FC2ブログ




冬になると何故かU2が聴きたくなるんだけど、このアルバムが特に冬を感じさせるんで久しぶりに手に取った。今回のお題はU2がブレイクする切っ掛けとなった渾身の3rdアルバム「WAR」(邦題はWAR(闘))。発表は1983年。

このアルバムのリリース時はまだ洋楽にハマった頃に聴いたモノで、ウチの姉が買っていた明星(そう、あのアイドル雑誌です)だったと思うんだけど、そこにレコードレビューみたいなモノが載っていて、洋楽のコーナーもちょこっと取り上げられてたトコにこのジャケが出てた記憶がある。モノクロの少年が目を見開いて真っ直ぐ見つめる真横に赤い文字でWARと書かれていれば、幾ら馬鹿な中学生で「何だ!?」って興味を惹くってモンでしょう。曲は全く知らなくても、一度見ただけで忘れられないジャケットの一つだと思う。このTシャツ欲しかったなあ。

そこのレビューにアイルランド紛争に因んでの曲がどうたら~的な事が書かれてて、当時は海外の政治の状況なんか全く知らない馬鹿な子供だったんで「SUNDAY BLOODY SUNDAY」の意味なんか殆ど分からなかったし「NEW YEARS DAY」の背景にあるモノなんて理解出来る訳もなかった。
その後「THE JOSHUA TREE」の頃に日本語訳の詩集が出たので興味本位で買って読んでたのだけど、その頃には少しづつ理解出来る様になって「なるほど」と感じる様になった。こういう音楽が何でアイルランドから出てきたのか?という疑問も、このアルバムの主張を理解出来れば納得しかないかと。

実はこのアルバム以前の1stと2ndアルバムは聴いた事がない。この詩集のあとがきに「初期の頃のアルバムは歌なんて楽器の一部としか考えていなかった」とボノが語ってたという事なので歌詞に関してもそれほど拘りは無かったんじゃないかと思ったからなんだけど、このアルバムから歌詞に関しては少しづつ”主張”が出てきたという割りには「SUNDAY BLOODY SUNDAY」なんかかなり強烈なインパクトだったと思う。
ただ、全体的にはまだまだ青い感じで若いバンドだなと思わせる部分も多いけど、演奏に関してはスティーヴ・リリーホワイトの手腕もあってかかなりタイトにまとまってる印象を受ける。久々に聴いたらこの時点でブレイクするのも何か分かる気がした。

前述の「SUNDAY BLOODY SUNDAY」「NEW YEARS DAY」は勿論、「LIKE A SONG...」「TWO HEARTS BEAT AS ONE」「SURRENDER」「40」がお気に入り。特に「LIKE A SONG...」の攻撃性は当時めっちゃハマったなあ(この曲が大好きなんで、その後こういう曲調の楽曲が皆無になってしまったのも彼等から離れる理由の一つなのかも)。若さ故に作る事が出来た楽曲なのかも。

今でもボノは歌ってるいるけど、少なくとも当時の感覚と今現在の感覚で全然違うモノなんだろうなあ。誰でも歳は取るし子供の頃の感性を大人になっても持ち続ける事は不可能だと思うけど、当時の彼等ならではの主張がそのまま記録されたこのアルバムは自分が大人になって忘れていたモノを思い出させてくれる作品となっている。


「SUNDAY BLOODY SUNDAY」


「NEW YEARS DAY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TAMBU / TOTO (1995)

SINGS THE POLICE / JULIANA HATFIELD (2019)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ご無沙汰でした、しばらくサイトのリニューアルに暇な時間全部使ってたのであまり来れてなかったです(サイト更新作業は順調に遅れてて5月か6月になりそう・・・)、気がついたら1月半ばくらいからコメ出来てませんでしたね。

U2のこのアルバムは結構好きですけど、聴いたのは「ヨシュア・トゥリー」「焔」の後なので、90年代突入直前くらいでしょうか(アナログ盤を中古で入手だったと思います)
その時はクラナドやイン・トゥア・ヌア、エンヤさんみたいなアイルランド出身のミュージシャンが人気だった頃なのでそういうバンドと一緒によく聴いてました(U2はあまりアイルランドっていう感じしなかったけど、このアルバムはちょっとだけアイルランドっぽいなぁっていう感じ?がしてました)

2020年04月08日 23:27

comment avater

K.A.E.

ご無沙汰ですね。
体調でも崩されたのかな?と思ってましたけど(時期が時期ですからね)お元気そうで何よりです。サイトのリニューアルも相当大変そうですね。アレだけの音源があるのだから時間が掛かるのも無理もないかと思いますが、無理せず頑張ってください。

馴染み深いのは破竹の勢いでメジャーになった「THE JOSHUA TREE」ですが、インパクトはこのアルバムの方が上でしたね。紛争をテーマにした楽曲なんて聴いた事なかったし、このジャケットが全てを語ってる感じもしましたしね。今でも大好きなアルバムですよ。

当時はそもそも”アイルランドっぽい”というのがどういう事なのか分かっていなかったけど(後にエンヤがそのイメージを作り上げましたけど)このアルバムの楽曲を聴くと寒々とした雰囲気に突き抜けた爽快感を感じられるのがアイルランド特有のモノなのかな?と思う様になりましたけどね。日本の音楽には余り感じられない要素なのかも。

2020年04月10日 01:25

コメントの投稿