FC2ブログ



結構前から予定されていたにも関わらず、予定より約1か月遅れてリリースされたレヴォリューション・セインツの3rdアルバム「RISE」がようやくウチに届いたので、今回はこのアルバムをチョイスします。

デビューアルバムからもう既に5年経っていながらもう3枚目がリリースというと、最近のバンドとしては意外とペースが早い感じがするけど、このバンド(プロジェクト)はまずライブ活動をしないスタジオバンドだから新作を作る事も可能なのかも。まあ、リリース元のフロンティアーズ・レコードのオーナー自身がジャーニー大好きという事もあって、元メンバーであるディーン・カストロノヴァの歌声がスティーヴ・ペリーに近いモノもあってかこのバンドが新作作るとなると「どうぞどうぞ、私も是非聴きたいし!」みたいな感じで直ぐ作らせてくれるんだろうなあ(笑)。

ともあれ5年も活動してる訳だし、プロジェクトと言いつつもメンバー間の相性の良さは同じ音楽性も持っている人達なので安心して聴けるのは間違いないから、今回のキーポイントは3作目となるからそろそろ決定打が欲しいトコなんでキラーチューンがあるかどうか?ってトコなんだけど、一聴した感じでは残念ながら見受けられなかった。
しかし、メロディにちょっとだけキャッチーさが増した感じがするのは気のせいだろうか?2ndアルバムは未聴なんで比べられないけど、1stアルバムは全体的にクオリティが高くても、抜きん出た楽曲が無かった為にちょっと平坦な印象を受けたけど、今回は少しだけでおっ!と思わせるフックが感じられて好感が持てた。

ソングライターはいつものアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(プロデュースとキーボードも担当してるので第四のメンバー扱いで良いんじゃないかと)が絡んでるけど、今回はディーンが作曲にタッチしておらず、代わりに外部ライターを使ってるのが功を成したのかも?ダグ・アルドリッチやジャック・ブレイズも数曲担当してるけど、毎回思うんだけど本格的に絡んだらもっと良いモノが出来るんじゃないかと思うんだけどなあ(特にジャック)。ラストの「EYES OF A CHILD」はそのジャックとダム・ヤンキーズからの盟友トミー・ショウのナンバー。久々にこの2人が曲作ったのは嬉しいけど、出来ればバラードじゃなくてアップテンポのHRチューンだったらもっと良かったかも。お気に入りは「PRICE WE PAY」「RISE」「CLOSER」「TALK TO ME」「MILLION MILES」ってトコですね。

今回も良質なアメリカンHRで期待を裏切らない作品となっているのは良いけど、そろそろキラーチューンが欲しいですねえ。それだけのポテンシャルを秘めてながら出て来ないのはホントに歯痒い感じで勿体ないかと。あと、普通にライブ活動すれば更に人気出そうなのに何故やらないんだろうか?それぞれナイトレンジャーやデッド・ディシーズの活動があるからなんだろうけど、キーボードが入ってる曲が多いからアレッサンドロ・デル・ヴェッキオに頼まなきゃいけないのかもしれないし、またドラム叩きながらこれらの楽曲の歌をディーンに任せるには荷が重いのかな?いずれにせよ、色々と勿体ないと思わせるんだよなあ...


「PRICE WE PAY」


「TALE TO ME」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ORDINARY MAN / OZZY OSBOUNE (2020)

STORMBRINGER / DEEP PURPLE (1974)

comment iconコメント

comment avater

UME

今回も微妙なのが正直な印象です。
これと言う曲がないのと、なんかバンド(プロジェクト)としても中途半端だと思います。
本気出してバンドとして活動したら良いものが出来そうなのに…

2020年02月24日 22:26

comment avater

K.A.E.

umeサン的には微妙でしたか?私的には1stよりは良い感じになって来てると思いましたね。コンセプトは素晴らしいのに何処か作り物っぽい雰囲気があった1stよりは聴く頻度は多そうです。
ただ全員メインのバンドがあるからこのバンドに本腰入れて...というよりはデルベッキオの作った楽曲をプレイしてアルバムにするのがこのバンドのコンセプトなんでしょう。ライブでもやればまた状況は変わってくるんでしょうけど、ダグがスタジオバンドと公言してるから期待出来ないのがキツいんですよねえ...

2020年02月28日 03:41

comment avater

某音楽馬鹿

ここ一連のコロナ騒動で一番心配してるのがイタリアにあるフロンティアーズ本社は大丈夫か!って事で、幸いYouTubeチャンネルはちょくちょく更新されてるようですが、被害受けてないかホントに心配です。
で、このアルバムですが個人的には前作より更にお気に入りです、最新作が一番良いっていう・・・。
ディーンさんは何でジャーニーで歌わなかった!っていうくらいジャーニーしてるし(本業のVoさんじゃないからライヴじゃ通しで2時間歌うのとか色々あるんでしょうかね)、曲聞いてるとThe アメリカンロック!って感じで、カーステレオで大音量で流しながら乾いたハイウェイ走りたい気分(偏見!)です。

でも今でこそかっこいい(ちょっと怪しいけど)ディーンさんですが昔ワイルド・ドックスでいかにもメタルな恥ずかしい風貌でプレイしてたのを私は知ってる・・・
https://www.youtube.com/watch?v=QT9APfnOEHM

2020年04月08日 00:01

comment avater

K.A.E.

フロンティアーズ・レコーズ関連の新作は全て一か月延期になりましたよね。FMの新作やプリティ・メイズのライブ盤はちょっと遅れるみたいなので気長に待ちたいと思います。

2ndアルバムは聴いてないですが、1stアルバムよりはかなり良いと思いますね。デルベッキオの作曲能力が上がったお陰なんでしょうけど、ホントもうちょい何か足りないんですよ。ジャック・ブレイズが何でここまで消極的なのか、勿体ない使い方されてるなあ~と思うんですよね。是非次回作はもっとジャックが作曲に絡んでくれる事を切に願います。

ワイルド・ドッグス、勿論知ってますよ。BURRN!でもレビューされてたし、バッド・イングリッシュ時代のインタビューでも言及されてましたしね。私的に意外だったのはスティーヴ・ヴァイと一緒にやってた時期もあったんですよね。接点無さそうですが、ヴァイみたいなギタリストに誘われるくらい有能なドラマーという認識は今でも変わりませんね。

2020年04月10日 02:30

コメントの投稿