FC2ブログ




何と22年振りのソロ2作目発表だそうで、元シカゴのボーカル:ジェイソン・シェフの「HERE I AM」を今回はチョイス。発表は昨年。アマゾンで何気に見つけてしまったので、ジャケの雰囲気も相成って久々に彼の歌を聴いてみたいと思いポチりました。

シカゴには30年くらい在籍したんですね。何でも家族の介護の為ツアーに出られず、その辺の事情もあっての脱退なんで実に勿体ないと思いきや、こうしてまたソロとして戻ってきたのは良いんじゃないかと。自分のペースで活動出来る訳だし、シカゴの幻影に引き摺られる事もないだろうし。
シカゴは私の中では「21」で止まってるんで最近の活動状況は全く知らないんですが、近作も結構評判良いみたいじゃないですか?こういう王道のAORも最近じゃなかなか聴けないし、お金のある時にでもチェックしてみたいなあ。

そんな元ボーカルのソロ作、シカゴのセルフカヴァーが5曲にオリジナルが5曲という変則的な内容になっている。まずシカゴからは「WILL YOU STILL LOVE ME?」「LOOK AWAY」「FEELIN' STRONGER EVERYDAY」「WHAT KIND OF A MAN WOULD I BE?」「HARD TO SAY I'M SORRY」の5曲が選曲。しかも冒頭から「WILL YOU STILL LOVE ME?」ってトコが泣かせるじゃないですか!反則技に近いけど(笑)もう一気に持っていかれますよ。

「LOOK AWAY」は全米No.1獲ってるからこの選曲も納得だし(でもボーカルはビル・チャンプリンなんだけど...)個人的には「WHAT KIND OF A MAN WOULD I BE?」が嬉しい。まあ「IF SHE WOULD HAVE BEEN FAITHFUL」も捨てがたいけど、そうなると「18」から2曲チョイスになるからこれで良いのかと。「FEELIN' STRONGER EVERYDAY」「HARD TO SAY I'M SORRY」はピーター・セテラの代表曲だけどジェイソンのボーカルもバンド在籍30年間でずっとライブで歌ってた訳だし、こうやって音源に残して置くのも良いかも。

私は特にシカゴには思い入れがないから、こうしてセルフカヴァー聴いてもオリジナルと比べる事もないし、普通に良い曲だなあ~と改めて思うくらいだけど、これをシカゴのファンが聴くとやっぱ違和感とかあるのかな?「HARD TO SAY I'M SORRY」なんかオリジナル以外認めん!とか言い出す人がいてもおかしくないと思うけど、私の場合は散々聴いた曲なんで今回のジェイソンverの方はかなり新鮮に聴けたけどなあ。

そしてオリジナル5曲に関しては、ジェイソン自身作曲に関わってるのはボビー・コールドウェルと共作した「WHAT KIND OF MAN」のみ。残りは外部ライターの楽曲だけど、どの曲もジェイソンのイメージを損なわない良曲揃い。タイトル曲なんかシカゴではこんな熱い歌い方してないだろって思わせる感じが新鮮だし、「WONDERFUL DAY」の何処か懐かしさを感じるアーバンなイメージが私的にはグッと来ましたね。

ゲストに元同僚だったビル・チャンプリン、ラッシュのアレックス・ライフソン、元ドアーズのロビー・クルーガーなどが参加してるけど、アレックスなんて言われなきゃ分からないくらい楽曲に溶け込んでるのは意外だったな。
そーいやジェイソンの歌声聴いてて思ったのは、何処かジョセフ・ウィリアムスを思わせる雰囲気があるなあ~と。双方共ビル・チャンプリン繋がりがあるんだから、CWFにジェイソンがゲスト参加なんかしたら凄く良いモノが出来るんじゃないかな(ボーカル3人になっちゃうけど、ジェイソンはベース弾けるんだから加入すればかなり強力なメンバーになりそうだけど)。

正直そんなに期待してなかったけど、ジェイソンの声も劣化は殆ど感じられないし歌の上手さが十分堪能出来る素晴らしいアルバムですね。全10曲が物足りないと思わせるトコに次作の期待を十分に煽ってる様にも感じたな。3年前にバンドを脱退し、息子さんに捧げると書かれてる事から色々と苦労の末に作られたアルバムみたいだけど、そんな苦労を感じさせないポジティヴな雰囲気が全体に漂っているので、心に染みるAOR好きな方にはお薦めです。


「WILL YOU STILL LOVE ME?」


「WONDERFUL DAY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

KEEPER OF THE FLAME / MICHEAL FLEXIG (2019)

ALL THE WORLD'S A STAGE / RUSH (1976)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

ジェイソンさんの声

いい声ですよね〜(笑)
とても好きです。
シカゴ『21』は、パワーバラードのアルバムとして、最高峰だと思います!

2020年01月13日 06:12

comment avater

地味JAM尊

いいアルバムですよね。ソロ1作目は高いけど・・・、それで

このアルバム気に入って、検索かけたら「J-POPのカバー」オムニバスに結構参加していたんで「Amazon→中古→1円」で何枚か買ってしまいました・・・。曲はチャゲアスのカバーが多かったすけど、「21」と「ソロ」の間の声を聴けたのは個人的には良かったですよ。ジョセフやNRのケリー、Mr.ミスターのR.ペイジとかも歌ってるし・・・。

2020年01月13日 15:05

comment avater

某音楽馬鹿

こんなアルバム出してたんですか〜知りませんでした。
個人的にはシカゴっていうとこの人の印象が強いので、ご紹介されてるYouTubeの曲聴いたら懐かしくて震えました(笑)、これは私も購入を検討しないといけませんね。
最近のシカゴの動向は私も追ってないです、インターネットが普及して情報化時代って言われて久しいのに、こういう人の動向伝える媒体がほとんど無いですよね、雑誌とかもなくなってきてるので情報を収集するの昔より大変になってきてたり・・・。

2020年01月13日 16:02

comment avater

K.A.E.

私はピーター・セテラの甘い声よりもジェイソンの方がシカゴに合ってると思ってたので、大ヒットした「17」よりも「18」の方が断然好きでしたね。ただ「21」がどんなアルバムだったのかは聴いてるハズなのに未だに思い出せません(苦笑)。今度チェックしてみようかな?

2020年01月16日 04:27

comment avater

K.A.E.

「J-POPのカバー」ってのが気になって検索してみましたけど、結構色んなオムニバスに顔出してますねえ。シカゴも90年代に入ってから余り聴かなくなってしまったんで、ソロ作が出てた事すら知りませんでしたし。
そのソロ一作目、YOUTUBEで聴いてますが完全にAORですね。まあ声質を考えれば当然なんですけどリマスター盤とか出せば良いのに。ちょっとジェイ・クレイドンの作風に似てる感じかも。

2020年01月16日 04:33

comment avater

K.A.E.

しかし「懐かしくて震え」ましたか(笑)。でも分かりますね、「18」聴いてた人は間違いなくやられる事必至でしょうし。正しく”戻ってきた!”ですよ。
こういうアルバムこそAOR本で大々的に紹介すれば良いのに...とか思っちゃいますよね。最近はヨットロックって別称になって少し人気も戻って来てるAORなんで、今押さないでどうする?ってな具合ですよ。
このアルバム、かなり気に入って毎日聴いてます。本編で紹介した2曲なんてモロにツボ直撃だし、もっとこういった種類の楽曲を聴きたいですね。早くも次作が楽しみになりました。

2020年01月16日 04:41

コメントの投稿