FC2ブログ




最近余り購入してなかった廉価版BOXセットだけど、ちょっと気になったモノを2つ程購入。もう一つの方はもうそろそろ到着予定だけど、一つは既に届いて聴きまくり中。それが今回のお題であるTOTO。

国内盤の紙ジャケリマスター盤を8枚目まで購入し(それと未発表テイク集の”XX”)後はお金に余裕がある時にでも...って事で時間だけが過ぎ、気になった時には既に中古市場では高値になってる始末(あるあるですね/苦笑)。
仕方ないから安いプラケースの中古盤でも探してみるか...と思ってた矢先にこのBOXセットの詳細を知ったんで、ちょっと考慮して購入を決めた。まだ聴いてなかった「TAMBU」「MINDFIELDS」も収録されていて、しかもこのBOXセットでしか聴けない「OLD IS NEW」と、1980年の来日公演の模様を収めた「LIVE IN TOKYO」(当時はアルバムリリースの予定があったみたいだけど、バンド側がクオリティに納得しなかったのでお蔵入りになったらしく、今回のBOXセットで5曲のみを収録したモノが初リリース)という事で、既に8枚持ってても金額的にも優しい値段(私が購入した時はアマゾンにて¥6000切ってました)なので買って損は無かったですね。因みに、SONYからのリリースなので「FALLING IN BETWEEN」「THROUGH THE LOOKING GLASS」は未収録。

そんな集大成的なBOXの中から、今回は「TAMBU」をチョイス。発表は1995年。
ジャケットが今までのニュアンスとは一線を画してますね。最初見た時は「別バンド?」と思ったくらい意外だったんですが、こういうジャケットも珍しくて面白いと後になって思いましたよ。
前作でドラムのジェフ・ポーカロが急逝してしまったので後任にサイモン・フィリップスを迎えて初のスタジオ盤となる訳だけど、一聴した時はそれほど違和感は感じなかったかな。まあ曲調が全体的に落ち着いた雰囲気のモノが多いからだとは思うけど、バンドの中心人物の一人でもあったジェフがいない状況でもバンドらしさは失っていないトコはさすが凄腕ミュージシャンの集団だなと。

むしろ気になった点は、前作にあたる「KINGDOM OF DESIRE」からボーカルを担当したスティーヴ・ルカサーが前作よりも随分と控えめになったなあ~と感じた事。前作ではかなり存在感が強くて、TOTOと呼ぶにはちょっと違う?と思ったくらいだったんだけど(でもこのアルバムは結構好きだったりするけど)今回はかなり落ち着いた雰囲気になったので、そのイメージに合わせる様に意識したのかな?と。
そう思うとこのアルバムは前作で感じたヘヴィなグルーヴ感を後退させて、従来のAOR路線に幾分寄せてきたので以前のバンドらしさを感じるけど、今までの彼等になかった女性ボーカルを絡めてるあたりにR&Bっぽい雰囲気が感じられてちょっと冒険しているトコに好感が持てた。

「I WILL REMEMBER」「SLIPPED AWAY」「THE TURNING POINT」がお気に入りだけど、全体的にバラードが多いのでもうちょっと弾けた雰囲気の楽曲があればアルバムの印象も違ったと思う。そういう意味では大ヒットした過去作と肩を並べるまでのクオリティには及ばないけど、余裕と円熟味を味わえるベテランならでは安定感を求めるには素晴らしい作品だと思う。歳食ったおっさんになった私が、今の時代に聴いたのはホントに良いタイミングだったのかもしれないな。


「I WILL REMEMBER」


「SLIPPED AWAY」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人間椅子名作選 三十周年記念ベスト盤 / 人間椅子 (2019)

WAR / U2 (1983)

comment iconコメント

コメントの投稿