FC2ブログ

パワーエイジ(紙ジャケット仕様)パワーエイジ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
AC/DC

商品詳細を見る


新年一発目のチョイスは、今までアルバムがかなりの枚数発表されているAC/DC。

まあ、どのアルバムも似た様なモノ...と言ってしまえばそれまでだけど(笑)中でも私が好きなアルバムとなると、ブライアン・ジョンソンには悪いけどボン・スコット時代のモノになってしまう。
楽曲単位ならアルバムによってかなりバラけるのだけど、アルバム単位ではこの「POWERAGE」がベストだと思う。
とにかく「分かり易い」。AC/DCに求めるモノといえばコレに尽きる!難しい事なんて何にも無いし、聴けば直ぐにノレる。歌詞に深みがるか?と言われれば、そんな事をAC/DCに求める方がおかしいし(爆)。
また、よく言われるアンガス・ヤングの狂気のパフォーマンスが観られるのもこの時代あたりだと思うし。シンプルで、ノレて、あの動き。ホントに凄いギタリストだと思う。

冒頭から挨拶代わりの一撃「ROCK 'N' ROLL DAMNATION」を皮切りに、最後の「KICKED IN THE TEETH」までアッと言う間に終わってしまうのもまた良い。中でも「RIFF RAFF」の前奏と「WHAT'S NEXT TO THE MOON」のサビが物凄く大好きだ。

確か、ローリングストーンズのキース・リチャーズが昔のインタビューで「最近、あなたが注目しているバンドは?」との問いに、「そうだな、AC/DCの「POWERAGE」は好きだぜ」と答えた事があって、ストーンズとAC/DCというギャップにちょっと嬉しくなってしまった(笑)。後にトロント・ロックスで競演する事になるけど、意外と接点があるのかな?と思うけど、お互いに昔のブルーズが好き...って事くらいしか分からないな(笑)。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FRONTIERS / JOURNEY (1983)

TEMPLE BAR / JOHN WAITE (1995)

comment iconコメント

コメントの投稿