ」というネットの書き込みを見て、ちょこちょこYOU TUBEで詳細探ってたらいきなり「BE THE BELIEVER」のMVがアップされてたので、何か随分あっさりと発表したな...と思いつつチェックしたのだけど、従来の路線は変わらず一安心。ただ、彼等にしてはちょっと印象が薄い感じかな?と思ったけど。

そしてアルバム全曲聴いた感想は、特に冒険をした訳でもなくいつものWOAのスタイル。結局、前作がラスト作という意味は1stアルバムから3rdアルバムまでは三部作の構想だったみたいで、その三部作の最後という意味だったらしくそんなややこしい話はいい加減にしてほしい(苦笑)。なので、この4thアルバムで新たに新機軸を打ち出すのかな?と思いきや、そんな感じは全く感じない。強いて言えば今までの北欧独特の透明感が薄まって、幾分演奏が力強くなった印象があるくらいかな。

ただ、楽曲に関してはこれまで引っ掛かる部分が多かったのに対し、このアルバムでは全体的に淡泊な雰囲気であっという間に聴き終えてしまう感じ。勿論彼等の楽曲を聴いてる感覚はあるのだけど、何か今一つ物足りない印象が拭えないのだ。まあ、彼等に対する期待が大きいからこういう感想になっちゃうのかもしれないけど。ライブで聴くとまた印象が違うのかな?
お気に入りは「MISGUIDED LOVE」「BE THE BELIEVER」「COME HOME」「IF I COULD FLY」「LET ME DREAM」(←この曲は何処かフォリナーの「WAITING FOR A GIRL LIKE YOU」みたいな印象を受けた)あたりが好きかな。

でもまあ、とりあえずは活動再開してくれた事に感謝。バンド外の活動も結構だけど、今度は5年も開かない様にコンスタントに活動してほしいモンだ。活動が単発的だと厳しいだろうけど、来日公演なんかも実現するとバンドの状況も少しは変わってくるんじゃないだろうか?一度はライブが観てみたいんだよねえ。


「BE THE BELIEVER」


「IF I COULD FLY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DISTANCE OVER TIME / DREAM THEATER (2019)

ZOKUSHO / THE DEFIANTS (2019)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

これはフロンティアーズ・レーベルの発売予告?に入ってて私も楽しみにしてました。
前から5年も経ってたのは驚きですが、言われてる通り何も変わってないですね(笑)、あっさりしてるようなのも前のアルバムと聴き比べない限りは普通に良い感じのメロハー作品だと思うし、私は特に気になりませんでした。

2020年01月13日 17:45

comment avater

K.A.E.

期待してた分、ちょっと外されたかな?と思いましたね。本文でも書いてる様に3部作が終わって新たな展開...というのがそれほど変わってないというのも意味不明ですし。
今回は過度期って事なんですかね?内容は悪くはないと思いますが、彼等の作品の中では影の薄い作品になりそうかと。次回に期待!

2020年01月16日 03:20

コメントの投稿