FC2ブログ



何と13年振りのニューアルバムだそう。現代ヘヴィロックの筆頭格であるトゥール、キャリアの割りにはまだ通算5作目という「FEAR INOCULUM」を今回チョイス。

最初は8月末にダウンロードで発表されていて、その時点では全10曲収録だったのだけど、今回ようやくCD化にあたって3曲のインストナンバーが削られて全7曲となっている。CDの収録時間の関係で削られたらしいけど、こういうのは2枚組にならないの?と(苦笑)。まあメイナードが「デジタル・ダウンロードとストリーミングがあるから心配するな」と言ってるくらいだからフィジカルには拘ってないんだろうなあ。
で、そのダウンロードの他にも動画再生プレイヤーを付属して完全限定販売したのだけど、これはあっという間に完売。まあ¥10000近くの値段になるのは仕方ないけどコアなファン以外には必要ないだろうし、レアアイテムとしての価値にしかならないから買っても聴けないモノを¥10000出して買うか?となるとちょっと...って感じだし。

で、CD化は「後からリリースする」という情報があったんでCD出るまで待ってたんだけど、まさか年末まで待たされるとは思ってなかったな(笑)。まあちゃんとリリースしてくれたのは良かったけど、特殊パッケージにMVのダウンロードコード付き、5枚のポストカードが付いて¥5000近く。...う~ん、こういうのいらないから普通にリリースしてほしかったよなあ。そもそもトゥールの世界観のポストカードって気色悪くてまともじゃねーだろうって(苦笑)。
たまたまHMVから¥1000オフクーポンが来てたのでそれ使って安く上がったのは良かったけど。

さて、13年経ってどれだけ進化(深化)したのかが今回のポイントだったけど、一通り前情報無しのまっさらな状態で聴いた感想は意外とあっさり風味だなと感じた。このバンド独特の世界観は全く変わってないのだけど、じわじわと響く様な楽曲が多いお陰で最初は地味に感じた。しかもメイナードのボーカルパートがかなり少なく、しかも絶叫パートすらないのは一体どーしたモノかと?
ただ、その分演奏の方がかなり力が入っている感じで、特にドラムの存在感が強烈。現代最高のドラマーの一人と数えられるダニー・ケアリーはこのアルバムでまた自身の評価を上げたのではなかろうか。

ヘヴィロックである事は間違いないのだけど、全7曲のうち6曲が10分超えの大作ばかりなのでプログレ要素がかなり高くなった印象を受けた。以前一緒にツアーした事もあるキング・クリムゾンにかなり影響を受けたのかな?「CHOCOLATE CHIP TRIP」なんか「DISCIPLINE」期の彼等っぽい雰囲気だし。
お気に入りはその「CHOCOLATE CHIP TRIP」「PNEUMA」「DESCENDING」「7EMPEST」かな。

間違いなく今年最高の話題作となった本作。当然の如く全米No.1も獲得し(3作連続との事)相変わらず人気の高さを誇っているし、各メディアの今年のベストアルバムに必ず入ってるのはもはや現象と呼んでも差し支えないかと。実際、私自身も力作だと思うし。
ただ、次作に関してはまた長い間待たされるのだろうか?メイナードにはア・パーフェクト・サークルもあるし、バンド自体が既に高齢と化してる時点でもうそれほど枚数を多くリリース出来ない事を考えると、もっとアルバムを作って欲しいと願うのは酷なのだろうか?


「7EMPEST」


「PNEUMA」

スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1999 SUPER DELUXE EDITION / PRINCE (2019)

A DREAM IN STATIC / EARTHSIDE (2015)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

普通に買えるCD出たんですね〜。
CD買おうと思ってアマゾン見たら特殊仕様のアホみたいに高いやつしかなくて、値段見て思わずデスヴォイスで絶叫したんですけど(笑)、ちゃんと通常盤出て何よりです。
私はもうストリーミングで聴いちゃったので通常盤CD買おうかどうするかかなり悩んでますが、こういう斬新な(最近では普通なのかな?)売り方だとCD買う気満々だったけどストリーミングで聴いて終わり、CD買わなくていいやっていう人が大勢出て売り上げ的に損だと思うんですけどね〜。
内容は期待通りで、やばいというかTOOLらしい(いろんな意味で)凄い作品だと思いました。

2020年01月13日 16:54

comment avater

K.A.E.

実際の売り上げがどんな感じなのかは分かりませんけど、こういう売り方は凄く珍しいですよね。最初の動画再生プレイヤー付きのモノは、日本に輸出する際にちょっと問題があったらしく少量しか入荷出来なかったという話をネットで読んだんで、こうしてちゃんとフィジカルでリリースしてくれて助かりました。でも、特殊パッケージってのも別に必要ないんですけどね(苦笑)。

内容は圧倒的な世界観は健在で嬉しかったんですが、もうちょっと攻めた作風でも良かったんじゃないか?と思いましたね。ただ、これらをライブで聴くとどうなるかは凄く興味あるんで来日公演が決まったら行くつもりです。

2020年01月16日 03:43

コメントの投稿