FC2ブログ




本当に突然の訃報で驚きしかなかった...ニール・パート逝去。

今日の昼過ぎ、起きて直ぐPC立ち上げてYAHOOニュースを見てたら”故ニール・パート~”って書いてあって、「え?」と思って開くと訃報だったというショックどころの話じゃなかった訳で。今までにもデヴィッド・ボウイやフレディ・マーキュリー、プリンスやマイケル・ジャクソンなどの訃報をいきなり聞いて驚いた事が何度もあったけど、まさかこのタイミングでニールの訃報だとは思ってなかった。
脳梗塞でまだ67歳という若さ。ラッシュがツアー引退を発表したのが2015年で、それから3年半近く闘病生活を送っていたそうでそうした事情を知っての上での引退だったのかな?と未だに全然信じられない気分。

今日はたまたま有休貰ったので、それからずっとラッシュ関連ばっか聴いてます。ラッシュのドキュメント映画を観たり、CDを聴いて今も流し続けているんですが、これを書くにあたって選んだのは彼等の初のライブアルバムになる「ALL THE WORLD'S A STAGE」(邦題:世界を翔けるロック)。発表は1976年。

バンドの中期辺りまで彼等が守り続けてきた”4枚のオリジナルアルバムの後に1枚のライブアルバム”という方程式を確立した記念すべきライブ盤であるけど、その初期の音楽性を総括する意味合いが強い作品となっている。
ドキュメント映画でもメンバー自身語ってたけど、初期の頃はバンドはかなりの浮き沈みを経験したらしく、デビューアルバムが好評だったけど2ndアルバムで少し方向性が変わり、3rdアルバムでファン離れが加速してある地域ではライブに20人しか集まらなくてメンバーも友人の部屋で寝泊まりしながらツアーをこなしたとの事。
「次のアルバムでは絶対にヒット曲を作れ。売れなかったら契約破棄。」というレコード会社の圧力を無視して、それなら自分達の好きな事をやって玉砕覚悟で勝負する...と出来たのが「2112」だったという。これが評判を呼んでバンドは絶対的な地位を得たお陰で、最後まで独自の路線を追求する事が出来たと。

そんな勢いに乗った時期のライブなので、これが出来の悪いハズがない。ゲディ・リーのボーカルも高音がガンガン出ている頃だし、演奏もタイトにもとまっていながらもライブならではの勢いが感じられて良い。選曲も4枚のアルバムからバランス良く構成されているので(でもやっぱ3rdアルバムからは「LAKESIDE PARK」のみ)リアルタイムで聴いた人にとってはライブ盤でもバンドの実力を知る事が出来たんじゃないかと。

ハイライトはやっぱ大作である「2112」と「BY-TOR & THE SNOW DOG」。冒頭の「BASTILLE DAY」から締めを飾る「WORKING MAN」「FINDING MY WAY」まで全て勢い任せにアグレッシヴに最後まで突っ走るスタイルはバンド名そのままのノリかと。後に更にテクニカルになってより複雑な曲構成で知的かつ正確な演奏を目指す土台は、既にこの時点で出来上がっていたんだなあと改めて思った。

この先、自分が歳取るにつれてこうした訃報を聞く事が多くなるのは間違いないし、その度に追悼文を書くのも正直心苦しいので余り書きたくないのが本音だけど、大好きなバンドに関してはやはり書かないと気が済まないので今回書かせていただきました。波乱万丈な人生を送ったニールにはもっと長生きしてほしかったなあ。1990年代に奥さんと娘さんを亡くして、バンド存続の危機を乗り越えて、新たに家族を得てバンドも終わり、これから新たな人生を迎える矢先に亡くなるのは本当に残念という言葉しかない。

ラッシュに出会えて本当に良かった。私の人生のサウンドトラックに彼等の存在は欠かせません。これからもずっと聴き続けます。安らかに。


「FULL CONCERT -12/10/76 : CAPITOL THEATER -」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HERE I AM / JASON SCHEFF (2019)

ミドルエイジのおじさんが独断と偏見で選ぶ、令和に残したい名曲40選:90sROCK編

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

難解でありながら

ハードロックであり続けたラッシュの1970年代。とても好きです!
私もありがとうを送りつつ、アルバムを聴いてます。
このライブアルバムの勢いは凄いですよね

2020年01月13日 06:07

comment avater

某音楽馬鹿

ニールさんの訃報は私も驚きました、病気っていう事自体知らなかったし、引退のニュース聞いた時も、もうお金も儲けたしゆっくりしたいのかな?って思ってました。
ツイッターでは外国のファンは追悼でMoving Pictures聴いてた人が多かったですね、私は80年代モノが大好きですが、初期のラッシュも好きなので持ってるやつ全部一通り聴こうと思ってます。
実はこのアルバムは持ってなくて、そのうち揃えようと思ってたのにストリーミングのサービス開始でもういいかな・・・ってなってた中の1枚だったりします。

2020年01月13日 16:13

comment avater

K.A.E.

色んなトコで書いてる通り、ラッシュは80年代から後期にあたるまでが大好きなんですが、今回の訃報にあたって何を聴こう?と考えた時、初期のこのアルバムを手に取ってました。
今聴いても新鮮で勢いに満ちてますよね。ニールの訃報にあたって様々なミュージシャンがツイッターでお悔やみを出してますが、その数が物凄い数ですよね。ホントに偉大なミュージシャンだったんだなと改めて思いましたよ。

2020年01月16日 04:10

comment avater

K.A.E.

病気の話はごく一部の人達にしか知らせてなかったみたいですね。元々表舞台に出ないニールでしたから、こういう事を公にしたくなかったと思いますし、如何にも本人らしい去り方だと思いました。残された2人は本当にショックでしょうね。
毎日色んな音楽聴いてますが、訃報以来必ずラッシュは聴いてますね。しかも枚数が多いから馴染み深い中期~後期よりも、余り聴かない初期の方をチョイスする傾向があります。このアルバムもジャケは古臭いですが、中身はそれほど古臭く感じないのは何か意外な気がしましたね。

2020年01月16日 04:17

comment avater

フライヤーズポンタ

このライブ盤は自分が持っている他のアーティストも含めた全カタログ中、最もリスペクトするライブ盤かもしれません。

最近になって、○○周年記念盤とかいって、70年代のライブがボーナス収録されるようになったんで、最高です。ニールの件は残念ですが、また追悼マテリアルがいっぱい出てきそうな気がしますね。彼のドラミングを堪能しながら自分も終活にいそしみます。

2020年01月18日 18:32

comment avater

K.A.E.

おおっ、ポンタさんはこのライブ盤が全ライブ盤の中でもベストですか!確かに勢いがあって聴いていて熱が伝わってくる様なライブ盤ですよね。ラッシュはスタジオ盤よりもライブ盤の方が意外な発見もあってどのライブ盤も聴き応えあるんですよね。

ここ数年は「2112」「A FAREWELL TO KINGS」「HEMISPHERES」と新装パッケージでリリースされて当時のライブ盤も付いてきてますね。それとレコード会社の力が無くなったお陰でラジオの音源がブートCDとして発売されているのもありますから、まだまだマテリアルがあるって事なんでしょう。個人的には「PRESTO」期のライブが聴きたいんですけどね。あのアルバムだけ異質な雰囲気でライブでどの様に再現されたのか興味あるんで。

...しかし、今から終活にいそしむ必要はないのでは!?(苦笑)

2020年01月20日 04:35

コメントの投稿